2008年07月25日

ダイノジ大谷(36)、「信長=人殺しの冷酷な田舎もん、秀吉=人殺しのスケベ猿、家康=人殺しのデブ」★2

1:花粉症 @花粉亀田やく朝倉FFφ ★ 2008/07/25(金) 07:48:48 ???0
2008/07/24
歴史

歴史が好きだ。信長、秀吉、家康とかもまず絶対的な「虐殺者」として
認識した上で言うなら好きだ。
原宿でその昔、毛沢東TシャツがゲバラTシャツみたいに流行ってたけど、
本当かよって思っていた。おしゃれ雑誌で裏原宿のカリスマとかが着ててね。

英雄なんか裏を返せば独裁者で人殺しばかりだ。
だがそこがあっても歴史に名を残すものにはロマンがある。
だからエンターテイメントとしてとらえる。ただ虐殺者としての側面はちゃんと見る。
外さない。そんな図々しいのは駄目さ。

家康がどんなに賢くても「人殺しのデブ」の側面があるってことさ。信長がどんなに
既存の体制を破壊するかっこよさがあっても「人殺しの冷酷な田舎もん」でもあるわけさ。
秀吉の立身出世に憧れても、忘れちゃ駄目さあいつは「人殺しのスケベ猿」であることにも
間違いないだろ?

俺が言いたいのはいろんな面があるってことだ。それをふまえた上で僕の好きな歴史上の
人物は真田幸村、大谷吉継、高杉晋作、長良川の河畔工事を務めた薩摩藩、三国志なら
呂布かな。 皆、マイノリティでロマンのある生き様を選択したから。 (以下略)

ダイノジ大谷の「不良芸人日記」: 歴史
http://ohtani.laff.jp/blog/2008/07/post-ac72.html


前スレ
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1216910814/
★1が立った時刻:2008/07/24(木) 23:46:54

関連スレ
ダイノジ大谷(36)、「キンコン西野に何か言うのは彼の魅力になってるだけ。嫌いならほっとけばいいのに気になってしょうがないのだ」★2
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1214702966/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 ダイノジ大谷(36)、「信長=人殺しの冷酷な田舎もん、秀吉=人殺しのスケベ猿、家康=人殺しのデブ」★2

【関連リンク】



▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 100(1001中) 】


3:花粉症 2008/07/25(金) 07:49:35 HylnUzV00
   _   _  
ε⊂"● ,"へ⊃3
    ノ| H |ヽ   ハピタソ!!
      」└

ぽまよう!
予想通り、いや予想以上に良質な歴史ネタのスレをみんなで盛り上げてくれておおきに!
これでダイノジ大谷はんもキンコン西野の力を借りずとも芸スポ的に一人立ちやな?
イェイイェイ!


16:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 07:57:52 mATLUJdf0
戦国時代を生き残った大名で、殺人を犯していない者を探す方が難しいと思うが
殺さねば殺されるという時代だったし
信長や秀吉が無用な虐殺を行ったのは事実だが(家康は知らん)

40:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:04:54 0wcwGLre0
>>16
うーむ…
俺も、あんまり歴史に詳しい訳ではないが、信長が比叡山とか一向一揆を
徹底して虐殺したのは、宗教が政治に入ってくるのが許せなかったからって
聞いたことあるような。逆に政治に入ってこようとしなかったキリシタンとかには
むしろ当時としてはかなり寛容な対応をしたって話だったと思う。
西洋的な物言いでいうところの啓蒙専制君主って哲学が徹底していたが故でのこと。
要は、政教分離を「当時の流儀で」、実行したって意味で捉えると、現代的な視点での
是非はともかく、一応筋は通っていると思う。


20:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:00:15 9gXb6ZfuO
戦国時代で人殺して無い奴なんて無能な農民くらいだろ(笑)


21:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:00:22 7/E7sU9Y0

信長=降伏してたのに、奇襲をした卑怯者。
秀吉=信長殺しを知っていて、明智を犯人に仕立てた偽善者。
家康=すり替わった偽者の家康は、知ってた信長に大金を使い、すり寄ってた。

もっと深読みしなきゃダメ!

26:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:01:56 X2B/a2nd0
>>21
フィクションにとてつもなく汚染されている
痛い子来た


30:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:03:00 7/E7sU9Y0
>>26
アフォ!
勉強したことあるかい?


56:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:09:16 X2B/a2nd0
>>30
信長の奇襲って何?
馬鹿なの?


39:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:04:34 f4/W/M1A0
>>1
いろいろな意味で馬鹿なのねw
誰か知らないけど

46:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:06:56 ZdFa5e2aO
>>1
そんなもん、中学か遅くとも高校までには通過しとけよ。
恥ずかしい。

49:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:08:01 Kh04ymnc0
>>1
で、コイツの先祖は人殺しはしてないの?

60:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:09:53 gljUrm8vO
西野もこいつも駄文垂れ流す暇があったら笑えるネタの一つでも書いてみろや。
とりあえず大谷、西野、>>1の三名に白扇をとらす。

64:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:11:41 9wp482EcO
日本の歴史はつまらん。
武将も小者感が漂うしょぼい奴ばっかり。
三国志の方がよっぽど面白いよな。

135:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:28:20 qMqU6pmA0
信長、秀吉、家康を人殺し呼ばわりする一方で(まあそれも確かにものの見方ではあるけど)、
好きな人物によりによって呂布を挙げるの?

ダイノジ大谷って奴のことは知らないが、もしかするとこいつって「バカ」の側面を持ってないだろうか。

144:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:30:06 JAgnGFoN0
>>1
なに俺の中学時代の感想文でスレ立ててんだw

168:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:38:52 Y/Zl1UY30
>>1
近頃はアホタレントがバカ思想をさらけ出して
炎上させて売名というのが流行りなのか?

というか、そもそもコイツ誰なんだよ?

187:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:44:26 hF6COmXl0



大谷の言ってることは正しくて、


歴史上の偉人なんて、人殺しまくり、男女問わずセックスしまくりのキチガイだぜ





198:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:47:35 v2v+EGts0
俺が言いたいのはいろんな面があるってことだ。それをふまえた上で僕の好きな歴史上の
人物は大谷吉継。 名字が一緒だから。 (以下略)

って気がしてきたぜ

253:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:05:19 b8I9eBN+0
>>198
>大谷吉継

歴史マニアなら誰もが認める人物らしいな。
(石田三成との)友情のために関が原で死んだが、
秀吉がその兵法の天才ぶりで最も評価した人物とかなんとか、
また家康とも親交厚く関が原で敵側に回ったことを非常に残念がったとか。
結局己を通しずる賢く生きなかったゆえ、最後まで生き残らなかったわけだがな。
多分こういう<良い人>はみんな途中で死んでいったのが戦国時代なんだろうな・・



207:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:50:30 ZCLLt/KoO
>>1
なにこの中二病

219:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:54:03 QNmO7c91O
>>1見ると、
主旨は、物事には色々な側面がある

であって、その三人が人殺しである事が主旨じゃないのに、
このスレのあまりに理解力の無い馬鹿の多さは
夏休みだから?

236:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 08:59:59 cGcX+QDHO
>>1
大儀であった!!

238:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:00:14 pDRVrMzT0
秀吉も家康のプロパガンダで相当悪者のイメージを作られちゃってるしなw
今のイメージだと立身出世で後世はスケベな金の亡者みたいな感じじゃん。
そもそもあの時代の殿様には数多くの側室がいて当たり前なんだが。
金の亡者ってもそれは堺での貿易で豊臣家が潤ってただけだし。
なんだかなぁ。

249:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:04:18 P9XbJQDM0
信長=人殺しの田舎もん
秀吉=人殺しの田舎もん
家康=人殺しの田舎もん

257:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:06:22 nwk981xi0
戦国武将ってみんなポニーに乗っていたんだよね
どうか三国志はサラブレットでありますように

319:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:31:00 iC2Y1U830
>>257
その「戦国時代の馬はポニー=120CMくらい説」も新説では疑問がもたれてる。
当時の馬の大きさの表記として、

「三寸五分」と同時に「四寸」という表記が多かった。
当時は大体、尺=約30CM、寸=約3CM、分=約0.3CMなんだが、
当時の馬の絵などからもこれは頭に(四尺)が抜けてるといわれて、
「(四尺)三寸三分=129.5センチ」〜「(四尺)四寸=132CM」という四尺を省略されたという説が出てきた。

しかし、この学者(鈴木真哉)が何故か、
「四尺が抜けてるのだから、戦国の馬は120センチが平均だ!」と言い出したのが、
戦国時代の馬=ポニー説の始まり。

言葉どおりでも、四尺四寸なら132センチで、四尺で120センチと取れないのに何故か120が平均と言い出し、
このポニーという言葉に皆のっかった。

その前に本当に四尺が省略されていたかも確証がないし、
当時の絵からもそこまで小さい馬はかかれてなく、この説はあやしいと現在ではされている。
ちなみに当時の馬に近いといわれるモンゴル馬は135センチ。
このサイズでなかったかという説も多い。






259:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:07:05 3tW+pPxnO
ねらーならむしろ賛同しそうな穿った物言いだと思うんだが、なぜ炎上?
味噌県民の数少ない誇りにケチ付けたのが悪かったのか?

262:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:07:17 liym17b50
家康だけ無理やり感は否めないw
信長 秀吉と並べるなら 
人殺しのデブじゃなくて他考えろよ
人殺しのデブなんて 現代にだって存在するわw

269:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:09:21 CpTz8L970
ブログでスレたてるなよ。
>>1東京図鑑の花粉社長の工作オナニースレ
スレタイで叩き誘ってる操作やめとけよ、コバチャン。
キンコン西野スレ。中川翔子スレ。ぜんぶコレ。
図鑑関係者の自演ばっかりだなw

270:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:09:44 1TqH3XHMO
あの時代はバイ(女でも男でもセックスできる)だらけだよ。家康も性欲処理に幼い少年を使ったりした。

石田光成も幼い時は、殿様の性欲処理をしてた。
上杉謙信は完全に女断ちして男とヤりまくってた。

唯一まともなのが秀吉。秀吉は男とはやらなかった。スケベ猿マンセー

289:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:18:56 Law3JNy60
その時代の尾張地方は石高も高く経済力も高かったから田舎というのはどうかな?
戦国時代で戦争があるんだから結局人が死ぬケースが出てもしょうがないんじゃないの?

298:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:24:27 Q/kA0OOt0
>>289
信秀は商才あったからね


291:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:20:48 ErALLk2K0
百万人殺せば英雄らしいな
ちょっと南京に行ってくる

292:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:21:21 HsqT+Hgm0

304:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:26:14 1B/WORB00
>>1
芸人特有の思考なんかなあ。

たけしもジンギスカンはただの人殺しだろ、って
語ってた時期があったが。

321:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:33:06 n2c91ydPO
真田や大谷を選んでる自称歴史好きはいまいちミーハー感があるのは何故だ…

329:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:37:45 YXUYGUKq0
信長、関白の秀吉、 家康・・・・・・
彼らが今脚光を浴び、誰もが賞賛を惜しまないのは、
言うまでもなく、ただ彼らが勝ったからなのだ・・・・!
勘違いするな。よく闘ったからじゃない。 彼らは勝った。ゆえに今そのすべて、 人格まで肯定されている。
もし彼らが負けていたらどうか・・・?
負け続きの人生だったらどうか・・・?
これも言うまでもない。おそらく
信長は人殺しの冷酷な田舎もん、秀吉は人殺しのスケベ猿、家康は人殺しのデブ。
誰も相手にさえしない。わかりきったことだ。

330:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:37:56 m+2jyumy0
>>1
真田幸村→人殺しの本名がマイナーな奴
大谷吉継→人殺しの業病患い
高杉晋作→人殺しの肺病病み
薩摩藩→人殺しのおいどん
呂布→人殺しの人殺しの人殺し

344:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:41:22 +nnGMaAy0
オマエラ、ちょっとは大谷の事を話してやれよ。
せっかく炎上してるんだから。
意味不明な炎上だけど

354:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:43:54 nElRIJrn0
>>344
大谷さんねぇ
関が原なんかは実際に軍動かしてたのは平塚さんらしいじゃん
秀吉の10万の軍勢なんたら発言で過大評価も甚だしいな


352:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 09:42:54 uJAeFXj80
今でも東海人(愛知県、岐阜県、静岡県)は関西北陸及び西日本で最低のイメージしか持たれていない、憎んでいる
何せ伊勢長島、伊賀上野、比叡山他関西北陸各地で罪も無い高貴な人々を何十万人も虐殺し破壊略奪した冷酷無知野蛮な人殺しだ

米国を除けば日本人を一番多く殺した連中だ、それが東海の蛮族

411:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 10:04:03 wnzDrAqK0
家康は今ならほんと悪魔みたいなもんだろ 独裁者 

独裁者でも民衆が経済的に裕福なら英雄か?(今のロシアみたいな?)

432:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 10:12:44 X9lil8KM0
>>411
家康が生きてた17世紀後半あたりに世界で民主主義国家なんて見当たらないだろ
さすがに江戸時代中期から後期にかけては世界から立ち遅れてるっつーのは間違いないだろうが


439:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 10:15:15 OjvJOvIe0
>403
信長の元で働くのは間違いなく胃やられそう

449:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 10:19:21 4RsC+MzAO
>>439
理想の上司は有野だな。
ミスとか許してくれそうだし。
織田信長の部下になったら少しでもミスしたら半殺しにされそうだし。


454:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 10:21:12 UTj69nqO0
江戸ヲタは頭痛くなるな
当時の日本はフツーに封建社会やから。
将軍家、宮家、僧侶が、サムライ、農民、町民から搾取してただけ。
社会構造で革命起こったのは信長〜秀吉間でしかねえから日本は。



463:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 10:25:51 Bjd7z0Np0
>>454
>社会構造で革命起こったのは信長〜秀吉間でしかねえから日本は。

はあ?社会構造は変化してませんが。
社会構造が変化したのは武士の世にした源頼朝のとき。


457:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 10:22:39 QCR224dR0
島国の歴史にどれ程の価値があるっていうんだろうね

460:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 10:23:59 EJ2mDA2O0
>>457
半島ヒトモドキに歴史なんかあったか?


472:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 10:28:07 RJ/nMWJeO
>>1
ただのブタ

497:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 10:37:41 mC/qysF90
>>1みたいな馬鹿は死ねばいいのに

503:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 10:40:05 6wBg1ClzO
>>1
大谷も糞だが花粉症はもっとクソだな

533:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 10:46:28 KbxiTHan0
>>1
こういう見解があってもいいと思うよ。
毛沢東、ゲバラもかなり殺してるし。

537:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 10:46:55 Ekk+6sff0
歴史をエンタメとして捉えてるのに、田舎から出てきた人殺しじゃん、って言い方しかできないのかこの人は。
一側面だけを捉えてしゃべってるのはどっちなんだ・・・

539:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 10:47:22 2nd7mPfZ0
>>1
朝鮮人の独り言でスレ立てすんなボケ

558:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 10:51:34 pTvUeR1jO
>>1真田幸隆の息子

真田信繁は豊臣秀吉に付いて大阪夏の陣で徳川と戦ったんだがな

578:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 10:57:46 pTvUeR1jO
>>1真田幸隆の息子

真田信繁は豊臣秀吉に付いて大阪夏の陣で徳川と戦った
歴史調べろデーブ

587:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 11:02:10 pTvUeR1jO
ダイデブ大谷(36t)、「信長=人殺しの冷酷な田舎もん、秀吉=人殺しのスケベ猿、家康=人殺しのデブ」★2


635:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 11:18:21 uJAeFXj80
信長=人殺しの田舎もん
秀吉=人殺しの田舎もん
家康=人殺しの田舎もん

682:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 11:56:10 5x8fFQd90
>>1の最後のところ、マイノリティでいいのですか?


699:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 12:12:18 sVT5Aibr0
この芸人もかまって欲しくて書いたとは思えない内容だぞ。
なんで>>1はこんなしょうもないスレを立てたのか…。

700:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 12:13:20 +AyrAmj2O
>>1
大谷吉継が好きで光成を挙げないなんて不可思議。
まさか同じ姓という中二病…?

704:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 12:14:20 jYqCAvb2O
>>1
なぜスレになるか分からないがブログ晒しは馬鹿晒しになるなw

756:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 12:55:55 myPUXiSe0
慶長14年、関ヶ原の勝者家康は天下統一の仕上げとして豊臣に戦を仕掛ける
太閤秀吉がその力を全て込めた居城大坂城
そこにはかっての栄光を取り戻すため、豊臣のため多くの浪人、武将が集まっていた
かっては土佐22万石の主 長曾我部盛親
しかし、大坂城の最高権力者は秀頼の母淀とその取り巻き達であり、七将らの発言力は弱かった
又、この七将達も思惑はそれぞれ。真に豊臣の為に戦うは毛利、木村、大野くらいか…
その時、浪人で溢れかえる大坂城の人だかりを掻き分けて本丸に向かう男が一人
全身に水を滴らせ、息も絶え絶えだが、眼光鋭く人々は気押され、彼のために自然と道が出来ていた
しかし、一介の城兵を城内に入れるわけにはいかぬと彼を遮る門番。しかし、そのずぶ濡れの男は一喝した
その頃、殿中では真田、後藤らの野戦出兵策は退けられ、籠城と戦いの方針は決まっていた
「真田殿、後藤殿の策を取れば勝てようものを……」
歴戦の武将達はこの大坂城の首脳陣を嘆くと共に、彼等を押さえ、七将すら束ねる強い指導力と実績を持つ男が居れば…と思わずにはいられない
初めはそれを、秀吉の遺児、秀頼に期待したものだが、もはや望むべくもない…そんな時だった
――バタン!!
ふすまを開き、ずんずんと上座に進む男。それはさっき、大坂城に現れたずぶ濡れの男だった
「何者ぞ!!」
叫んだのは若き秀頼の忠臣、木村重成
しかし、彼の後ろの淀殿や治長、いや、彼らだけでなく後藤や真田ですらその顔に驚きを浮かべ、ただ呆然とその闖入者の顔を見ていた
「殿……」
明石全登がようやくといった感じで放った言葉に、重成を初め、その場に居た武将達は皆、驚きの声をあげた
「宇喜多備前中納言八郎秀家、豊臣家の御危機を聞き、八丈島より  泳  い  で  参  っ  た  !!!」
秀吉に実の子、いやそれ以上の愛情を受け育ち、豊臣政権の五大老であった男が再び豊臣の為に戦うため帰った来た…


772:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 13:08:10 KvT1o+RWO
家康は三人居たらしいから、何番目が人殺しなの?

778:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 13:14:08 e+zO7fOW0
呂布のほうが信長や秀吉なんかよりもよっぽどあれだけどな
義理の親子とか兄弟の契りを交わしたくせに
目先の欲につられて裏切りばっかしてるし
人間性ならかなり低いだろ

809:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 13:33:40 HmaAy7m0O
>>1
え?何?皆知ってる様なことを今更気付いたの?

811:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 13:33:59 N595EVBxO
>>1
つまりダイノジのただのエアーの方は無双で歴史を勉強しましたという事か

939:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 14:51:56 IZr1+zdw0
>>811
あと漫画ねw

おそらく風雲児たちと三国志が大好きなはずw


849:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 13:51:16 9Knl1z2q0
>それをふまえた上で僕の好きな歴史上の
人物は真田幸村、大谷吉継、高杉晋作、長良川の河畔工事を務めた薩摩藩、三国志なら
呂布かな。 皆、マイノリティでロマンのある生き様を選択したから。

小説や漫画があなたの全てなんですね
わかります

855:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 13:54:30 x6cY7Gnm0
>>849
>>1のリンクにある本人のブログに見るとわかるが、ブログに掲載されてる真田幸村の本の写真がコンビニの500円本なんだよ。
小説すら読んでない可能性がある……。


871:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 14:07:31 AOncyHwr0
>>1
無学な奴が頑張って周囲を見下そうとしてもこのレベル


897:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 14:19:40 AOncyHwr0
>>1
あと、マイノリティかどうかなんてのは現代の人間(大谷)の感想であって、
当時の真田や大谷が「俺マイノリティでいいんだ」なんて意志を持って
生き様を選択したとは思えないんだよな、それ以前にマイノリティには
到底見えないという意見も正論だし。


910:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 14:27:39 egXZVw2kO
>>897
大谷吉継はマイノリティーだろ。立花道雪や大隈重信、゛山本勘助゛と同じ文脈で。


904:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 14:23:45 eny0upSO0
この間の大戦が終わるまで、政治家の仕事は当然のように人殺しを含むものでした。
>>1のような考えも間違ってはいませんが、それはなにもわざわざ言うようなことではありません。
信長の同時代人だったエリザベス1世もフェリペ2世もとてつもない規模の人殺しでしたし。

915:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 14:32:19 x6cY7Gnm0

919:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 14:35:07 x6cY7Gnm0
よく見ると>>1の続きに

>絶対今生きてたら芸人かロックやってるもん。
>なぜ彼らに惹かれるか?明日詳しく書きましょう。
>よかったらみんなの好きな歴史上の人いたら紹介よろしくどうぞ!

まだまだスレが伸びそうだ……。

950:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 14:56:09 vLM8hCpS0
それを言うなら日本の戦国大名は全員人殺しだぞ
退役軍人に人殺しというのと同じことだ

底の浅い発言だね

959:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 15:05:35 QLxlY724O
>>950
おまえあほか ちゃんと>>1読め



960:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 15:05:42 wMNkhcd60
>>1
にしても、ナイーブだなあw

970:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 15:14:07 5xBNR0Ga0
>>1
そんなこと言ったら警官だってただの暴力人間じゃん
人を無理やり捕まえたりするんだぜ

981:名無しさん@恐縮です 2008/07/25(金) 15:18:40 HmEIXB190
俺は>>1の言う「人殺し」のおかげで日本が植民地にされたり
外国人に殺戮や搾取されずに来られたと思うので偉大だと考える。
夏休みの日記みたいなスレだな。

posted by 2chダイジェスト at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケ/JBL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセスランキング ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。