2009年02月11日

【映画】”趙雲”に焦点あてたもう一つの『三国志』…ダニエル・リー監督、14日から公開[02/08]

1: @自由席の観客φ ★ 2009/02/08(日) 11:53:34 ???0
 三国志といえば、昨年パート1が大ヒットしたジョン・ウー監督の「レッドクリフ」が脳裏に
よみがえるが、アンディ・ラウ主演の「三国志」は趙雲(ちょううん)という一人の戦国武将
にスポットを当てて、激動の生涯を描ききる。

 貧しい家の出の趙雲(アンディ)は、祖国統一の夢を抱き、同じ志をもつ兄貴分の平安
(サモ・ハン)とともに、蜀の君主、劉備(ユエ・ホア)の下に仕える。戦乱の世で武士が
身を立てる方法はひとつしかない。いくつかの戦場に出陣し、武功を積んで出世街道を
駆け上がってきた趙雲は、ついに蜀の「五虎大将軍」の一人になる。

 下克上の世とはいえ、右も左も分からなかった一兵卒時代にささやかな恩を受け、兄と
慕う平安に対して趙雲は終始、敬いの気持ちを忘れない。戦場では自らの手柄をささげ、
平安が失態を演じても、他の武将らとともに責め立てるのではなく、逆に窮地に立たさ
れた平安を救うために上官たちを敵に回す。

 物語が進むにつれて、観る者だれもが趙雲に感情移入し、手に汗握って破天荒な活躍
ぶりに声援を送るようになるだろう。壮大なスケールの戦闘シーンもさることながら、登場
人物のキャラクター設定がよくできている。野望と実力が伴わずに苦悩の人生と向き合う
平安、息子世代に属する血気盛んな武将の関興(ヴァネス・ウー)や●芝(アンディ・オン)、
敵将の孫娘で剣の達人でもある紅一点の曹嬰(マギー・Q)ら、それぞれの強い個性が
スクリーンを彩る。

 武侠映画の雄といわれるチャン・チュー監督に「新世代のアクション映画監督として、
最も行動力に富む」と折り紙をつけられたというダニエル・リー監督作品。14日から公開。(宝田茂樹)(●=登におおざと)

画像:アンディ・ラウ主演の映画「三国志」のワンシーン。2月14日公開
http://sankei.jp.msn.com/photos/entertainments/entertainers/090208/tnr0902080847003-p1.jpg

ソース:産経新聞 2009.2.8 08:44
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090208/tnr0902080847003-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090208/tnr0902080847003-n2.htm

映画「三国志」オフィシャルサイト
http://www.sangokushi-movie.jp/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【映画】”趙雲”に焦点あてたもう一つの『三国志』…ダニエル・リー監督、14日から公開[02/08]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 趙雲に焦点あてたアンディ・ラウ主演の「三国志」

Wikipedia 【 平安


▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 100(903中) 】


6:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 11:55:40 ySYTdQCO0
史実での記述はほどんど無く、
ようするに単なる劉備の護衛隊長クラス
という説が有力のようだが

112:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 12:42:40 tf4emg7+0
>>6
史実だとドラマにならないから、さすがに演義を下敷きにするだろw


119:ウインガー 2009/02/08(日) 12:44:57 ef3cfzFs0
>>6
注含めれば、記述自体は黄忠より遥かにありますよ。
護衛隊長から出世したのも確かです。


168:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 13:06:35 a1px4dn20
>>6
征南将軍や鎮東将軍もやってるからそれなりの地位にはいたよ。
魏や呉を相手にしない「非重要地域の南方駐留軍の司令官クラス」と、
呉と相対する「重要地域の東方駐留軍の副司令クラス」。

最後は敗戦の責任をとって降格して責任地域が無い鎮軍将軍になってるから、
「固定された指揮部隊の無い、司令官級待遇の本部付高級参謀」ってとこかね。

どちらにしても、史実では特筆する活躍をほとんどしていない人物だから、
地位のほうも軍の中核クラスまでは昇格してないね。
張翼・廖化・呉班とかのほうが地位が最終的には上になってる。

