2009年01月06日

【芸術/映画】チェ・ゲバラ―映画と写真展で生涯に迫る、映画は10日から公開[01/04]

1: @自由席の観客φ ★ 2009/01/04(日) 11:46:04 ???0
 一つ星のベレー帽、葉巻をくわえた独特の風貌−。キューバ革命の立役者、チェ・ゲバラ
(1928〜67年)の生涯が2本の映画と写真展で紹介される。7日には写真展が始まり、
その後公開される映画と連動してゲバラの素顔に迫る。

 1959年1月のキューバ革命から50年。肖像画のTシャツなど若者のファッションにも
影響を与えたゲバラだが、映画と写真展はアルゼンチン生まれの青年医師が中南米を
旅しカストロに出会って革命を目指す姿や革命成功後、キューバを離れ、南米ボリビアで
銃殺される悲劇的な最期まで39年の生涯を追う。

 写真展「HASTA LA VICTORIASIEMPRE〜勝利まで永遠に」は7〜25日、東京都
渋谷区神宮前のTHCビルで開かれる。ゲリラ戦や凱旋、国連総会での演説などの写真を
展示する。

 映画はスティーブン・ソダーバーグ監督の「チェ28歳の革命」(10日公開)、「チェ39歳
別れの手紙」(31日公開)の2部作。ベニチオ・デル・トロ主演。

画像:『チェ28歳の革命』の1シーン
http://sankei.jp.msn.com/photos/region/kanto/tokyo/090104/tky0901041015000-p1.jpg
http://sankei.jp.msn.com/photos/region/kanto/tokyo/090104/tky0901041015000-p2.jpg
画像:『チェ39歳別れの手紙』の1シーン
http://sankei.jp.msn.com/photos/region/kanto/tokyo/090104/tky0901041015000-p3.jpg
http://sankei.jp.msn.com/photos/region/kanto/tokyo/090104/tky0901041015000-p4.jpg

ソース:産経新聞 2009.1.4 10:15
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/090104/tky0901041015000-n1.htm

『 HASTA LA VICTORIA SIEMPRE 〜勝利まで永遠に〜 』:Tokyo Hipsters Club公式サイト
http://www.tokyohipstersclub.com/html/exhibition/_hastalavictoriasiempre.html
映画『★CHEチェ 28歳の革命 | 39歳 別れの手紙』公式サイト
http://che.gyao.jp/

・関連スレ
【映画】チェ・ゲバラ描いたソダーバーグ監督の映画、キューバで絶賛[12/13]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1229173736/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【芸術/映画】チェ・ゲバラ―映画と写真展で生涯に迫る、映画は10日から公開[01/04]

【関連リンク】
イザ! 【 【サブカルちゃんねる】アニメ界に個人クリエー…
イザ! 【 【人】余華(よ・か) 「北京の悲劇の夜、いつ…
イザ! 【 【衝撃事件の核心】「国辱だ」水着で中国旗に寝…
イザ! 【 【今週のおまとめニュース】物理学、化学…ノー…
Yahoo!ニュース 【 道端ジェシカが大興奮「今夜告白します」
Yahoo!ニュース 【 チェ・ゲバラを描いた超大作映画をベニチオ・デル・トロらが語る!



▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 100(689中) 】


9:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 11:52:47 ExqIx5tL0
チェゲバラのTシャツ着てたら街を歩いてたら、革命家と外人に間違われた
嫌な記憶が思い出す(´・ω・`)

26:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:04:34 fkuxB0c00
ソダーバーグ監督なので
オーシャンズシリーズのように
映画史に残る大傑作になることは
約束されただろう。

28:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:07:28 rjyggnuX0
日本人でTシャツの顔になる偉大な歴史上人物はいないのか?

56:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:22:49 xhxyKrKD0
>>28
福田前総理


31:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:09:07 OshnWIgk0
明治維新だったら高杉晋作が一番近い位置になるのかな?

42:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:17:05 +Ur8jNRqO
途方も無い夢を見て、その夢を辿るように闘い夢に殉じて死んだ、極め付きの夢想家、
それが男前のインテリ青年にして歴戦の兵士となれば、悲劇の英雄として人気が出るのは当然と言うほかはない。

49:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:19:37 ac+5t7S/0
映画のCM見たけど、ゲバラそっくりだな!

55:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:21:59 /fZDM9FY0
>>49
映画観たけど、ゲバラの方がデルトロよりハンサムだよ。


62:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:27:30 +Ur8jNRqO
アメリカに半世紀近くも経済封鎖を食らってるド貧乏国家が、
国民の識字率と平均寿命では、そのアメリカ以上で日本・欧州なみの良好なレベル、
チェルノブイリ原発事故の被災者を受け入れる医療水準と、オリンピック上位常連のスポーツ水準、
全然カネ無いのに、どんだけ頑張ってんだよキューバ。

153:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:19:15 SSTdAJ8N0
>>62
国民の識字率は知らんが平均寿命は嘘臭いけどな。亡命キューバ人がキューバの平均寿命は
キューバ政府が提出している数字であって見てきた限りでは信憑性に乏しいと言っているし。

キューバの乳幼児死亡率が低いのも、死産した赤子は報告されないず身体的に病弱だと思われた
赤子は堕胎させられるかららしいよ。これも亡命キューバ人の告発な。

なにかキューバは素晴らしいとか思ってる奴が多いが、実際は何万もの亡命キューバ人がいて
アメリカ社会でも問題になってるわけで、それだけ亡命してくるってことは実際はうまくいってないって
ことだと思うよ。

だいたい共産主義国家みたいに根本のシステムに問題がある社会がまともに国家運営できると
思えんのだよね。実態は北朝鮮と似たりよったりだと俺は思ってるよ。


70:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:33:50 u+v9MH040
この映画は朝日が後援してるそうだが、連続でゲバラ物2本も公開って。
不景気に便乗して革命起こさせようと必死だなぁ…

…朝日の社員自身は、年収一千万円以上でウハウハな癖に。

71:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:35:42 /fZDM9FY0
>>70
真の革命は愛によってのみ


75:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:38:01 u+v9MH040
>>71
だから新聞や映画等、メディアで煽っても以前の様にはうまく行かんと思うよ。
60年代のフラワーチルドレンは全く免疫なかったけどナー


82:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:43:08 /fZDM9FY0
>>71
そゆこと言ってる段階で君はゲバラをわかってないw


83:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:44:46 u+v9MH040
>>82
自己レスして何がしたいんだ?


79:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:41:42 IQ19SBUeO
俺は資本主義者だがスターリンや毛沢東と違ってカストロやホーチミンみたいな民の平和のために社会主義に走った人物は俺は好きだぜ。
ゲバラはわかんねーけど何が本当にしたかったのかは興味あるな。

100:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:53:18 E7mtnKNt0
>>79
さっそくこういう矛盾したやつが釣れた。おれの思惑通りだw


361:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 20:33:44 N3VCWqfw0
>>100
無私の精神があれば、思想の左右なんて小さな問題なんだよ。
ウヨサヨなんて所詮手段に過ぎないんだから。
その辺が判らないお前はゲバラ好きな庶民以下の小人でしかない。


365:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 20:40:58 E7mtnKNt0
>>361
左に無私なんて矛盾もいいところだ


117:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:03:15 u+v9MH040
>>79
日本では比較的「良識派」としてもてはやされたチトーですら、
実際は分離独立派を徹底的に弾圧しまくってたからな。

他も察して知るべし。


121:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:04:30 kWAaENDY0
>>117
でも、冷戦終結後のユーゴの惨状考えたら
チトーのやり方にも一理あると思う


128:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:07:10 u+v9MH040
>>121
ろくな後継者も育てなかった時点で、チトーは・・・


133:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:09:14 kWAaENDY0
>>128
血縁者選ばなかっただけ、マシだと思うぞ
少なくとも、チトー死後、すぐにユーゴが崩壊したわけではないしな


124:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:05:34 cUl/EsQh0
>>117
ユーゴ崩壊後の悲惨な民族紛争を見れば、チトーが民族派を許容しなかったのは当然という気がするが。



135:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:09:45 u+v9MH040
>>124
レジスタンスの英雄(笑)が、別のレジスタンス運動を弾圧するなど
お笑いにもならん。

結局、民族統合に無理があったから崩壊した訳だし。


141:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:13:40 kWAaENDY0
>>135
レジスタンス同士が味方と思うほうがw
戦国大名同士と考えてもらえば、わかりやすいはず
崩壊するまで半世紀以上、平穏が続いたのが成功の証拠だろう


207:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:52:57 YYIVvLMh0
>>135
セルビアとクロアチアなど民族的にも言語的にも東京と大阪程度の違いしかない。
チトーがやろうとしたのは違いに目をつぶって平等な社会をつくろうということ。
それに対して違いを強調して自分たちだけが有利になろうとして憎悪を煽ったのが民族派。
それまで普通に通婚していたユーゴ国民が彼らの煽りで民族間に分断され
憎み合うようにされた事実から目をそらしてはいけない。


219:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 14:03:44 0Qqu7h7e0
>>207
ところがどっこい、セルビアとクロアチアじゃ宗教も文字も違うんだな、これが。
もっと同質性があったなら、とっくのとうに同化しているさ。


147:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:17:30 u+v9MH040
>>141
結局、革命家なんて同じ穴の狢なんだよ。
同類が互いを殺し合い、否応が無しに周囲が巻き込まれる。



152:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:18:59 cUl/EsQh0
>>147
農耕革命、産業革命、IT革命



85:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:46:47 /fZDM9FY0
>>83
>>82>>75だった

92:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:50:08 u+v9MH040
>>85
面識もない他人をさも理解したような振りする程、俺は傲慢にはなれん。


97:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:52:32 /fZDM9FY0
>>92
書物というのは、人類最大の財産だよ。
合ったことがない偉人のことがよくわかる。
とりあえず、本を読むところから始めたらどうだ。
人間が一生で出逢える人数なんて、たかが知れてる。


112:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:58:19 u+v9MH040
>>97
書物のみの知識で、他人の持つ人物像を完全否定する気にはなれん。
故に、俺はあんたの持ってるゲバラ像について特に文句を言う気もない。


96:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:51:03 hOgp6ERd0
逆に金豚がゲバラみたいに
絵になる男だったら
結構やばかったんじゃないかな、日本
マンセーするアホ多そう

102:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:54:05 A7+5cxR/0
>>96
ブ男ではないレベルのオウムの上祐にもファンがいたくらいだからな


107:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 12:55:46 u+v9MH040
>>96
あの(全闘共)当時なら、百人規模で北へ移住する奴が出そうだな。

もっとも、日本には毛沢東率いる中共へ亡命する人間も殆どいなかったが…


116:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:02:46 E7mtnKNt0
>>107
よど号事件というのがあってな


130:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:07:27 vrWe08HFO
この人結局テロリストなわけでしょ?
なんでこんなに人気あるの?

148:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:17:37 pl/Kxz0T0
ホレボレする位のいい男だね
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c1/Che_Guevara_-_ca._1945.j

158:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:24:00 1Pn9o+h90
南米が左翼政権ばっかなのを見て思うに
あのあたりの国民感情は、日本に住む我々には想像のつかないところがあるんだろう
それでも暴力的革命でなく、選挙によって左翼政権に移ったのは時代が変わったんだな

172:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:31:51 5E/mgfJ60
>>158
日本の場合保守=親米、左翼=親ソ・親中と単純二元論化されてしまったからね
そのせいで冷戦終結後は単に金に汚い連中が保守面するようになってしまった


184:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:37:32 1Pn9o+h90
>>172
そこまで単純なら、わかいやすいなw

九条改憲反対、反戦平和を訴えたら左呼ばわりする2chねらはなんなんだろうと思う。
ハトかタカかの違いであって、保守や左翼と関係ない話だと俺は思うんだが。


185:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:38:38 NSJIjh/l0
九条改憲反対はハトやタカでもなくバカだ。

188:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:39:55 E7mtnKNt0
>>185
でもゲバラは好きなんだろ?


204:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 13:51:41 lSyJ++/30
>>1
何でゲバラごときに注目する必要がある?
共産主義者なんぞ人類の癌。
まして革命と称して暴虐の限りを尽くした悪党。
唾棄すべき輩だ。


228:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 14:08:50 YXskZr+uO
世界中のサカヲタがゲバラのデザインを使うのはいろんなところを転戦して回ったとこに共感してるからだろうね。

229:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 14:09:58 5h2TWkHc0
共産主義だと誰かが怠けるからそれがゲバラの悩みだった。
民衆が全員ゲバラなら共産主義は成立する。

232:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 14:13:36 SSTdAJ8N0
>>229
よって共産主義は根本的に欠陥があるシステムであると証明されたわけか


236:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 14:14:55 kWAaENDY0
>>232
資本主義の欠陥は、現在のアメリカが証明中だけどなw


250:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 14:21:52 ZMZ+9dRJO
ちょっと昔、日本でもゲバラは映画化された。

それが、なぜか吉川ひなのや松岡俊介が出ていた。

『ゲバラがライバル!!』

251:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 14:21:53 jpH2HQcl0
そうそう 日本のは別に左翼でもなんでもなくてただの売国

311:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 18:02:06 E7mtnKNt0
保守ならリック・フレアーやビンス・マクマホンやJBLこそいいお手本だ
あのキャラほど保守の凄味を体現してるものは他にはいないぞ

373:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 20:47:56 VbvwSKyb0
きっと宿抜け出して夜行列車で広島いったときにゲバラ
が日本女に種をしこんでるはず。日本で革命家になって
そのうち現政府を倒すよ。

380:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 21:02:51 4JFKLr+z0

382:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 21:05:20 BUZWUkKmO
>>380
目線バラバラじゃない?


385:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 21:09:41 386hx5q20
ブエナビスタソシアルクラブのエンディングで
キューバの町並みとNYの町並み比べてて、
その映画とは関係ないけど、結局社会主義でダメだなと痛感した

389:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 21:16:47 HpNHUfsX0
>>385
いってることがよくわからん。
どう結びつくの、町並みの比較と、社会主義が


391:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 21:18:36 5h2TWkHc0
>>389
街の発展度=国民の幸福度合い
ってことなんじゃね?


436:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 22:09:56 rxQqQ7NiO
チェゲバラは結局何がしたかったのかと改めて考えると、よく分からない人なんだよな
西部劇の時代にインディアン部落に乗り込んで、共産主義革命の為にカウボーイと闘おうとアジッては見たものの
呆気なくインディアンに悪魔の手先として処刑されてしまう白人ゲリラのようなもんだろ?

449:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 22:25:06 rxQqQ7NiO
チェゲバラ日記は読んだよ
見えない敵を求めてジャングルをさ迷ってる焦躁がありありと解る
逆に体制側として権力についたら、見えない敵を求めてより強力なスターリニズムも虐殺も辞さない奴だとも思った
カストロが彼をキューバから遠ざけようとしたのは今からすれば賢明な判断だろう

452:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 22:27:28 /fZDM9FY0
>>449
ゲバラ日記はゲリラの兵法書。
読むならモーターサイクルダイアリーズがオススメだな。
あと、カストロは彼をキューバから遠ざけようとしてない。


455:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 22:37:21 G9liDO7f0
>>449
実は、浅間山荘事件の連中と根は一緒だと思うのだよね。
理想はあるけどビジョンがない。
だから、見果てぬ夢のために暴れ続けるしかない。

カストロの方がナンボか責任とってるわな。


456:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 22:38:52 /fZDM9FY0
>>455
全然ちゃうがなw。

連赤は壊す革命、ゲバラは作る革命、全く逆ベクトル。
本読めばわかる


464:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 22:54:33 G9liDO7f0
>>456
別にあんたがそう思うのはいいよ。
浅間山荘の連中も新しい時代をつくると言ってたわけだし。
むろん、ゲバラ自身も壊すだけだとは毛頭思ってなかっただろう。

