2009年07月08日

【話題】アポロ11号月面着陸から40周年 テレビや映画で「宇宙もの」が大はやり [07/03]:

1: @銀河φ ★ 2009/07/03(金) 17:34:18 ???0
◆テレビ・映画は上昇志向?

 7月20日はアポロ11号が人類初の月面着陸を成し遂げてから40年。
この記念日を中心に、CS放送などで宇宙開発に関連した番組が相次いで放送される。
今年はほかにもガリレオ・ガリレイが望遠鏡で初めて宇宙を眺めてから400年となるの
を記念した「世界天文年」でもあり、さらに今月22日には46年ぶりに国内で皆既日食を
観測することができるとあって、「宇宙」に対する大きな盛り上がりを見せている。テレビ
や映画などメディアでも宇宙が大はやりだ。

 CS放送のスター・チャンネルでは、米俳優のトム・ハンクス製作総指揮でアポロ計画の
全貌(ぜんぼう)を描いたミニドラマシリーズ「フロム・ジ・アース/人類、月に立つ」全12話
を5日から放送する。ハンクスはこの番組でナビゲーターも務める。ほかにもNASA(米航
空宇宙局)エンジニアの青春の日々を描いた感動作「遠い空の向こうに」など、8月9日まで
に宇宙に関連した14作品を連続放送する。

 同じくCS放送のザ・シネマでは今月20日、「24時間SF DAY」と銘打って、「スターゲイト」
「フラッシュ・ゴードン」「カプリコン・1」など全9本のSF映画を丸1日放送する。両チャンネル
を持つ東北新社放送事業本部では、「オリジナルの特別番組も放送するなど、20世紀の人
類最大の功績の一つといわれている月面着陸の偉業を、さまざまな面から迫る企画になって
います」と説明する。

>>2以降へ続く)

◆画像:エミー賞にも輝いた傑作ミニドラマシリーズ「フロム・ジ・アース/人類、月に立つ」
http://sankei.jp.msn.com/photos/entertainments/entertainers/090703/tnr0907030753003-p1.jpg

■引用元:MSN産経ニュース 2009.7.3 07:51
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090703/tnr0907030753003-n1.htm


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【話題】アポロ11号月面着陸から40周年 テレビや映画で「宇宙もの」が大はやり [07/03]:

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 「宇宙もの」盛り上がり アポロ11号月面着陸から40周年

Wikipedia 【 宇宙


▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 100(718中) 】


2: @銀河φ ★ 2009/07/03(金) 17:34:28 ???0
>>1の続き)

 劇場映画では「宇宙(そら)へ。」が8月21日から公開される。英BBCが保存する膨大な映
像に新たに撮影した分を加えて、NASA50年の記録作品に仕上がっている。変わったところ
では、神秘の鳥といわれるフラミンゴの命のドラマに隠された地球の秘密に迫る感動のドキュ
メンタリー映画「ディズニーネイチャー」も8月下旬に全国公開される。

 一方、NHKでは今月22日に「生中継 46年ぶりの皆既日食」を放送する。今世紀最長とい
われる皆既日食を、太平洋上や鹿児島県硫黄島からハイビジョンで生中継。約半世紀ぶりの
天体ショーの全容を伝える。(松本明子)

■STAR CHANNEL スター・チャンネル
http://www.star-ch.jp/

■映画と暮らそう ザ・シネマ
http://www.thecinema.jp/special/

■宇宙へ。 - オフィシャルサイト
http://www.we-love-space.jp/

3:名無しさん@恐縮です 2009/07/03(金) 17:34:29 +LBJRIl20
俺が>>2だったら記者失格


167:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 18:12:54 3BRVCaLe0
>>2

?フラミンゴが何の関係があるの?


6: 2009/07/03(金) 17:35:11 NTvzLvez0
>>3
セーフ!


9:名無しさん@恐縮です 2009/07/03(金) 17:38:01 ZqRL9bGQ0
>>1
地上波でやったことあるやつばっかりだな

13:名無しさん@恐縮です 2009/07/03(金) 17:40:05 VpVowjKY0
つーかアポロは本当は月になんて行ってないし

15:名無しさん@恐縮です 2009/07/03(金) 17:41:42 Ei7vS1a70
先ごろ打ち上げられたアメリカの月探査機LROも画像を送り始めてきた。
アポロの着陸船の台座が月面に鎮座している画像を見られる日も近い。

19:名無しさん@恐縮です 2009/07/03(金) 17:43:36 tMs1yV4j0
え?あれ実際に月面に着陸したなんて皆信じてるの(´Д`lll)?
まさかなwwww

ソースはカプリコン1

26:名無しさん@恐縮です 2009/07/03(金) 17:49:06 Qj18ugFc0
月探査衛生かぐやが、アポロ計画の残骸を映してくれないかなと思ってたが
衛生軌道からそれを映すなんて、スパイ衛生並のカメラ搭載してないと無理だった
次に同じようなことしたときには実現してほしいけどね

28:名無しさん@恐縮です 2009/07/03(金) 17:52:00 7Iy5FcPZ0
宇宙開発競争でソ連に負けたくなかったアメリカ政府のでっちあげ

35:名無しさん@恐縮です 2009/07/03(金) 18:05:58 +gxU0M4J0
宇宙で書けるボールペン欲すぃ

40:名無しさん@恐縮です 2009/07/03(金) 18:13:45 qoxMMOtK0
40年前って洋服ダンスほどもある真空管のコンピュータ
が電卓程度の計算しかできないのに軌道を計算したり
リアルタイムにロケットの姿勢制御したりしてたんだよな

60:名無しさん@恐縮です 2009/07/03(金) 20:33:39 9Tw1rH+GO
今だに『月面着陸は嘘』と信じてるトンデモ君っているのかね?