なんで演義であれほど持ち上げられたのか、いまいち良く分からん人物。
三国志演義の五虎将のエピソードも、関羽・張飛・馬超・黄忠が
前・右・左・後将軍に同時に任命されたときの話が元ネタらしいが、
なんでそこに趙雲を無理やり入れて五虎ってことにしなきゃならなかったのか不明。
四門将じゃあまりかっこよくなかったからか?w


126:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 12:48:39 XzfwkXMSP
>>119
黄忠は記述が少なくても漢中での第一功だからな
大して名前がないのが途中参加であっさり趙雲なんてカスを追い抜かす出世


14:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 11:57:32 LZG+ng1s0
刑道栄物語まだー

22:(;´Д`)ハァハァ 2009/02/08(日) 12:03:30 DDyQIBb50
趙雲それは君が見た光 僕が見た希望
趙雲それはふれあいの心 幸せの趙い雲(;´Д`)ハァハァ

23:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 12:03:43 /92Sv8j50
横光のはむさいおっさんだが。

61:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 12:18:17 Zh0mrOqBO
吉川三国志だと劉備の仲間になりたくて泣き出す始末

公孫讃どんだけ嫌われてんだよwww

141:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 12:55:27 U+SFq8Ta0
>>61
北方三国志も泣いてたぞ


70:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 12:23:46 G7Xj+rfW0
最近三国志が日本内外問わず量産されすぎだな
よく知らないが萌えキャラの三国志まであるんだろ?

74:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 12:25:33 Ie68+C2z0
>>70
一騎当千と恋姫無双とか
鋼鉄三国志というのもあるな


78:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 12:27:11 n2pu/97x0
>>70
sweet三国志の事か


135:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 12:53:47 wFV+a4bK0
>>78
Sweet三国志はもっと評価されるべきだよな。
まあ、セキトバ(父シンボリルドルフ 母メジロラモーヌ)とか書かれて笑える人限定だけど


72:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 12:24:06 4x2Qk5MN0


反日中国人スレw


日本人は三国志なんて興味ねえよ

73:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 12:25:30 G7Xj+rfW0
>>72
日本人が世界で最も三国志関連のサブカルを消費しているんだが・・・・


81:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 12:28:36 vmgJnPAZ0
>>72
一般的教育レベルな中国人よりも
日本人の方が遙かに三國志の造詣は深い


214:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 13:38:43 jR3+KxK00
>>72
中国人のほうが興味ないだろ
俺の職場の中国人もそう言ってたわ
日本人のほうが三國志詳しいってな


87:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 12:29:35 BbGFXPpx0
一番の活躍の場が負け戦という地味将軍

95:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 12:33:06 o63YjNhB0
【レス抽出】
対象スレ:【映画】”趙雲”に焦点あてたもう一つの『三国志』…ダニエル・リー監督、14日から公開[02/08]
キーワード:ドカベン

抽出レス数:0

110:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 12:41:07 WErzm58jO
戦国武将か幕末か三国志
どれか一つは語れないと男として失格
て中学生にいつも言ってる
要は光栄のゲームやれってことなんだけど

114:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 12:43:41 dG0fd8bL0
>>110
無双でいいのか?


433:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 19:59:03 RFvQVVOr0
>>110
オルドしまくっちゃよ


125:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 12:48:23 E3KT8ikp0
張遼に焦点を当てたもう一つの三国志とかやっても全然客入らないだろうな


174:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 13:12:30 x350Gvtg0
この映画は趙雲VS曹嬰(女)映画なんで、日本では受けないんでポスターから曹嬰が消えてる
きつい映画買ってきたなと
韓徳の扱いが異常で、三国志演義とは全く違う
なぜか、劉備軍を全滅させる大将軍として扱われてる
ま、正直、言っちゃうと韓国映画なんだよね、90%が韓国の会社出資
やっぱダメダメ映画になっちゃった

177:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 13:13:25 sluYOtNa0
【レス抽出】
対象スレ: 【映画】”趙雲”に焦点あてたもう一つの『三国志』…ダニエル・リー監督、14日から公開[02/08]
キーワード: 曹豹





抽出レス数:0

178:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 13:13:32 kaNtrV7t0
腐女子三国志

劉備:大らかで前向きな性格で、苦境にあっても食欲を忘れない。誰もが驚く驚異的な食欲だが、
   肥満ではない。
関羽:英明にして誠実な性格で、女性を凌ぐ美髪と顔の持ち主。それ故か極端なナルシスト。
   劉備の朗らかさに心を癒され配下となる。
張飛:物事にこだわらない性質で怪力の持ち主。関羽を慕っているため、嫉妬から劉備を虐めた
   ことがある。誤解が解けた後は一転して良き相談相手。
曹操:頭脳明晰で美人。娼館の生まれから差別を受けた過去を持つ。常に堂々としているが、劉備に
   複雑な愛憎を抱き、彼女から関羽を奪うことに執着する。男を奪う為ならば手段を選ばない。
徐庶:最年少で科挙に合格した才人。寡黙な性格故に、実年齢以上に思われることがしばしばある。
   劉備を慕っていたが、賈くの策略で曹操を抱いてしまう。後悔の念からその後自殺。

200:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 13:28:41 GNM+OsRAO
三国志ってどこまでが実話なの?
かなり昔の話だったと記憶する。
ゲームや漫画の影響でファンがいるのは分かるけど、結構創作的な部分があるんじゃね?

203:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 13:29:31 /nEaLbXT0
>>200
なんか、日本は卑弥呼がいたくらいの時代


236:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 14:04:01 GNM+OsRAO
>>203
てことは邪馬台国くらいしか記録が残ってないって事か?
超雲や馬超が人気あるのは後世で描いた創作の人物像が原因って感じだな。
日本でいう前田慶次がその典型


238:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 14:07:06 E3KT8ikp0
>>236
つうか、邪馬台国の記録が残ってるのが史書の「三国志」
古事記にも日本書紀にも、邪馬台国なんてものは載ってない




205:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 13:30:47 e1YyOlzfO
中国の全盛期って三国時代だよな

278:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 14:54:40 Fg1Eeh1s0
>>205
中国の文化・経済的な最盛期は、10〜13世紀の宋代だよ
当時の世界の人口の4分の1を占め、経済力の半分を占め、
科学技術でも最先端にあった絶頂期
今の、一般にイメージされる中国の文化の大半がこの時期に完成している

ちなみに歴史の流れも非常にドラマチックで、
中国の時代劇の元ネタも、三国志より、宋代の方がはるかに多い

三国志の時期は、中国の歴史全体から見たらかなり落ち目な時期だろ


289:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 15:07:19 Og5E7D0B0
>>278
> 三国志の時期は、中国の歴史全体から見たらかなり落ち目な時期だろ

日本史上でも独自の文化が花開いたのは江戸時代だが
ドラマになるのは混沌とした戦国時代だ。
そういうもんだろう。


233:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 14:01:05 x350Gvtg0
韓徳は今は6者会議のヒル米国務省次官補に韓国人が付けた韓国名だと
ま、関係ないんだけどね、三国志の韓徳とは
なんか扱いがいいというか、英雄になってんだよね、なんなんだろう

この映画は、マギーQが主役で、サモンハンが助演、アンディラウが引立て役みたいなノリだと思う
韓徳は韓国映画のMUSA-武士に出てた人
微妙な映画というかトンデモ映画に仕上がってしまった

243:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 14:14:02 +BPmNe7K0
>>233
仕事なの?
トンデモでないアジア映画の方が少ないと思うけど


246:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 14:18:20 U6nIWVyk0
>>1
えーーーーー
趙雲の兄貴分って劉備ちゃうんかい???

249:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 14:21:01 x350Gvtg0
女が総大将の三国志映画だから
異色といえば異色なんで、三国志としてはトンデモかと

大分前に公開された映画が今、日本に入ってきたんだよ
だからもう見た人がたくさんいると思われ
DVDでもう出てるからw

252:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 14:23:07 E3KT8ikp0
>>249
昔小説で出た反三国志なんてもうトンデモの範疇に入らないのかな
ってくらいトンデモ三国志が溢れかえってるな


276:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 14:50:13 Og5E7D0B0
>>252
反三国志には腹立ったな。
何で俺はこんなくだらないモンに銭払ってしまったのかと。


257:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 14:29:11 gB/Mfn/L0
チョウリョウのほうがドラマチックじゃね?
黄巾→呂布→曹操でしょ?あれ董卓のとこにもいたっけ?

262:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 14:37:00 E3KT8ikp0
>>257
董卓の前は丁原のところにもいた


266:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 14:40:07 d0g21dRU0
>>262>>257
基本的に呂布→曹操だけじゃね?

しかし、映画にするなら二宮の変しか無いだろjk

285:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 15:03:06 L1NUteTO0
宋代の演劇ネタというと水滸伝か
中国の隆盛期って唐とか清って漠然と思ってた


296:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 15:16:52 Zlo84dTV0
シナ人はなんでも数字は誇張するからな
数字はなんでも大きい方がいいことだ、グライに思ってる
だから赤壁も曹操が動員した兵士数とかも
本当は30万人ぐらいじゃないかという説もあるぐらいだ

301:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 15:21:39 vrWERrjl0
どうせ長坂がメインになるんだろうから、張飛にもスポット当ててやってくれよ
ところで蜀って荊州と漢中失った時点で、勝ち目ないよな 
延命が精一杯じゃね?

303:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 15:22:34 uFHSZKCO0
次は胡車児に焦点を当てたもう一つの三国志が公開予定

339:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 16:40:18 lfMiYif+O
黄 白告 とか シン昏 とかのカン官の作品は出ないのか。

342:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 16:43:05 NrhEhlov0
なんか面子が変な気がしたが、陥陣営は高順な。

三国志は7までしかやってないが、
もう11まで出てんのか。すげーな。
単一タイトルではスーマリの次ぐらいに多いか?

344:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 16:46:15 LUDHlhrJ0
>>342
もう開発自体はストップしてるらしい
顔グラの使いまわしとちょいとシステム弄って出来上がりつー感じ


346:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 16:54:32 NrhEhlov0
>>344
ほー。
同一タイトルなのに新しいことに挑戦する
飽きさせない工夫に好感を持ってたんだが。
無双が爆発的だから、あっちへシフトしてんのかね?


365:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 17:35:28 mJ+vxFFPO
気味悪い企画だなあ

それよりジュンイクやれよ、それかあの頃の曽軍参謀室の物語とかw

487:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 22:21:53 hhufgmM40
>>1
趙雲ってそんなキャラじゃ無かったような
正史だよな????

490:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 22:23:28 9w/mK1qg0
>>487
そもそも正史てなんだよ?


491:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 22:25:42 RiFLhmr+0


495:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 22:30:09 9w/mK1qg0
>>491,492
正史のキャラとか関係ないだろ。
演技は、蜀びいきだろうけど、正史がまともな歴史ってわけでもねえ。

映画なら演技でも何でも良いって思う。



501:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 22:32:25 wjUiijW80
>>495
なんか噛み合ってなくね?
正史てなんだよ→正史も知らんのか→キャラは正史じゃ無くてもいい
言葉が足らんと激しくアホに見えるぞ


493:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 22:29:07 wjUiijW80
>>490
三国無双で覚えましたか?


502:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 22:34:35 RbbE3JVX0
ゲームで三国志知った馬鹿は寝ろよ

505:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 22:37:10 9w/mK1qg0
>>502
は?単発の糞こそ寝ろよw


509:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 22:38:06 RbbE3JVX0
>>505
別にスレ全体見て書いた内容で
お前に言った訳じゃないんだが…
自覚があるわけか…


516:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 22:39:22 ysh/FsbE0
>>502
>>505
>>509
ワロスwww

530:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 22:53:49 8rbjiu2n0
史実だとほとんどいなかったに等しい人じゃなかった?

531:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 22:55:08 sffHwB270
>>530
内政能力だけはガチでしょ
それでも北伐は無理があったけど


537:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 23:18:57 M2L2VCmv0
春秋戦国時代のほうが三国志演技よりも作り話っぽいんだけどね
史実なのに
秦の時代の馬鹿の故事みたいな

552:名無しさん@恐縮です 2009/02/08(日) 23:51:57 5SmmCFep0
法正は軍事も出来たの?

570:名無しさん@恐縮です 2009/02/09(月) 00:26:17 dg+IFhAw0
そもそも、前線に借り出される武将ってのは
語弊を怖れずに言うなら「死んでもいい人」
だから、荊州に関羽と諸葛亮が残された
この2人は死んだら困る、というのが劉備の考えだったわけ

じゃあ諸葛亮が自ら北伐に遠征したのはなぜか?
もちろん人材不足ってのもあるけれど
北伐に対する並々ならぬ決意というか、
ある種の「背水の陣」的な効果を狙ってるってのもあるわな
それと、阿斗が何も考えてないから、引き止める人間がいないってのもある
劉備が存命なら、「君にもしものことがあったらこの国はどうなる」って止めたと思う




622:名無しさん@恐縮です 2009/02/09(月) 07:22:29 qRKG+mjg0
>>570
解釈に無理がありすぎw
関羽が荊州に残ったのは、単純に魏・呉に対抗できる指揮官が
誰かは残っていなきゃならなかっただけ。
諸葛亮に関しては、軍事に関しては諸葛亮は重要視されてなかっただけ。
当時は龐統が軍事に関する参謀だったからね。
だいたい関羽はともかく、特に実績も残してない当時の諸葛亮を
そこまで特別視する理由が劉備にはない。

北伐に関しては、単純に人がいなかったってだけでしょ。
法正のように、機を見て一気に漢中を落とすような戦い方ができるわけでもなく、
特別な勝算があるわけでもないのに、国力が劣る蜀が小出しに戦力を
出してくるんだから、魏(晋)にとってこれほど楽なシチュエーションはないわな。
諸葛亮の後継者もそんな最悪の戦い方を続けて、国力を損耗して蜀は滅亡。
ある意味、蜀を滅亡に導いた原因を作ったのは諸葛亮と言えるのかもしれない。


625:名無しさん@恐縮です 2009/02/09(月) 08:05:52 Q1wGxQmzO
>>622
おまえの解釈のほうが無理あるだろ
水滸伝と勘違いしてんのか?
知ったかすんな粕(゚∀゚)


629:名無しさん@恐縮です 2009/02/09(月) 10:47:59 xq0/fHTC0
>>622
つか北伐にそこまでの意味はないよ。あくまで防衛戦の一環だろ。
魏への侵攻という意味ならもっと兵站がしっかりしていないと無理だし。

蒋エンと費イはその辺わかってたけど、姜維はわかっていなかった。


630:名無しさん@恐縮です 2009/02/09(月) 10:51:32 VjFfxcqk0
>>629
紳々竜々が「姜維は今で言うとオリンピックに出て東大の出ているようなヤツやね」
と言ってたけど、それほどでも有能でもなかったんだね。


575:名無しさん@恐縮です 2009/02/09(月) 00:29:43 FZKHKGfs0
あと、5年もたてば、角川が日本人俳優で三国志つくるよ。
劉備:竹内豊
孔明:金城武
関羽:坂口憲二
飛張:朝青龍
曹操:反町隆
孫権:木村琢也