ただ、結果的に暴れ続けるしかなかっただろうなとオレは思うだけで。
どんなアクションもどこかで理想と現実の相克をどこかで落としどころつけるしかないんだけど、
その終着点たるビジョンなんてなかったと思うね。
なんかモヤモヤした理想だけがあって、それに対する焦燥が募っていたからこそ、あそこまで動けた訳だろうし。


466:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 22:57:23 /fZDM9FY0
>>464
別にゲバラの理想はモヤモヤしてないよ。
モーターサイクルダイアリーズ読んでみたら。



469:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 23:03:43 G9liDO7f0
>>466
つか、あんたさあ・・・。
仮に読んだとして、オレの結論が変わらなければ、
「読み込みが浅い。」「真面目に読んでいない。」
とか言うだけだろ?
おそらく、両者の意見は平行線で相容れないと思うよ。


471:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 23:06:35 /fZDM9FY0
>>469
言わないよww
その思いこみが痛い。
読む前に「こうだ」と思いこみ「読んでもこうだ」と思いこむ。
まず、やってみればいいのに。


479:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 23:14:22 5Azb4tBX0
タダの左翼だろ?こいつのせいでアフリカをはじめ世界中に
テロリズムが広がった。なんでこんなに英雄視されるのか分からん。

500:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 23:26:52 kielL9IN0
>>479
ただの左翼というかガチガチの左翼で
反帝国主義者。ソ連を批判して結局キューバを去る事になった。
あと、ゲバラがテロリズムを否定してるのは割と有名な話



488:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 23:18:39 gTQiBbB70
映画のスレで、実際の人物がどうだったかなんてかなりどうでもいい。
その映画が映画として面白いかどうかだろ。
実在の人物を元にしてるだけで、実際の事実と同じように描くわけがない。

492:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 23:20:30 /fZDM9FY0
>>488
でも、あの映画はかなーりゲバラの書いたものを
忠実にトレースしてる。
この映画も2作とも観たが、ゲバラ日記に相当忠実。

ゲバラをフィクショナライズする人って、ゲバラに誠意を持ってるというか、
なるべくそのまんまいきたいと思ってるんじゃないかな。

ちなみに、モーターサイクルダイアリーズの主演俳優は
相当なゲバラオタ。


532:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 23:44:23 hIkUUe88O
>>492
確かにデルトロもなかなか頑張って
そっくりさんやってた
嫁激似だし

しかし惜しむらくはエルネスト・チェ本人が
かっこよすぎるんだよな〜
映画の間、ずーっと薄目で観てたわw


494:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 23:21:46 G9liDO7f0
>>488
格好良くておもしろんじゃねーの?

バイクで爆走してるシーンとか、夜に野営してたき火の前で語り合ってるシーンとか、
医者として面倒みた村から出て行くときに、村民全員が見送るシーンとか・・・。
BBCかなんかの特集のダイジェストで見たことあるけど、ロマンチックだったぜ。


501:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 23:28:18 gTQiBbB70
>>494
それだけ聞いてると、めっちゃつまらなそうなんだがなw


505:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 23:31:23 jPjuDINj0
ニートは頭でっかちで行動しないから困る。
おまいらニートが尊敬する麻生に早く徴農されればいいのにw

508:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 23:33:52 G9liDO7f0
>>505
こういう奴に尊敬されてると分かったら、
ゲバラはどう思うのだろうなあ?

この手の権力的高圧思想こそ、ゲバラがもっとも嫌った物の一つに思えるのだが。


520:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 23:39:12 NULZrMaYO
>>505
徴兵じやなくて徴農かw
衣食住と2chが保障されるなら、徴農されてもいいwww


513:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 23:35:39 jPjuDINj0
>>508
ゲバラ別に尊敬してねーよw
頭でっかちのニートウヨが嫌いなだけ。
早く働けよw


521:名無しさん@恐縮です 2009/01/04(日) 23:39:16 G9liDO7f0
>>513
だったらこんなこと言うなよw

 499 :名無しさん@恐縮です:2009/01/04(日) 23:26:09 ID:jPjuDINj0
     ひきこもりニートのおまいらにはゲバラやカストロのすごさわかんねーよなw


553:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 00:00:09 wtqS0h3mO
カストロとどっちが上なの?

564:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 00:09:51 wtqS0h3mO
何でゲバラはカストロより人気あるの?

580:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 00:24:43 90zJ9eQr0
革命のゴールは曖昧で、
人物像はミステリアスな偶像であることが永遠のヒット「商品」の条件だな。

この映画の成功が、逆説的に資本主義・商業主義の賛美になることこそ、何ともいえん歴史の皮肉だ罠。

585:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 00:31:19 VCmq6pfk0
テレビタックルで共産党員が映画の宣伝したら笑えるんだが

592:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 00:41:03 W1ZSW0Ei0
ぶっちゃけゲバラがイケメンじゃなかったら
ここまでもてはやされなかったと思う

612:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 04:01:23 rkUTkLWB0
この人って何でこんなにマスコミではヒーロー扱いされるの?
日本には縁のゆかりもない人だろ。
しかも、所詮、先住民を皆殺しにして連中の末裔だろ?
理解できん。

616:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 06:33:25 4AxKZlui0
>>612
え?来日してなかったか?


621:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 07:45:22 Xi9w+OGn0
>>612
「地上の楽園」北朝鮮、「大躍進」中共、「自主管理社会主&民族融和」ユーゴ…
主張すべきシンボルが軒並み崩れ去ったサヨク達がすがる、「最後の砦」だから。


638:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 10:10:13 M7H9I5X2O
>>621
ところが保守側でもゲバラだけはって空気があるから笑える


624:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 08:15:12 RN7WFi5f0
お前らな
金持ちの家に生まれて医者になれるほど頭もよくて
あれだけのイケメンなのに
生まれた国を捨ててキューバの革命のために命を捧げたんだぜ
革命後は大臣の職をなげうって南米に一兵士として革命運動に身を投じたんだぜ
チェゲバラは
お前らとは次元が違うんだよ

635:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 09:59:39 VRWMelaFP
>>624
国を捨てたのはアルゼンチンが軍事政権になって軍医になるのが嫌だったからなんだけど、
なんでゲバラは母国は革命しようと思わなかったんだろう。


637:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 10:05:08 8e6MgWZ80
>>635
モーターサイクルダイアリーズを読めば答えがわかるよ


642:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 10:20:23 VRWMelaFP
>>637
トン、早速図書館で予約した。

映画でもわかるかな?


643:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 10:28:28 8e6MgWZ80
>>642
映画も大変よくできてるから、わかると思う。
ゲバラが軍医になりたくなくて、国を捨てたという誤解もすぐ解けるw


626:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 08:18:45 GVpOUKXi0
>>612>>616
来日して三菱の工場を見学したり福田赳夫首相と会談したり
広島の原爆ドーム見学し献花添えたりしたんだよな。
 映画見ようと思ってるけどみんなゲバラシャツ着て見に来るに1000ペリカ

628:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 08:28:38 08PQb2Za0
原爆ドーム見学は本人が強く希望したんだよな

ゲバラは世界中で人気だけどアメリカではどうなのかな
反米、反資本主義の象徴みたいなところがあるし

630:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 09:09:24 EDPdWpFiO
>>628
デルトロの言葉によると 
彼自身も一般的アメリカ人と同じように、 
ゲバラ=悪の権化みたいに思ってたらしい。 
まぁアメリカと言っても多種多様だしねぇ。 
これとかコマンダンテみたいな映画作っちゃうのもアメリカ人だし。


650:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 12:41:41 1gXvH0lM0
チェゲバラは何と戦い、そして何を望んでいたの?

652:名無しさん@恐縮です 2009/01/05(月) 12:45:01 56UC7+XY0
>>650
貧困格差と戦い、皆が笑って暮らせる世の中。

ゲバラのいう世界はおれにはきっと息苦しくてイヤだろうけど
ゲバラが戦おうとしてた相手は今でも間違ってないと思う。


posted by 2chダイジェスト at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケ/JBL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセスランキング ブログパーツ