62:名無しさん@恐縮です 2009/07/03(金) 20:52:32 8iDthem30
もうあれから40年経つのか、どのチャンネル回しても月面着陸の映像ばかりで
おいどんはNHK教育を見ていた。そのNHK教育も昭和天皇崩御のときはそれ
関連の番組やってたな。残念だった。

65:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 03:46:46 S4G3pY7P0
コロリョフとフォン・ブラウンのドキュメンタリードラマが
もう一度見たい

67:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 03:49:12 fzHfxNsP0
宇宙、それは最後のフロンティア

70:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 04:49:13 nN/c78u50
笑われるのを覚悟でいうが、絶対にアポロ11号は月面着陸なんかしてない。
あれは米ソで仕組んだ芝居。当時の世界情勢を調べればそうとしか思えない。

72:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 05:17:26 OZeDssvV0

-月面着陸の疑惑の理由-

@アポロミッションが行われていた当時は太陽活動が極大期だった
A太陽活動極大期には規模の大小はあれフレアが頻繁に発生する
B太陽フレアが発生すると放射線量は通常の100〜10000倍にもなる
C月面でこれらの太陽放射線を遮蔽するには月の砂を5メートルもの厚さに積み上げるほどの遮蔽材が必要だ
D地球磁力線の外側へ行ったアポロの放射線被ばく量が地球磁力線の内側、高度200km〜400kmを飛行する
 スペースシャトルやスカイラブと大差無いのはなぜか
 (実は地球磁力線の内帯あたりの軌道をぐるぐる周っていただけなのではないか)
Eバンアレン帯通過時に宇宙機に当って発生する2次中性子の被ばくの問題が最近議論されているようだが、
 アポロでこの問題はクリアされているはずなのになぜ今ごろこのような議論が起るのか
 (アポロミッションで行った適切な対策を施せば障害にはならないのだからそれを流用すればいいのではないか)
F太陽メカニズムについては現代科学においても未解明な部分が多く、太陽フレア以外にも高温プラズマが太陽系
 空間へ噴出するコロナ質量放出 (CME) と呼ばれる現象がしばしば観測されている。
 太陽フレアが発生すると放射線量は通常の100〜10000倍にもなる。
 月面でこれらの太陽放射線を遮蔽するには
 月の砂を5メートルもの厚さに積み上げるほどの遮蔽材が必要となる。
 太陽活動が極大期(活発な時)だったにもかかわらず、
 アポロ宇宙船や宇宙服には、
 これほどの放射線を防ぐ装備は施されていないことが判明している。
 小規模フレア一発で、
 月面作業中の宇宙飛行士は逃げる間もなく黒こげになることになる。

76:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 05:51:47 ByEo8wh5O
ほんとに40年前に月面着陸しているなら

今頃月面着陸なんて楽勝と思われ

それ以来どの国も試みてないのは

それなりの理由があるからっしょ

79:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 06:40:06 r1me32Gz0
>>1-2
あのー、予定では今ごろ火星に移住して、
地球との間で、シャトル(銀色のペンシルロケット型)が飛び交っているはずなんですが。

月と地球との間には、パン・アメリカン航空のシャトルが行き来して、
座席の前にはワイド画面のテレビが見られ…あっ、ハイビジョンテレビだけは実現しましたね。

ちなみに地球の地下には、巨大なビルのようなコンピューター(IBM製)が設置され、
そこから世界各地の端末に情報が送られて…あれ、これもなんか違うぞ (:D)| ̄|_

83:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 13:59:43 /4UhKLkm0
やらせ番組とか抜きにして本当に月には上陸してないけどな
今でも無理なのに あんなむかしに行ける訳がない

94:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 14:50:58 3pKAqIxb0
目に見える所でスペースシャトルが大爆発する程度の成功率なんだから
その20年前に月に着陸なんて、スタジオ撮影でもない限り千%無理

109:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 15:13:23 OZeDssvV0
-月面着陸の疑惑の理由-

@空気の無い月面で旗がなびく。
A光源は1つなのに影の向きが違う。
B逆光の中で、ハッキリ写っている。
C月面の動きは、スロー再生?
D写真は全て合成?
E違う場所なのに、背景が同じ!?
Fロケットのエンジン音が聞こえない!?
G度重なるテスト着陸の失敗!?
H宇宙服のなぞ!?
I宇宙飛行士の謎の死!?
...@月面に立てられたアメリカ国旗が、空気がない場所であり風が無いはずなのに、風を受けているかのように、なびいている。
...A光源は太陽しかないのに、同一平面傾斜上にあると思われる被写体の影の方向が違う!のである。
...B着陸船の影となっているところにいる飛行士が、はっきりと写っていることの不思議。
...C重力の影響で、スローモーションな動作に見える映像を、2倍速でみると、ちょうど地球上での動きと同じにみえる。
...Dカメラの真中にある十字マークが被写体のうしろにあるのは何故?
...E月面上で4km離れている、とされている2枚の写真の背景が同じ! ちなみに月の地平線は約2K強である
...F着陸中の飛行士の声が鮮明に聞こえるが、船内であってもかなりの騒音であるはずの、エンジン音が何故聞こえないの?
...Gにもかかわらず、ぶっつけ本番で着陸できたという不思議。
...H太陽フレアが発生すると放射線量は通常の100〜10000倍にもなる月面でこれらの太陽放射線を遮蔽するには月の砂を5メートルもの厚さに積み上げるほどの遮蔽材が必要
...INASAへの批判的な人は、ことごとくナゾの死をとげている。また、アポロの安全審査士であった人も、家族ともども事故死しており、彼がまとめた500ページにわたるレポートも見つかっていないそうである。

115:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 15:22:59 FIf8ucDx0
ソ連に勝つためだったら、いくらでも特撮用の予算は出ただろ

119:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 15:30:24 RadfRpm60
まことしやかにUFOとかネッシーとか言われてた時代ですよ
アメリカの宇宙船が月に着陸したぐらいの愛嬌は別にいいじゃないですか

136:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 16:34:35 3pKAqIxb0
不可思議な写真:月面に3人宇宙飛行士が存在する?!
http://dateiwao.fc2web.com/alsj.j


下の写真はNASAのAS12 - 49-7278で上の写真と酷似の写真。
これがオリジナルの写真でそれが操作され、
バイザーの中にもう一人の宇宙飛行士を追加描写したのか?
(それとも逆に上の写真から宇宙飛行士の部分が削除されたのか?真偽不明である。)
http://dateiwao.fc2web.com/as12-49-7278.j

140:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 17:13:04 j0UV26Ld0
もし捏造だとしたらアポロのサターンロケットの打ち上げの映像で
表面に貼り付いた氷片がパラパラ落ちてくるところとか
宇宙で使い終わった下段ロケットを遺棄するところとか
誰が特撮の監督(もしかしてダグラス・トランブルかw)でどうやって撮影したのか是非知りたい。
素晴らしい特殊撮影だ。もし捏造なら。

145:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 17:34:18 ZG9xHmM1O
少しでも疑惑があるなら
当時のソ連が真っ先に食い掛かってくるはずだが
宇宙開発に関して世界一進んでたソ連の技術者から異論がでなかったのに
CG映画しか知らないド素人が何を言っても


151:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 17:45:53 Vonw8pLC0
1969年当時のコンピュータで複雑な軌道計算をリアルタイムで
行い、なおかつ姿勢制御して大気圏に再突入するなどできっこないのはガチ

でも月に行ったって事でいいよ、夢(笑)があるじゃない


155:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 17:51:41 0S1FGR4g0
アポロ11号は月へいって帰ってくるだけの燃料を積んでいなかった
大気圏を脱出したあと、13日間軌道上をグルグルと周り、そのあとひそかに
太平洋上に着水し宇宙飛行士はNASAの基地にこっそり隠れていたのである

173:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 18:19:28 7+iSDdqn0
アポロ11号月面着陸の時は10年後には宇宙旅行ど言われていたのに
いつまで待たせるんだよ

174:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 18:22:15 bNG6gHPb0
月面写真で宇宙飛行士がぶら下げてるカメラなんだけど、ハッセルなんとか、、
まったく保護カバー無いよね。太陽光にさらされて、超高熱の月面上だし、カメラは破裂するはずだと、
専門家は言っていたよ。捏造にしてもお粗末すぎるんだってさ。ドジな事をしたもんだってさ


175:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 18:25:14 SEKKolxC0
アポロ計画DVD-BOXの映像特典にアポロ月着陸NG集が入ってたよ
頭を下げたときに宇宙服の頭が落ちたり、ハエがアポロに止まったりしてたな

183:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 18:39:43 datAnrB/0
まだアメリカの嘘を信じてる奴がいるのか?
未開の土人じゃないんだからよせよ恥ずかしい

プーチンだって、人類は月に行ってない、
ロシアの宇宙飛行士の間じゃ常識だって認めたんだぞ

あんなお行儀のよい着陸、当時の技術じゃ無理なんだよ

185:名無しさん@恐縮です 2009/07/04(土) 18:49:30 OZeDssvV0
ヴァンアレン帯に”長時間”滞留すると死にますが
 アポロは短時間で通り抜けます(1時間以内)これは実質的に無害だと
 某機関・某政府はのたまっていますが
 同時期のソ連は、
 この放射能帯を越えることは当時の技術では不可能と発表し
 有人飛行計画を断念しています

バンアレン帯通過時や銀河宇宙線が宇宙船にあたって発生する
 2次中性子の被ばくも問題とならなかったということだが、
 中性子はご存知のとおり遮蔽は非常にやっかいなもの
 α線やβ線は紙や金属板のようなものでも遮蔽できるが、
 中性子を遮蔽しようと思ったら鉛や鉄で高速中性子を減速し、水で熱中性子を遮蔽するか、
 金属だけで遮蔽するのであればボロンやカドミウムのような
 中性子と反応しやすい鉄鋼材料を使うなどしなくてはいけないだろう。
 アポロ宇宙船に使用されたせいぜい10mm程度のアルミ板では1%くらいの遮蔽しかできない

★アポロ宇宙船の壁面素材
 ◆司令船(CM:Command Module)は、外壁とそのなかの居住区画の二重構造をしている。 外壁である
  ヒートシールドはステンレスのハニカム構造をステンレスで挟んだ物で、太陽の熱と大気圏突入時
  の熱から船内を守る。 この外壁の厚さは2.5インチ(6.35cm)から0.5インチ(1.27cm)である。 この
  内側の居住区は、アルミ合金で挟まれたアルミのハニカム構造で作られている。 このアルミ缶の
  壁の厚さは1.5インチ(3.81cm)から1/4インチ(6.35mm)である。 外壁と居住区の間には、一部繊維質
  の断熱材が詰められている。 さらに司令船の表面には、強化プラスチックの一種、溶融性のある
  エポキシ・フェノール樹脂がコーティングされており、 大気圏再突入時に溶け去ることにより摩擦
  熱を奪う。 このコーティングの厚さは、底面で2インチ(5.08cm)、それ以外の部分で0.5インチ
  (1.27cm)であり、その重量は3000lb(1362kg)にもなる。 この上に銀色のマイラー製の耐熱コーティン
  グが施されており、機体はアルミ箔に包まれたように輝いている。