576:名無しさん@恐縮です 2009/02/09(月) 00:30:43 dg+IFhAw0
>>575
モンゴル人が混じってるが


577:名無しさん@恐縮です 2009/02/09(月) 00:34:54 txkRPUO2O
>>575
角川さんがチンギスハン作ったのは角川さんが自称チンギスハンの生まれ変わりで、
俺の前世は凄いんだぞー!ていう金のかかった宣伝映画だから

それにチンギスハンで大失敗して作れましぇん


602:名無しさん@恐縮です 2009/02/09(月) 03:12:40 MhlldlCy0
演義で止まってる人多いだろうな
戦国時代も天才軍師の例えは孔明だし

604:名無しさん@恐縮です 2009/02/09(月) 03:24:29 hq/wDN+zO
>>602
天才は賈ク


626:名無しさん@恐縮です 2009/02/09(月) 10:36:57 s5MiEuVe0
>単純に魏・呉に対抗できる指揮官が
>誰かは残っていなきゃならなかっただけ。

これのどこが「単純」なんだろう
これのどこが「だけ」なんだろう

魏・呉に荊州を奪われたら困るからこそ
もっとも信頼できる人物を置くのが当然だろ

かつて徐州時代に、張飛を残して
関羽を連れて行くという選択ミスをしてるだけに
なおさらだわな

682:名無しさん@恐縮です 2009/02/09(月) 18:18:19 9qQquWXlO
三国志に天才はいない

684:名無しさん@恐縮です 2009/02/09(月) 18:22:07 VjFfxcqk0
>>682
世界史天才500傑とかいう本に曹操・諸葛亮・司馬懿が載ってたよ。


685:名無しさん@恐縮です 2009/02/09(月) 18:25:13 STG92vTu0
>>684
諸葛亮って発明家かもしれないけど
天才軍師っていうのはいいすぎだよなぁ
殆ど負け戦だし



695:名無しさん@恐縮です 2009/02/09(月) 18:45:08 s5MiEuVe0
>>685
野村克也氏だってほとんど負け戦ばかりなのに
名監督と呼ばれてるよ


692:名無しさん@恐縮です 2009/02/09(月) 18:34:19 LN/A6Grf0
中国の天才は
韓信と管仲と商鞅と韓非で十分

711:名無しさん@恐縮です 2009/02/09(月) 20:40:25 qRKG+mjg0
>>626の言うとおりだと思うよ。普通はそう解釈するよ。
重要地に有力な将(関羽)を残すのは戦略的に当然だもの。
つまり「荊州に有力な将が必要だから残した」って極めて「単純な」話じゃない。
それを>>570の解釈からすると、諸葛亮って死んでよかったのかw


ところで>>625でなんで突然「水滸伝」って単語を出して来たんだ?
ふつーに意味がわからん。

716:名無しさん@恐縮です 2009/02/09(月) 21:14:56 s5MiEuVe0
>>711
>>570>>626は両方とも私ですが

738:名無しさん@恐縮です 2009/02/10(火) 00:03:27 ONBosaNv0
シナ人が決めた中国名将ランキング

1位 孫武
 言わずと知れた「孫子兵法」作者、中国軍事学の父
2位 呉起
 「呉子兵法」作者、戦国第一の名将
3位 李靖
 「李衛公兵法」作者、あらゆる条件下で常に勝利を手にした騎兵戦の天才、唐の世界帝国への道を切り開く
4位 韓信
 楚漢戦争における第一の名将で漢の天下を決定づける働き、古兵法の整理にも功績
5位 李世民(唐・太宗)
 唐の事実上の建国者、20代の若さで史上最速で中国を統一、2位の李靖の主君
6位 岳飛
 南宋を救った英雄なれど、悲劇的な最期を迎える、岳家軍は軍事組織として非常に優秀
7位 劉秀(後漢・光武帝)
 後漢建国者、粘り強く河北を平定した経緯を見れば、昆陽の戦いの奇跡は決して偶然にあらず
8位 曹操(魏・武帝)
 魏の事実上の建国者、「孟徳新書」作者、名将であるが戦勝と共に敗北もまた多く劉秀には劣る
9位 陳慶之
 南北朝最高の名将、七千の兵で数十万の北魏軍に挑み、連続四十七戦全勝の奇跡を演出する
10位 柴栄(後周・世宗)
 五代十国最高の英主、若死しなければ間違いなく中国を統一していた

