2009年08月04日

【文芸】「ノルウェイの森」1000万部 未だ衰えぬ人気の秘密

1:ホピ族の洛セ▲φ ★ 2009/07/30(木) 20:13:42 ???0
今や世界的作家となった村上春樹さん(60)の代表作「ノルウェイの森」がついに発行部数
1000万部を突破――。最新作「1Q84」の話題と相まって相乗効果で売り上げを伸ばしたらしい。

さらに、2010年秋には映画公開を予定しているとあって、「ノルウェイの森」は再び脚光を集めている。
村上春樹さんは1979年、「風の歌を聞け」でデビューした。かわいた軽快なタッチで書かれ、
芥川賞候補にもあげられた。作家・丸谷才一さんのプッシュもあったが結局、受賞とはならなかった。

が、村上さんはその後、創作意欲は衰えることなく、短編小説やエッセイ、アメリカ小説の
翻訳なども手がけている。趣味はJazzレコードの蒐集とマラソン。最近ではトライアスロンにも
チャレンジしている。

「ノルウェイの森」は今から22年前の1987年に上梓された。1960年代後半を舞台に、
主人公・僕、高校時代の同級生のキスギ、キスギの幼なじみで恋人だった直子の物語を軸に
話は展開していく。その喪失感、孤独感は世界中の若者の心をつかんだ。33言語36か国で出版されており、
最近ではアジア、とりわけ中国では人気が高いという。

「ノルウェイの森」は2010年秋には映画化することも決まっており、ベトナム出身の映画監督
トラン・アン・ユンさんが指揮を執る。

2009年5月には7年ぶりの長編小説「1Q84」が発売された。「1Q84」の発行部数の伸びが
幾度となく報じられる中、代表作「ノルウェイの森」を購入する人も増えていたようだ。

講談社販売部によると、6月には42万部、7月には21万部、8月には11万部を重版する人気ぶり。
8月5日発行分でついに、累計1000万部に到達するという。

講談社販売部は、「『ノルウェイの森』に限らず、村上作品は世代を問わずに売れています。
強いていえば、大学生協では常に、村上春樹さんは人気作家のベスト10には入っています。
20歳前後の大学生にとって、村上作品は『通過儀礼』のような一冊なのでは」とも話している。
http://www.j-cast.com/2009/07/30046420.html

関連スレ
【映画】村上春樹原作の「ノルウェイの森」キャスト発表…主演に松山ケンイチ、直子役に菊地凛子、緑役は新人の水原希子★2
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1242245819/-100


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【文芸】「ノルウェイの森」1000万部 未だ衰えぬ人気の秘密

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 「ノルウェイの森」1000万部 未だ衰えぬ人気の秘密
Yahoo!ニュース 【 【日本の検索ワード】1Q84〜村上春樹の最新作に話題集中



▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 100(605中) 】


11:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 20:19:44 FSUkl+bZ0
エロラノベしか読めない層が読む本だろ(´・ω・`)


「ワタナベ君、あなた何人くらいの女の人と寝たの?」
と直子がふと思いついたように小さな声で聞いた。
「童貞です」と僕は正直に答えた。
レイコさんが練習をやめてギターをはたと膝の上に落とした。
「あなたもう三十歳でしょ?いったいどういう生活してんのよ、それ?」

直子は何も言わずにその澄んだ目でじっと僕を見ていた。

19:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 20:23:27 tcYVW9ZV0
村上春樹と坂本龍一を叩いておけば通ぶれる

21:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 20:23:58 oYRFU4KU0

ベストセラーに良書なし

ロングセラー・ミリオンセラーこそ評価されなくてはならない。

文壇復活はそこからはじまる。

村上春樹を超える作家が現れるのはいつか・・・


35:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 20:30:47 zIBMp2e80
今だにノルウェーの何が面白いのか分からない。

よっぽどピンボール、羊、世界の〜三紙が何回も読める。

退廃的な所が心地良い。

54:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 20:40:12 LhLWTgrPO
大学生の主人公がメンヘラ女と付き合って
メンヘラがうざくなって健康な女に乗り換えようとしたら、
都合よくメンヘラ女が自殺した。

端的にいうと、こんな小説。
まあ一時はハマッた小説だが
今となってはどうでもいい。

79:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 20:59:35 5igC59lR0
>>54
小説にハマるって何回も読んだりするわけ?