200:名無しさん@恐縮です 2009/07/05(日) 08:03:34 40Ompxxi0
S「ほんとに常識なんですか」
A「みんな知ってるよ、宇宙飛行士なら。だから、プーチンがああ言ったのも、とくに『報復』を意図したものじゃなくて、ただ口が滑っただけかもしれない」
S「いつからご存知なんですか」
A「ロシアで宇宙飛行士の訓練を受けてるときに知った。訓練を始めて5〜6か月後かな」
S「訓練を受ける前は知らなかった?」
A「そうだ。私も『月面着陸神話』を信じ切ってた(笑)」
S「タブーじゃないんですか、『神話』をこわすのは?」
A「表向きはタブーだ。でも、この虚構を理解できないやつは宇宙飛行士じゃない」
S「ロシア人宇宙飛行士から聞いたんですか」
A「そうだ」

201:名無しさん@恐縮です 2009/07/05(日) 08:05:57 40Ompxxi0
S「どんなふうに」
A「訓練は宇宙飛行そのものにかかわるものと、ロシア語会話とが平行して進められる。初めは私はロシア語がぜんぜんわからないから、
 同僚の宇宙飛行士たちとも通訳を通してしか話せないし、通訳はタテマエしか訳さない。でも、そのうちロシア語が上達して来ると、
 冗談とかプライベートな会話とかも直接可能になって来る」
S「じゃあ、最初はジョークとして聞いたんですか」
A「いや。真顔で質問した(笑)。飛行計画全体を話していたときだ。当初、通訳からは、宇宙飛行を終えたロケットのカプセルは
 ロシアの大地に『着陸』すると聞かされていた。米国は海洋国家なので『着水』だが、広大な国土を持つロシア(ソ連)の場合、
 機密保持の意味もあって、カプセルは自国領内に着陸させて回収するというわけだ」
S「理にかなってますね」
A「でも、広大な国土のどこに落ちるかわからないから銃を持って行く、銃の使い方も訓練する、と聞いておかしいと思い始めた。
 『カプセルは地上のクルーに何日も発見されない場合がある。その場合、
 狼や熊が襲って来ることがあるから、それを追い払う銃が要る』というのだが、なんかおかしい」
S「なぜ」
A「月に宇宙船を着陸させるほどの技術を持つ国が、なんで地球上で予定どおりの地点にカプセルを着陸させられないんだ?
 『広大な国土のどこかに着陸』というと一見、機密保持に気を配っているようだが、要するに、上から乱暴に『投げ落とす』ってことだろ?
 その程度の技術しかないのかってことになる」
S「それは地上での話ですよね」
A「もちろんそうだが、地上でできないことは月面上でもできない」
S「そうとは限らないでしょう」
A「いや、待ってくれ。重要なのは、SF映画に出て来るような上品な着陸方法は、ロシアでも米国でも絶対にできないってことなんだ」
S「上品な着陸?」
A「お尻を地面に向けて、エンジンの噴射を少しずつ弱くしながら垂直に降りて来る」
S「ああ、わかります。『サンダーバード』の1号も3号もそうやって戻って来ますね」
A「そんなの、地球上のどこでも実現してない。アポロ計画でも10号まではぜんぜんやってない。
 なのに、11号になると急に、月着陸船が垂直噴射しながら月面に降りたことになってる」

202:名無しさん@恐縮です 2009/07/05(日) 08:08:39 40Ompxxi0
S「でも、月面上は重力が地球上の1/6だから可能だ、とNASA(米航空宇宙局)は説明してるようですが」
A「重力が弱くても、空気がないから」
S「空気?」
A「月面では空気抵抗がない。だからパラシュートは使えない」
S「でも、とにかく重力が1/6だから、って、日本の宇宙開発関係筋も説明してますよ」
A「百歩譲って理論上可能だとしよう。でも、事前に実験してないよね」
S「え? いや、あの11号の着陸自体が実験みたいなものでしょう?」
A「ぶっつけ本番?」
S「ええ」
A「有人飛行で?」
S「有人?」
「ロシア(ソ連)のルナ2号は無人宇宙船だったから、軟着陸に失敗して月面に激突してもどうってことなかった」
S「激突したんですか」
A「もちろんだ。ロシア人の宇宙飛行士はみんな苦笑しながら認めたよ」
S「じゃあ、失敗なんですか」

203:名無しさん@恐縮です 2009/07/05(日) 08:11:41 40Ompxxi0
A「無人だから軟着陸できなくても人は死なないし、とにかくロシアが先に宇宙船を月に到達させたという実績は残る。だから失敗じゃない。
 でも、米国の場合は有人飛行だから、失敗して激突すれば宇宙飛行士が死んで、米国の威信は地に落ちる……というか、月に落ちる(笑)。
 そんな危険なことを、事前に予行演習もせずにやれるかね?」
S「しかも世界中で生中継してますからね」
A「そうだよ。地球上でも月面上でも一度も成功していないアポロの『お尻噴射型』垂直着陸を、
 人を乗せて、ぶっつけ本番で国家の威信を賭けて、全世界に生中継しながらやったんだ。
 もし失敗して宇宙飛行士が死んだら、全世界に『死んだ』というニュースが流れる。
 イチかバチかの大ばくちだ。会社の経営なら(当時のNASA幹部は)背任罪じゃないの?」
S「なるほど。そう考えるとありえないですね」
A「ありえないよ、絶対に、国家の威信を賭ける場面では」
S「でも、なんでソ連はいままで黙ってたんですか。アポロ11号の『成功』直後に『できっこない』って言えば……」
A「そんなこと言って、だれが信じる?」
S「信じるでしょ、みんな?」
A「ロシアの言うことなんて西側のマスコミは信じないよ、とくに当時はソ連だったから」
S「でも、米国の言ってることを『科学的に不可能』って証明することはできますよね」
A「一般大衆は専門知識がない」
S「西側の科学者にはあります」
A「当時のソ連には言論の自由も学問の自由もなかった。国営放送は大凶作でも『豊作』って報道するし、
 学者も……たとえばルイセンコなんていうヘンな学者が独裁者スターリンを後ろ盾にしてデタラメな遺伝学を唱えたりしてた。
 ソ連は国内的にも対外的にもウソをつき続けてたんだ、『社会主義体制のもとで、人民はみんな幸せ』ってね」