三国志からは周瑜が17位、諸葛亮が23位、陸遜が29位

838:名無しさん@恐縮です 2009/02/10(火) 12:29:06 qDwmyfVk0
>>738
韓信の評価が低すぎる


850:名無しさん@恐縮です 2009/02/10(火) 13:46:02 WxJUTx/z0
>>738
周喩は横山三国志だとひどい扱いだよな



861:名無しさん@恐縮です 2009/02/10(火) 14:33:46 Ap4ko3Sy0
>>850
周喩なんてのは中国中央電視台制作の三国志でもそういう扱いですよ
演義では孔明暗殺計画(小心者)というレッテルがついてるからね


849:名無しさん@恐縮です 2009/02/10(火) 13:37:59 65H3yVuL0
>>838
低くないじゃん。
孫・呉の兵法って言うくらだから上の二人はちょっと別枠って考えれば、
韓信か李靖 の実質二択。

だいたいこの二人のどっちかが最強。




744:名無しさん@恐縮です 2009/02/10(火) 00:18:27 lQUc82hn0
三国志の話にまったくついていけないけど、知識ゼロ
どっから読み(見)はじめたらいい?

750:名無しさん@恐縮です 2009/02/10(火) 00:20:26 i8X5Kb1A0
>>744
とりあえず横山光輝が入りやすいかな
もしお金と見る時間があればNHK人形劇三国志のDVDを全巻


756:名無しさん@恐縮です 2009/02/10(火) 00:24:52 lQUc82hn0
>>750
それようつべで確認したが、子供の頃偶然チャンネルあわせて見てた!w
人形が怖かった思い出が強烈に残ってる


760:名無しさん@恐縮です 2009/02/10(火) 00:29:51 i8X5Kb1A0
>>756
えっと、横山か人形劇かどっちの話?
横山はアニメもあるの忘れてたww



764:名無しさん@恐縮です 2009/02/10(火) 00:38:40 8AriN5FKO
1番波乱の生涯を送ったのは誰だろう?廖化?張遼?韓遂?

770:名無しさん@恐縮です 2009/02/10(火) 01:10:41 CjbiHGsw0
>>764
劉備じゃないかな。
貧しい家庭から身を起こし、流転しまくって皇帝にまでのし上がったのだから。


797:名無しさん@恐縮です 2009/02/10(火) 05:32:54 heQ55crbO
三國無双の趙雲よりも横山大先生の描く趙雲の方が男前だと思うのですが、、

そんな私の一目惚れして付き合った彼氏は、純日本人なのに思いっきりあちらの国の顔です。

好きな有名人は阪神の金本選手です。

ってやっぱり好みおかしいのかな(;´Д`)

869:名無しさん@恐縮です 2009/02/10(火) 14:59:03 hNLRqt80O
つーか三国志最強の将軍って

間違いなくシバイだよな

873:名無しさん@恐縮です 2009/02/10(火) 15:10:35 WxJUTx/z0
>>869
総合的に考えて郭に一票


878:名無しさん@恐縮です 2009/02/10(火) 15:26:43 GRNSl8boO
三国志デビューするには漫画は誰の何て作品よんだほうがいい?横山?



posted by 2chダイジェスト at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケ/JBL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセスランキング ブログパーツ