2008年10月11日

【文学】ノーベル文学賞、フランス人作家ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ氏に決まる、村上春樹氏またも受賞ならず

1:どあらφ ★ 2008/10/09(木) 20:12:45 ???0
ノーベル文学賞に仏のル・クレジオさん

スウェーデン・アカデミーは9日、今年のノーベル文学賞を
フランスの作家ル・クレジオさんに授与する、と発表した。

賞金は1千万クローナ(約1億4千万円)。
授賞式は12月10日、ストックホルムで開かれる。

引用元
http://www.asahi.com/culture/update/1009/TKY200810090270.html

Nobelprize.org
http://nobelprize.org/
Der Nobelpreis
http://www.nobelpreis.org/
Svenska Akademien
http://www.svenskaakademien.se/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【文学】ノーベル文学賞、フランス人作家ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ氏に決まる、村上春樹氏またも受賞ならず

【関連リンク】
イザ! 【 今年のノーベル文学賞は9日発表
イザ! 【 ノーベル文学賞に仏作家 日本人の受賞ならず
イザ! 【 【コラム・断】忘れ去られた!?国民的文学者
イザ! 【 ノーベル賞、賞金減額も 金融危機、財団を直撃
イザ! 【 文学賞で情報漏れ? アカデミーが調査の意向と…



▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 95(775中) 】


10:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:14:08 y2HYr7h1O
買収ジャップざまあwww


11:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:14:12 0Nrhv8/80
村上なんとかさんは・・・?

20:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:15:00 5WDQQ/290
>>1
こんな話題、芸スポに立てても意味なくないか?w
全然芸能でもスポーツでもないんだが。


27:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:16:18 wTsiwr1qO
>>20
バリバリ芸能やん


45:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:17:49 byTXFr2i0
>>20
お前は芸能の意味を勘違いしている


23:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:15:24 50vuLdGX0
大江健三郎が取った時は
難解と知らずに買う人続出。

日本人にあげるなら、ぜひ難解な本を書く人で。

240:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:54:00 0tukqPnc0
>>23
難……解……?

それが、今の日本のレベル?




なるほど、受賞は無理だわ



639:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 03:23:12 OuDp7dFt0
>>240
大江の文章はハッキリ言って晦渋だよ。
わかりやすく書こうとすれば出来るはずなのにわざとそうしているのが明らか。


640:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 03:39:08 LPT74yZV0
>>639
初期はまだ読みやすいんだけどね。良い悪文とたとえられる。
それ読まずにノーベル賞の選考対象として評価された
後期の作品をいきなり読むと全く意味が分からないと思う。
大江好きの自分だって後期は全く読み返していないし。
大江自身も万永元年以降を作家として次の段階に進むための
読者への「乗り越え点」と評してあえてわかりづらいように書いていると言ってるから。


644:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 04:08:02 wY65aOx5O
>>640
夕方のニュース番組で日本文学好きの外人にインタビューしてたら、井上、三島、川端の三氏があがって大江に触れる気配もなかったのには笑った


40:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:17:28 AjTGraZZ0
村上がノーベル賞取る理由がわからん

教えてエロい人

46:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:17:53 h3gnbXPt0
まぁいいじゃない
文学なんてこの世のなんの役にも立たないんだから
ありがたがるのは作家と作家志望くらいだろ

59:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:20:10 P0ZRFCtx0
ノーベル文学賞なんて、いらないでしょ。

村上春樹の書き下ろし終わったらしい新作を早く読みてーなぁ。

62:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:20:50 FyznpAAh0
村上春樹
村上龍
村上隆

村上って変なの多いね

66:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:21:19 URTZCgH/0
今頃気づいたんだが、スウェーデンてEUだよな?

なんでユーロじゃなくてクローナなんだ?

112:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:26:15 apzbgQ0H0
村上はありえないだろ
こいつが取ったらますます文学賞が不必要になる

128:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:28:40 hmnBb2ab0
彼の作品はLe Proces-VerbalやMondo et Autres Histoiresを中二で読んだけど
(勿論原著で) いまいちだったなあ・・

だってテロスがニヒリズムに否定され得るアポリアだとしてそのドラスティックな
ヒューマニズムの上にアジェンダを構築することがアルチュセール的構造主義
におけるミームでしょ普通。

しかし彼はケイオスティックな人間存在における経験をテクネーへと、 普遍へと、
止揚することが、デカルト的パラダイムのモダニズム的出発点だと捉えてるしね。

エピステーメー的に論考すればリングイスティックターン以降の日常的言語学派
におけるアフォーダンスをシラバスにおいてエキュートすることがアカディメイアの
タスクだと思われ、さもなければ想像の共同体はサイバーカスケードの上にもろく
も崩れ去ってしまうという論考が抜け落ちてるんだよね。

230:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:51:07 11M6r0/+0
>>128
日本語でおk


672:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 07:30:29 OQOnQz0w0
>>128
同意


136:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:30:07 XRKvKExm0
村上春樹の作品は読んだことがないな
入門にいい作品を紹介しておくれ

182:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:37:56 Lpccw2vq0
>>136
短編集がよろしい




185:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:38:34 3vRWMXqj0
>>182
村上春樹は短編とエッセイだよな


142:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:30:28 cDpfnDRp0
村上が取ったらノーベル賞の価値が落ちるだけ

152:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:31:23 JVyQNJkp0
ノーベル文学賞と平和賞ってまったく権威ないよね

154:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:32:16 vRTDzZox0
>>152
経済学賞も別扱い、というか微妙だね・・・


165:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:34:23 /EQ+sWiC0
>>154
経済学賞は別扱いっつうか、本当に別の賞だし。
経緯的には「ノーベル賞に便乗したのれん泥棒」に近いぞ、あれ。

ま、そのうち取るだろ、ってことでいちいち「受賞逃す」って騒ぐような話でもないよな。
文学賞って順番待ちの面があるし。


190:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:39:49 ix7ODLU9O
やっと結果が出たか
関連スレが乱立する中で素早い仕事をしてくれた
>>1乙でした

191:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:39:57 2NBWyPMz0
筒井康隆が直木賞を逃し続けていたときもこんな感じだったのかな。

村上春樹は読んだことがないので
長編と短編集のオススメを教えてたもれ

206:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:44:34 AjTGraZZ0
「ノルウェイの森」が売れた理由が知りたい

駄作だろ

221:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:47:54 Lpccw2vq0
>>206
いや、あれねぇ
最初読んだ時は村上春樹をあまり読んだこと無くて批判的だったけど
だんだんとね、古典となるにふさわしい作品かなと思うようになったよ


209:どあらφ ★ 2008/10/09(木) 20:44:52 ???0
ル・クレジオ氏にノーベル文学賞 フランスの作家

スウェーデン・アカデミーは9日、2008年のノーベル文学賞を、フランスの作家
ジャン・マリ・ギュスターブ・ル・クレジオ氏(68)に授与すると発表した。

ル・クレジオ氏は1940年4月、フランス南部ニース生まれ。
両親はともにフランス・ブルターニュからインド洋のモーリシャス島に移住した家系。
父は英国籍、母がフランス籍で、ブリストル大とニース大で文学などを学んだ。
63年、23歳で発表した初の長編小説「調書」がフランスの文学賞ルノード賞を受賞。
その特異な小説世界と迫力ある文章表現が大きな反響を呼び、華々しく文壇に
デビューした。

賞金は1000万クローナ(約1億4000万円)。
授賞式は12月10日にストックホルムで行われる。

引用元
http://www.47news.jp/CN/200810/CN200810.html

ノーベル文学賞に仏のル・クレジオさん
http://www.asahi.com/culture/update/1009/TKY200810.html
http://www2.asahi.com/culture/update/1009/images/TKY200810.j

251:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:56:25 Rcg5cHBp0
>>209 ブルターニュってことはケルト人かね


224:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:48:37 BprJ7Sbm0
単に分かりやすさというのと日本的なキャラが異質で受けてるだけ。
内容が皮相的で知的センスが足りないのは、欧米人も分かってる。
よっぽど倒錯した人物が選考委員にならない限り
村上がノーベル賞を取ることは永久にないだろう。

244:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:54:45 KtiNUgiP0
>>224
古典のイメージがいたるところにちりばめられていて、
それでいて現代の小説としてそこそこ無理なく作り上げられてるなんて人、日本人じゃ村上春樹くらいしかいない
世界的にみてもそんなこと出来る人は、ノーベル賞とるべき少数の作家だな


243:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:54:28 u7AiiWP+O
竹内久美子いわく、ノーベル受賞者の近親者には自閉症児が産まれる確率が高いらしい。
本当か??


258:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 20:58:44 Rcg5cHBp0
フランスの大卒がノーベル医学・生理学賞や文学賞取ってますな
数日前の毎日新聞の記事なんだったのやらw

266:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 21:02:36 ZK9sXZPN0
村上なんて中高生しか読まないライトノベルみたいなもんだろ?
こいつなんでこんなに評価されてんの?

276:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 21:05:35 S7lIo2HB0
>>240
だからさー、本を読むのなんか中学の国語の教科書以来だっていう家庭の主婦とかもいるワケよ。
あんときゃ本屋で大々的に「大江健三郎フェア」っつって、ロクに本なんか読まない人間でも買っていったっしょ。
そういう層にはわかるわけねえって話だろうよ>>23はよ。
バカかお前。

285:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 21:06:47 QcoeMcmZO
イタリア人「フランス人にノーベル賞盗まれた」

298:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 21:09:48 /p1PHTB90
村上が取れるなら、携帯小説でも取れそうだよな。


304:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 21:13:39 ny6AdhLA0
>>298
あれみんな馬鹿にするけど、
何かうまく応用できるような気もするんだがなあ。


317:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 21:17:19 Ae90lHUl0
>>304
でもあれって、昔流行ってたフォント体の変わるラノベを彷彿とさせるんだがw


323:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 21:22:45 ny6AdhLA0
>>317
ケータイ小説のセリフの文体って
リアリティーあるようで全然無いんだよな。
もの凄く作為的なものを感じるんだよ。
オヤジが無理して若者言葉をつかってるような感じというか。
あれを解消すればなんとか・・・、ならねえかw


303:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 21:13:20 pJnZk/oz0
最近のアメリカの作家は、最低でも修士号持ってる奴ばかり。
日本みたいに高卒の馬鹿が一番伝統ある芥川賞取ったりするような国は
国として終ってる。


305:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 21:14:00 Imb+pt/eO
村上春樹の69は名作だ


309:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 21:15:00 LfwTZds4O
>>305
それ村上龍じゃね?


338:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 21:33:14 nyPd56AQ0
ノーベル文学賞 オッズ

 1位 5.0 クラウディオ・マグリス (イタリア 随筆家・小説家) 5.0
 2位 6.0 リース・モレイ (オーストラリア詩人) 6.0
 3位 7.0 フィリップ・ロス (米国 小説家)
 3位 7.0 トーマス・トランストロメル(スウェーデン 詩人)
 5位 8.0 アドニス (シリア 詩人)
 6位 10.0 高銀 (韓国 詩人)
 6位 10.0 村上春樹 (日本 小説家・翻訳家)


なんだよ・・受賞者フランス人って・・・

440:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 22:26:50 QN/YX4zb0
>>338
これこそイタ公はフランス人に盗まれたって言わなきゃなww




344:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 21:35:25 ODcv5eAB0
ル・クレジオ読んだことのある奴がほとんどいなさそうなスレだなw
日本の知的レベルやばいっす。

351:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 21:39:21 Ae90lHUl0
>>323の内容って村上春樹自体にもいえるような…
海辺のカフカとか。なんか村上の作品って本人に対して若い主人公が多い。

それが人気の秘訣の気もするけど

359:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 21:43:52 m0KRKlMFO
村上春樹ってカフカ賞とかいう凄いの貰ってんだよね?
なら実際に凄いかどうかはともかく、凄い作家だと思われてるのは確かなのでは?
候補に入ってるって報道も確かな筋から情報得てのことだろ。

378:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 21:51:39 RTBAJ/ry0
>>359
ロシアいくと北野武と村上春樹が人気だとか・・・


380:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 21:52:35 ffQnLDPt0

リベラル派のユダヤ人が喜ぶような政治的発言しないとノーベル文学賞は獲れない

今回の仏人は「サミュエル・ハンチントンの『文明の衝突』への反意を明確に示し、グローバリズムへの疑義を呈した」そうだ

村上春樹も「日本は南京大虐殺の反省をしてない」とかなんとか講演で言えば獲れるよ


382:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 21:54:20 RTBAJ/ry0
村上春樹の本色々読んだけど、この人の本で一番面白いのは、安西水丸?と組んだエッセイ本だったりする。

488:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 23:03:37 lPc49wfH0
>>382
同意。
っていうか、エッセイだから”まだ読める”って程度だよね。
他のは「で?」っていう・・・
まだ角川春樹とか村上龍とかの方がましだと思う。


396:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 22:03:41 A8IAtQQRO
ノーベル文学賞?
ああ、大江健三郎が受賞して権威を落とした賞ね

ノーベル平和賞?
ああ、金大中とアラファトが受賞して著しく権威を落とした賞ね

435:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 22:25:10 Eriwttcc0
クレジオも村上も何度も候補になって受賞を逃してきたけど
クレジオ68歳、村上59歳で年功序列で良いんじゃないか
クレジオ作品を読んだこと無いから分からないけど

436:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 22:25:30 ZPWMRVCX0
村上春樹好きな奴は2番目に好きな作家教えれ
好みを知りたい

446:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 22:28:40 1unxAtdhO
>>1

まーたマスゴミがレベルの低さを露呈している。
誰も待ってないから。

465:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 22:42:53 ZquAfnGM0
文学賞のかわりに数学賞を作って欲しい。

491:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 23:07:01 hw4vWK7j0
書店にね。ノーベル賞候補みたいな感じでねつんであったから初めて買って読んでみたんだよ
アフターダークっていうの。これがつまらないのなんのって。ノルウェーの森ってのが有名だから読んでみようと思うけどたいしたことないんだろうな

512:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 23:22:00 RVnHbpUf0
文学なんて欧米系言語が圧倒的に有利だろ

科学ならある程度公平な土壌があるから最高権威の賞に
ふさわしいと思うからノーベル賞は医学と科学のみにしろ

文学賞はシェイクスピア賞とかそういう賞を作れ
で欧米で勝手にやっとけ

524:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 23:28:10 2qRnJAID0
村上春樹は海外ウケもいいし
日本でも大衆人気があるけど、
文壇、評論家筋ではボロクソw
まずあのライトノベルのような文体からして、
揶揄される始末。

535:名無しさん@恐縮です 2008/10/09(木) 23:38:08 RUo9ynaNO
>>524
文壇は知らんが評論家筋で村上春樹がボロクソなんていつの話?
ラノベ云々なんてアホ臭


557:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 00:10:59 0luaLDD00
>>1
受賞したのはこの人かと思った。

レイモンド・マンコ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B3

564:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 00:26:16 qM2yrvsD0
村上春樹ノーベル文学賞落選は、秋の季語になりつつつあるなw

566:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 00:28:19 Uh+rOoEn0
大体、文学っていうけど、本来の意味での学問じゃないし、実際はエンターテイメント
の一種なんだから、文学賞を取り払って
エンターテイメント賞として規模を拡大して、映画や漫画やアニメやテレビゲーム
などだって、選ばれていい気がするよね

戯曲家や小説家などが入って、映画監督やゲームクリエイターが入らない
理由はノーベルのいたころには存在そのものがなかったもしくは認知されて
いなかったとしか考えられないし---

小説がノーベルのいた当時に果たした役割を考えれば、ジャンルを拡大
しないと今日的な意味はないでしょう

村上春樹なんか欧米亜流の小説家よりも、宮本茂や鳥山明のほうがはるかに
世界レベルでみて影響力は大きいんだし。

573:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 00:51:14 fx706gSYO
この前初めて村上春樹の作品読んだ。

なにこの万年中二病患者……。独り善がりで性欲についてしか書いて無いじゃん。
僕がいかに賢くて、繊細な事で悩んで、性について興味があるか。それだけだった。
内容が無い。読んだ後何も残らない。全く時間の無断だった……。

579:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 00:56:40 OWjyf7Nq0
>>573
ちょっと、人の「自殺」を軽々しく書き過ぎですよね
ファッションとして弄んでいるというか


581:573 2008/10/10(金) 01:04:43 fx706gSYO
>>579
そうそう。だから全く共感しないし、読んでてイライラする。主人公も好きになれないし。

メタファー(笑)
形而上的で常識的(笑)
('A`)


594:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 01:38:25 8Yxr5wEo0
村上春樹とか龍、吉本ばなな、林真理子、田中康夫あたりってバブル期に出版業界までが過剰な商業主義に走り始めた頃に出てきた作家だよな
で、海外で出版されたりするのってそういった事情を知らない後進国が「日本の現代文学」っていうカテゴリーでありがたがってるじゃねえかな。
中国やら韓国なんかの後進国の出版者が日本の出版「業界人」に、日本の現代小説を紹介してくれ、って依頼をする。
そして、日本の業界人がこれを紹介してきたんだと思う。商売的な意味で。

そこへもってきて、海外でもウケている日本人作家、という触れ込みで審査対象としてチェックが入る
ギャンブル好きの英国だか香港のブックメーカーの予想をみて、日本の業界人が騒ぎ立てるという
この話ってなんか茶番ぽいのな
キムタクがカンヌのレッドカーペットでどうのこうの、つう感じの話に聞こえる

595:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 01:43:21 6UA+Zfdi0
>>594
すくなくとも村上春樹と吉本ばななは異様に欧米受けがいいんで、後進国云々は的外れじゃないかな。


596:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 01:44:40 XxjM9MHOO
ノーベル文学賞の受賞者はどういった点が評価対象なの?
作品内容?メッセージ性?売上げ実績?人気や知名度?

603:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 01:49:42 ANVN3D610
>>596
文学性、知名度プラス何らかの明確な政治性があると獲りやすいような気がする
母国の独裁政権と対峙するスタンスがあるとかそうゆうの


615:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 02:08:42 mq60lEbf0
フランス人に勝つにはフランス書院の作家で対抗するしかないな

622:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 02:30:13 8Yxr5wEo0
だいたい私小説なんてものが価値がない。
夏目漱石なんかを有難がってる時点で間違いが起きてる。
早稲田出版業界が村上春樹を押し出してるのと同じ仕組みで東大文部官僚が漱石を教科書にさせてるだけだ。
絵画、彫刻の世界で岡倉天心がやり遂げたことと逆のことを、文学の世界で夏目漱石がやってしまった。
同時代の作家だったら浄瑠璃の系譜をついでいる尾崎紅葉なんかのほうが深いし面白い。
黒澤明が台本として好んだ山本周五郎なんかもこっちの部類。日本画だ。
民話、伝奇物、落語や浄瑠璃の方が私小説なんかよりよっぽど人間の裏表を深く、面白く表現されてる。

710:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 14:01:32 VKlnhwb30
>>622
文学史的パースペクティブがめちゃくちゃ杉でワロタ

尾崎紅葉はむしろ明治の村上春樹だなw
もちろん漱石ほどではないけど、英訳で海外文学、特にフランスの小説は
そうとう読んでいる。これは弟子の泉鏡花、徳田秋声も同じ。
山本周五郎なんかも方法論的にはかなり自覚的な作家で
日本画にたとえるのはほとんど文盲。


725:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 14:52:15 8Yxr5wEo0
>>710
尾崎紅葉が明治の春樹だというのは、大衆ウケという点で言ってるんだと思うが、自分がいいたいのはテーマ性という切り口の話。
ざっくり言うと、個人の内面をテーマにした一人称小説を洋画に喩え、より伝統に根ざしたものを日本画に喩えた。

いわゆる作家小説なんてものは誕生してまだ歴史が浅い
詩の世界のほうがはるかに歴史の荒波を受けて洗練されてる。
名だたる作家が何人も早死するようなものに本当に価値があるかどうか検討する必要がある。洋画の世界しかり。
そういう意味で村上春樹の一人称小説は立ち位置が不明確。
バブルという時代の産物としか思えない。


647:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 04:43:42 CZDm7nXs0
フランスのノーベル賞作家って、クロード・シモンとかル・クレツィオとか、
妙に偏ってるイメージだな。なんでだろ

649:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 04:50:13 FnaFVZC30
>>647
一説によるとサルトルがノーベル賞をコケにし、一部のフランス人が喝采したことを
ノーベル財団は根に持っているらしい。
サルトルの受賞辞退以降、フランスの作家は意図的に無視され続け、どちらかといえば
反サルトル的な作家であるシモンがやっと受賞した。それも一般的なフランス人では
名前さえ知らないような作家を発掘するような皮肉を利かせたかたちで。


650:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 04:57:37 CZDm7nXs0
>>649
あー、そうだったね>サルトル
一方ベケットは「あ、そう」って感じで受賞拒否もせずと

しかし今さらアンチ・ロマンの人に賞贈るって、物理学賞なみに
時差があるよなあ



720:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 14:42:32 bOc9ab2y0
文学に政治性ってなんだ?
つーか「政治性」なんていうことばがあるのか?

723:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 14:48:38 dtUE5n5x0
>>720

ゴミクズみたいな馬鹿だなこいつ


729:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 15:00:40 bOc9ab2y0
>>723
なんでそんなにイライラしてるの?w
バカなの?


753:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 19:55:27 dtUE5n5x0
>>729

政治性という言葉も知らずに文学を語るお前がバカ


732:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 15:02:35 lZEUeoNg0
>>723
ゴミクズねぇ・・・文学ってのは言葉づかいをよくする効果はないようだなw


724:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 14:49:04 mOk6RbI70
村上龍と違って春樹の小説は現代にリンクしてない。厳しさが無い。
逃避的な性向のある奴が読んでいるイメージ。

727:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 14:54:42 ZBHqiGGn0
こいつにしろこぶ平にしろ日本のジャズヲタは
女性にモテないタイプのぬぼーっとした顔をしてるやつが多い

742:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 16:18:24 mOk6RbI70
>>727
ジャズみたいな30年前に終わってる音楽を楽しんで聞いている時点で現代文明に
キャッチアップしてないのを主張しているようなものだからな。
現代文学はヒップホップカルチャーやトランスカルチャーの若者が担うべき。
村上某はもう役目を終えている。


749:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 17:50:27 sQfua52F0
>>742
>現代文学はヒップホップカルチャーやトランスカルチャーの若者
なんか、それ終わってないかい? w

まぁあれだ、韻でも踏んでなさいってこった w


746:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 16:59:23 7l/Jh1Hx0
サリンジャーとか、アメリカのロストジェネレーション世代の作家の
劣化コピー(パクリ)だからな
むこうからしたらとくに目新しいものはないし、まあカズオイシグロとか
そのへんのポジションだろ
流行作家ではあるが、新しいものを生み出したわけでもなんでもない
大江みたいに左翼路線でいくしか、ノーベル賞はとれないよ
この賞は、新しい文学の地平を切り開いた作家(時代を代表する作家)か、
政治的パフォーマンスの上手い左翼作家がもらう賞


まあ本人も自分が左翼路線じゃないともらえないと分かってて
左翼色まんまんの発言しまくってるけどねw
作品もやたら左翼モード入ってるし
本当俗物

757:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 20:22:36 6lHs0jBi0
>>746
村上春樹はデビュー作の時点で挫折した左翼であることを公言してるじゃない



747:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 17:40:28 G4KsbeV30
実際、ノーベル賞に値するほど評価されてるの?
海外でも売れてるってのは聞いてるけど

候補に挙がってると思ってるのが日本だけってことはない?

750:名無しさん@恐縮です 2008/10/10(金) 17:53:10 rE7sBxIt0
>>747
だから、金賭けて必死に予想してるブックメイカーで毎回名前挙げられてるんだって
誰よりも公平で、真剣な予想に名前挙げられてる日本人は他にいない


ラベル:ノーベル 文学
posted by 2chダイジェスト at 11:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 朗読/文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3日の東京株式市場で日経平均株価は続落して始まった。
前日比102円36銭安の7177円79銭で始まり、その後に下げ幅は150円を超えて7100円台前半まで下げ、
2008年10月27日のバブル後安値(7162円90銭)を下回った。
2日の米株式市場で、
米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の巨額な赤字決算発表などを受けて金融不安が再燃し、
相場が大幅続落したことを嫌気した売りが幅広い銘柄に出た。
三菱UFJや三井住友FGなど3メガバンクがともに売り気配で始まり、
ハイテクや自動車などの輸出関連株や、株価が中低位にある内需関連にも下落する銘柄が目立っている。

ソース:NIKKEI NET
http://www.excitysjp.com/Blog/
Posted by xvcxvc at 2009年03月04日 01:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセスランキング ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。