204:名無しさん@恐縮です 2009/07/05(日) 08:13:57 40Ompxxi0
S「結局、米国にとってのアポロ計画って、なんだったんでしょう」
A「韓国にとっての(02年の)W杯サッカーと同じだよ。国家の威信、というか体面を守るためのイベントだね」
S「アポロ計画自体はウソじゃないですよね」
A「もちろんロケットはちゃんと打ち上げられてる。でも、月には行かないで、地球のまわりをグルグルまわってただけだ」
S「じゃあ、無人宇宙船を月に送ることも……」
A「米国はできてないね、ソ連はできたけど。いや、米国も、アポロじゃなくて、サーベイヤー2号(66年)は月に送り込んでる。
 もちろん着陸じゃなくて激突だけど。でも、結局ソ連(59年のルナ2号)のあとだからさ。
 米国は威信を賭けて何がなんでも『人類月に立つ』っていう『史上初』の派手なイベントをやる必要があった。
 場所が場所だけに、ジャーナリストが『裏付け取材』をすることはできないし、
 キューブリック(68年に『2001年宇宙の旅』を監督)に頼んだかどうかはともかく、
 あんな不鮮明なTV画像ぐらい、どこの映画スタジオでも作れるだろ」
S「キューブリックはあのあと、米国を離れて英国でひきこもりをやりますよね。
 もしかすると、国家的機密にかかわってたから、米国人との接触を避けたかったのでしょうか」
A「彼のことはよく知らないが、アポロ計画にかかわった宇宙飛行士のなかに、
 地球に戻ったあとヘンな行動をとるやつが多いのは確かだ。
 急に宗教に目覚めて伝道師になったり、政治家になったり……
 NASAの中でじっとしてると、何かまずい雰囲気だったんじゃないか」

220:名無しさん@恐縮です 2009/07/05(日) 15:53:11 r9fXP7310
40周年を記にもう一度月へ行って来い。予算はいくら使っても全世界が許す。
バンアレン帯はどうやって通過するのか。宇宙空間は放射線であふれてるのに、それをどうやって遮断するのか。

アポロ計画の時期は太陽フレアが活発な時期だったが、そのような太陽の活動をどうやって予測するのか。
±200℃の温度差に耐えるカメラとフィルムが開発できるのならぜひそれを市販してほしい>ハッセルブラッド社。

225:名無しさん@恐縮です 2009/07/05(日) 17:26:45 IsSV6OWrO
40年前に月面着陸したのにその後さしたる進歩なし
画期的な偉業だったのか世紀のやらせだったのか…

227:名無しさん@恐縮です 2009/07/05(日) 18:20:11 D9n7EgTo0
>225
月面着陸は探検。その後は宇宙ステーションでの長期滞在という方向にベクトルが変わったんだよ。
ただスペースシャトルも最初コスト削減目的で作ったのに、再飛行の修理調整代が使い捨て型ロケット
よりも高くつく金食い虫だとわかったから来年で引退のはず。

あと5年ぐらいでアメリカや中国やインドが友人月探査を行うし、月面基地がたくさん出来そうだ。

250:名無しさん@恐縮です 2009/07/05(日) 21:38:57 D5Lhl/oI0
40年も経ってるのにその後一度も人類の月面着陸が無いってのはおかしくね?
特撮だろ?あれ

252:名無しさん@恐縮です 2009/07/05(日) 21:52:55 IDo82zy2O
当時の映画を見れば分かると思いますが、あの当時でも特撮の技術はなかなかのもんですよね
なぜ現在、航空技術や宇宙技術が格段に向上しているのに月へ行かないのか皆さん知っていますか








人は月には行けないからです

257:名無しさん@恐縮です 2009/07/05(日) 22:03:09 tosLFdWDO
捏造なら当時のソ連が喜んで食い付いて大規模なネガキャンしそうだけどそこら辺はどうなの?

277:名無しさん@恐縮です 2009/07/05(日) 22:41:15 40Ompxxi0
・ソ連が黙っていない?
 ⇒ソ連の無人着陸機ルノホートも真っ赤なデタラメ。
  当時冷戦で、超大国同士でたぬきの化かし合いばっかやってたから
  ヘタに突っ込むとやぶ蛇で、墓穴掘ることになりかねないから
  双方がお互いに黙ってただけのこと。


284:名無しさん@恐縮です 2009/07/05(日) 22:45:32 D6o+qDqt0
月面着陸の技術はソ連が一歩リードしていたんだよな。負けじとケネディが
無理に推し進めたプロジェクトで、アメリカが先に成功したわけだが・・・・

291:名無しさん@恐縮です 2009/07/05(日) 22:56:34 Mn3kUhPo0
スタジオ撮影とか馬鹿じゃねえの。
当時の映画「猿の惑星」「2001年宇宙の旅」「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」を借りて観ろ。
「昔の映画はCGがショボい」とかほざいてろ。

317:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 00:03:28 cd0S1ka5O
つうかさ、あれ以降月面着陸ってしてないよな?
一回だけだよな。

319:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 00:07:29 jdwEgPyO0
ロシアのプーチン大統領が語った

「アポロ11号月面着陸の虚構」は宇宙飛行士のあいだでは常識だ。

http://www.asyura2.com/0502/bd39/msg/332.html


321:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 00:09:55 vZRwOeGA0
捏造論者は、アポロ11号だけが有人月面着陸したと思ってる本物の馬鹿が多いよね
合計6回もやってるのに

323:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 00:12:45 NLdAo5SF0
ロシア →大統領が、月面着陸が捏造であったことを公言
イラン →国営テレビが、捏造であったことを放送
日本 →世界の北野たけしが、捏造であったことを放送

アメリカ →未だに月面着陸が捏造であったことを認めない


    アメリカm9(^Д^)プギャー


329:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 00:21:05 /PQfM4f/0
たしかにおれもアポロ月着陸は捏造だとおもう。



むしろ映画『2001年宇宙の旅』こそが実写だと思うんだ。
だってあの映画が製作された1965年にあれほどの特撮の技術が
あったとは思えない。さくっと木星まで行って撮ったほうが楽だって絶対。

334:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 01:17:11 1kLw6IV20
月に、レーザーの反射板みたいなヤツを置いていったのは、アポロ11号?

けっこう各国で反射板を使った観測、研究をしていたって聞いたけど、それもウソ?

少なくとも、11号の月面着陸の映像に疑惑があるにせよ、
15号とか、他のロケットでは月面着陸しているでしょ。 石だって大量に持って帰ってきてるし。

350:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 02:53:51 zxp/WngLO
今までアポロ捏造説を本気で信じてる人に一人だけ会ったことがある
頭が悪くてアニヲタでテレビ大好きな痛い女だった

357:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 03:24:58 e2kOCncN0
あのとき実際行っていたなら、もう月面基地なんてあっても
不思議は無いんだが。
まだ地球周回軌道上のステーションだよね。


362:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 04:13:42 jdzJ3g410
21世紀は夏は火星にバカンスという時代に
なると信じていたこともありました
自分の生きているうちに火星にすら行けそうにない
と思うとくやしいなあ

375:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 07:23:51 ONY39sMMO
月に行ってない決定的な証拠がある。
物理学者なら普通に気づくレベルの証拠。

382:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 08:26:31 AowH07230
>380
これをどうやって地球の重力下で撮影したのか
ttp://www.youtube.com/watch?v=5v50D1TsSaQ


389:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 10:46:27 ufedOR3e0
 ・バンアレン帯を無事に突破(しかも往復だから2回も!)する技術は無かった。
 ・月面の反射鏡は無人探査機が置いてくることもできる。
 ・いくら「冷戦終結」「(資源等の理由で)月に行く意味が無い」とはいっても、
  40年経ったにしては進歩無さ杉。

↑あたりが引っ掛かるって感じですかね?


395:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 12:50:58 gshynd0C0
バンアレン帯外の宇宙線をアルミホイル並に薄い着陸船の壁で防ぐ技術は素晴らしいなぁ〜
NASAがその技術、素材を公開してれば、チェルノブイリなどの原発事故で大勢死なずに済んだのになぁ〜
つまり、捏造じゃなければNASAは、原発事故の後処理をした勇者達を見殺しにしたのかぁ〜


409:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 16:14:33 YhXci6fu0
大槻教授が月面着陸を否定してたっけ?w それがほんとならボケちゃったのかなぁ。

418:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 17:06:18 5dePgzZtO
当時の国産情勢考えたら、
捏造説が信憑性おびるな。

425:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 17:35:08 WuKbkACq0
もし月面着陸できたとしてもそこからまた飛び立つのは無理

430:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 17:55:28 yJhzyhuU0
着陸船のスペックみてみた。

上昇段
* 重量(燃料搭載時):4,670kg
* 上昇用エンジン:推力15.6kN×1基
* エンジン推力-重量比:0.34(地球上)、2.06(月面上)

楽勝な件

432:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 17:57:46 blYaZEH50
月面に最初に立つのは支那人だと言いたいID:XG2WsmhTO

436:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 18:08:05 Guc1LdGv0
しかしあの40年前の宇宙服をみるとろくに着陸ができるとも思えないんだけども。
月での着陸は有意義なんだから、金かかってもまた人乗せていくべきだね。

439:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 18:16:40 y88N8Mcr0
真空管を使ってた遙か昔の時代に月まで行けたならさあ、
今頃は月面ツアーが商売として成立してるはずだよ。
やっぱ人類の月面着陸インチキだね。


455:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 18:51:41 OrDA3rIC0
いつもこの手の話は肯定してる奴がアタマ悪すぎてな
技術の伝承が失われたとか
何も当時と全く同じ装備で行けとか言ってないだろと

471:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 20:03:17 RguiIHye0
煽りあいはつまんねーぞー。
ちゃんと議論しよーぜw

捏造厨は根拠を示せよ。人格攻撃ばっかしてないで。

473:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 20:11:34 5dePgzZtO
月着陸船が月の引力圏を脱出して、月の周回軌道にのってる母船とドッキングするんだが、
どいやって制御してズレやスピードをコントロールできたんだろう?

481:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 20:50:16 sk27vOsS0
捏造だとは疑った事はなかったけど、宇宙大作戦(スタートレック)が
作られたのがアポロ11号と同時期だと知るとまさかね?とは思う。

483:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 21:00:53 VTWFUplL0
アポロ11号が観測した月面の地表の様子と
かぐやが観測したデータが完全に一致してるから
アポロは月面には着陸してるんだろ

489:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 22:28:05 rAK86Oj80
アポロ13号を除いた11号〜17号までの月面着陸を信じていないやつらは次の本を読め!!!!!
http://www.villagebooks.co.jp/search/index.php
この本で、11号で月面着陸した宇宙飛行士、バズ・オルドリンが、日本のテレビ局が
「アポロは月に行っていないのか、としつこく聞いてくる」と怒っていた、という
事が書かれている。
この本を読んでから、頭を「科学的に」して、アポロの事を論じましょう!!!!!!

491:名無しさん@恐縮です 2009/07/06(月) 22:37:06 SVivE0spO
捏造だと知っているけど心霊・宇宙人などの特番はなぜか見てしまう。


507:名無しさん@恐縮です名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 00:23:07 OHH9BhgO0
地球から発射される時は多人数のスタッフで仰々しいが
月面から飛び立つ時は2、3人でお気軽なもんだわ

518:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 01:03:18 bf9ZncBv0
月が資源豊富だったらおもしろかったのに、たんなる石の惑星だもんな。金とかダイヤとれれば
夢があったのにな。月でしかとれない未知の鉱石とか。たんに行けました、万歳!だと
一回やればそれでいいもんな

521:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 01:10:02 /iZ9ZO3Y0
アメリカが本気出すとすれば、中国が有人月面着陸して、領土宣言するとか
そういう政治的な動機が必要だろう

今のNASAの予算はアポロ計画の当時と比較して10分の1程度しかもらえてないんだもん
行けるわけない


524:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 01:23:59 hOlXsM+h0
宇宙大怪獣ギララでは月面基地で檜風呂に入ってたのに。
なかなか現実は追いつかないもんだ。

527:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 01:54:24 4q+L5bVtO
つうか、あんなんで月面着陸なんて出来ないし行けやしない〜
マジで月に行ってたら、すでに何回も行ってるだろうし、13号でトラブルなんぞ起こりはせんと思うがね…

529:名無しさん@恐縮です名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 02:09:27 OHH9BhgO0
月面への着陸の方法に無理がある
あの態勢で着陸地点を微調整って笑える

535:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 04:00:02 q5rdA1jJ0
つーかこのアポロ月面着陸は捏造だと聞いたが

536:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 04:45:12 Y7tDsvjU0
実は、初めて月に到達したとされるアポロ11号が出発するまでに、
11人の宇宙飛行士が死んでいる。
うち3人の死因はせまい宇宙船の中で酸素が爆発したため、
7人は飛行機事故、1人は自動車事故である。
この事故率は非常に高い。
4年の間にNASAの宇宙飛行士の15%が何等かの事故で死んでる
安全検査士が「アポロは月に行けない」と証言し、
500ページのリポートを提出した一週間後に
妻と子供も乗っている車が電車に衝突・・・・

事実は映画より奇なり とはよくいったもの

538:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 08:30:27 WDMIEzlI0
アポロ11号は、月面着陸していない。
なぜなら、月にはミステロンの基地があるから。

◎◎◎
地球人よ、よく聞け。我々は、ミステロンだ。


570:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 12:16:58 Y7tDsvjU0
05年3月29日、ロシアのプーチン大統領が定例記者会見で
ロシア国営放送RTRが前日放送した仏アルテフランスのTV番組『オペラシオン・リュン』の感想を求められ、
番組内容を否定しなかったことが波紋を広げている。
「月面着陸は不可能」と示唆する番組を否定しない、ということは、
ルナ2号の月面着陸など、ソ連側の宇宙開発の「成功物語」をも否定しかねない諸刃の剣なのだが。

575:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 12:21:13 ETi4Dco1O
キューブリックが撮った映像。

588:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 12:33:35 Y7tDsvjU0
なぜ、NASAは、教科書に載るほどの大事な資料データを、簡単に紛失しちゃうんでしょうなぁw


ロイター通信の記事によれば、
NASAのスポークスマンは8月14日、
アームストロング船長の有名な
「これはひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」
と語るシーンなど、
アポロ11号の月着陸計画について記録された原本の磁気テープ約700箱分を紛失したと発表しました。
テープには映像のほか宇宙飛行士の健康状態などが記録されており、
NASAは1年にわたって捜したものの見つけられなかったといいます。
スポークスマンは
「データは全てコピーをとってあるので心配はしていない」と語っていますが、
当時のNASAの設備はテレビ放送と互換性がなく
モニターに映した映像をテレビカメラで再録画したため
画質はオリジナルより劣っているそうです。
また紛失の経過について判っているのは、
オリジナルの素材がいったん米国立公文書館に保管され
その後1970年代終わり頃にNASAへ返却されたところまでで、今後も捜索は続けるとしています。

589:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 12:34:11 8IyEpL3Q0
捏造ならソ連が自国の月の機械探査の結果を元に矛盾を指摘するはずだ。

という話だが、
ソ連も実は月面着陸などできていなくて、しかし自国の威信を保つために
米国の嘘に乗っかってしまった場合を考えると、
米国のアポロ計画での月面への飛行士着陸を、「嘘」と分かってても
嘘とは指摘しなかった可能性もあるぞ。  
      
米ソの宇宙計画というものは、途中のどこかでフィクションと捏造の領域に突入してしまい
互いにその国家的嘘を支えあったというパターン。  
ソ連側が有人月着陸をやってみせる事がなかったのは、ハリウッドを所有してないために
その「捏造撮影技術」についてそこまでの質が保証できなかったため。
    
  
しかしそう考えたとしても、後に検証された月世界の科学的事実との一致という点で
その主張は困難になる。   
後の月の科学情報全てが、「捏造」の前提に乗っかってるという考えをすれば別だが。
しかしやはりそれはちょっとなさそうだな。
それから月面着陸が「捏造」の場合は、 
国家的威信とインチキ情報操作の大好きな中国が、もうとっくにもっと安易にその「捏造大合戦」に
乗っかってきてるはずだ。捏造派はやっぱり無理っぽいかもね。

613:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 13:07:10 UhXP2+EP0
月面の撮影って今の技術ならどう再現できるんだろ。

・宇宙飛行士をワイヤーで吊って1/6の重力を表現しワイヤーはデジタル処理で消す
・セットの空気をホントに抜いて真空に近くして羽根とハンマーの同時落下を再現
・面倒くさいので背景も飛行士も全部CGで造る

616:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 13:08:59 vA6ioF9r0
おまいらは疑うことしか考えないんだな。何故アポロ11号が月面着陸できたか
検証すれば丸く収まる。無知な俺には無理だが頼むw

617:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 13:11:55 Y7tDsvjU0
NASAさえも、科学的に説明できない問題があるのはなぜでしょう

●疑惑
 太陽メカニズムについては
 現代科学においても未解明な部分が多く、
 太陽フレア以外にも
 高温プラズマが太陽系空間へ噴出するコロナ質量放出 (CME)
 と呼ばれる現象がしばしば観測されている。
 太陽フレアが発生すると放射線量は通常の100〜10000倍にもなる
 月面でこれらの太陽放射線を遮蔽するには
 月の砂を5メートルもの厚さに積み上げるほどの遮蔽材が必要となる。
 太陽活動が極大期だったにもかかわらず、
 アポロ宇宙船や宇宙服には、
 これほどの放射線を防ぐ装備は施されていないことが判明している。
 小規模フレア一発で、
 月面作業中の宇宙飛行士は逃げる間もなく黒こげになることになる。

・なぜ、人命を賭けるほどの大博打である。
 有人月面着陸を行なう必要があったのか?

・全世界へTV中継するほどの自信があった計画なのであるなら
 その自信の根拠となる
 太陽活動が極大期だったにもかかわらず、
 月面活動中に『太陽フレアは発生しない』論理的な解説と
 実際に発生しなかった客観的なデータの開示を行なわない理由は何か?

・なぜNASAは
 サイト"CHAPTER 3 RADIATION PROTECTION AND INSTRUMENTATION"の
 平均放射線被ばく量のデータ以外に、被曝量に関する客観的なデータを何一つ開示しないのか?

・地球磁力線の外側へ行ったアポロの放射線被ばく量が地球磁力線の内側、
 高度200km〜400kmを飛行する スペースシャトルやスカイラブと大差無いのはなぜか?

・フィルムを納入したコダック社によると、
 通常一般販売用のものと性能的になんら変わらないものであったと正式な発表がなされている。
 温度及び宇宙線被爆にフィルムが耐えれない月面環境での写真撮影が、なぜ可能であったのか?

620:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 13:18:18 Y7tDsvjU0
05年3月29日、
ロシアのプーチン大統領が定例記者会見で
ロシア国営放送RTRが前日放送した仏アルテフランスのTV番組『オペラシオン・リュン』の感想を求められ、
番組内容を否定しなかったことが波紋を広げている。
「月面着陸は不可能」と示唆する番組を否定しない、ということは、
ルナ2号の月面着陸など、ソ連側の宇宙開発の「成功物語」をも否定しかねない諸刃の剣なのだが。

635:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 16:26:02 CtlhBHWoO
アポロ月面着陸が捏造って主張することは、
南京大虐殺はまぼろしだったと主張することと同じく、
”トンデモ”なんだからな。

640:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 19:11:36 BFptvJws0
実はアポロは月面着陸放送の20日前に月に行ってた。
そしたらUFOやら月面基地やらが大量に映ってたり
UFOに宇宙飛行士が監視され続けた映像が撮れてしまった。

世界の人たちに地球人以外の知的生命体の存在を隠蔽し続けてるNASAは
そのまま放映するわけにも行かず放映せず急遽自分たちで作った映像を放映した。
これがあの映像が捏造だと言われる真の理由。

642:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 19:19:13 ZK5Vrzmv0
しかし月着陸した飛行士たちは、死ぬ確率
30%だと思ってただろうな。
アメリカ人ってのは度胸があるな。

651:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 21:23:50 GwrTyNsR0
2012年に月面着陸 中国、宇宙科学で初の中期目標
http://www.asahi.com/science/news/JJT200703120001.html

支那が月面着陸を言い出してから何故か日本でアポロ月面着陸捏造論が流行り始めた。
TVで最初に月面着陸捏造論の番組を放送したのはテロ朝。
捏造論者=支那に尻尾を振るアカ豚。

665:名無しさん@恐縮です 2009/07/07(火) 22:11:16 LDWeykgFO
パソコンがなくて月に行けるなら
パソコンのある今なら、木星ぐらい行ってるだろうって話
月なんか誰でも行けてるはず

なぜ行かないのでしようか?

ハイ!

行ってないからです!

704:名無しさん@恐縮です 2009/07/08(水) 00:31:19 3PWrv+f00
RADの許容量超えてるのが問題なんだろw

レムにしても↓のとーり、UK基準でオーバーしてるしw

年間被曝許容量         50mSv以下(US)
年間被曝許容量         15mSv以下(Cren,UK)




posted by 2chダイジェスト at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケ/JBL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセスランキング ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。