特定の作家にハマるってのはわかるけど。


87:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 21:04:28 iQLK5cC80
>>79
何回も読むものもある。文庫本はそういうとき便利だ。安部公房の初期作品集とか、椎名麟三とかは何回も読み直す。


90:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 21:05:28 3Tf/8CF30
>>87
俺は『沈黙の春』の日本語訳は何十回も読んだな。

小説じゃないな。


85:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 21:02:46 X1wEveZG0
お約束だが、ノルウェイの森のあらすじ

親友が突然自殺したお。そいつの彼女(直子)が残ったので、ノリでオマンコしておいたお。でも直子はメンヘルで施設に入ったお。
よく分からないけど、直子は大事な女性だお。とりあえず大学に入ったので、ナンパしてオマンコしまくったお。
好きでもない女とオマンコするのってむなしいお。大学で、ミドリって言うへんな女と知り合ったお。
俺には直子がいるし、ミドリにも彼氏がいるのでオマンコはしないお。
時々、直子の施設に行って手コキとかフェラしてもらってるから満足お。
そしたら、突然に直子が自殺したお。悲しいから旅に出るお。
帰ってきたら、直子の世話係の既知外ババアが俺んちに来たお。とりあえず、オマンコしたお。
そーしたら、何もかもふっきれたお。もう、必死にミドリとオマンコしにいくお。
ミドリ「落ち着け猿」
終わりwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

89:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 21:05:20 OBC/sbic0
>>85
あらすじだけ見ると酷いな


126:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 21:40:51 /v2UQUru0
>>85
こんなの2ちゃんで馬鹿にされてるケータイ小説とかわらんよな・・・
ほんと春樹のは射精のように一回読んだたらもういいって感じ


202:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 23:49:37 5Y6BdeT/0
>>85
把握www

結局夏目漱石の『こころ』超えをする自殺恋愛小説てないなぁ。


204:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 23:52:50 bhaxokN30
>>202
野菊の墓とか塩狩峠とか
まあ人間が綺麗過ぎるけど


91:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 21:07:19 uPrcTn/o0
村上龍さんとは親戚なの?

100:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 21:15:35 6O2t6B34O
魂が揺さぶられるような時代が大正昭和あたりの恋愛小説が読みたい

104:ttod 2009/07/30(木) 21:17:27 IrZbgAai0
>>100
武者小路実篤でも読んでみたら?


146:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 22:01:05 w19kQhs2O
>>100
恋をするのも命がけってイメージあるから
同じ恋愛ものでも現代のスイーツ小説とは違うよなあ
幻想かもしれないが
あの辺の時代の言葉遣いも好きだ


111:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 21:25:38 tSsB+ogC0
ビートルズの「Norwegian Wood」を「ノルウェーの森」って訳したのは
誤訳らしいじゃん。

115:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 21:27:47 iQLK5cC80
>>85を読んで共感する変態か、意味も分からず礼賛してるやつなんだがな。

125:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 21:40:27 ln3V9G7W0

ワタナベ:松山ケンイチ
直子:菊地凛子

http://imepita.jp/20/719150

129:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 21:44:27 7BGrGU7L0
>>85 >>126
純文学をあらすじにしてはいかん。
川端康成の雪国なんかもっと酷いことになるぞ。

201:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 23:49:36 3Tf/8CF30
>>129
「トンネルを抜けるとそこは雪国だった。夜の底が白くなった」

のフレーズで大勝利だからな。
夜の底が白いってのはうまいよ。


143:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 21:57:48 A249AVZlO
セクロス描写のある純文学なんて山ほどあるのになんでいつもこれだけがエロゲ扱いされるのかわからん
凝りまくった文体で主人公が自分勝手な鬱々とした性格じゃなきゃいかんのかと

149:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 22:03:29 kyHQ7uTXO
>>143
エロゲ扱いされてるのは2ちゃんの中だけだろ


150:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 22:05:36 fv4ZsdL+0
村上はねじ巻き鳥クロニクルが最高だろ。
ねじまき鳥だけ、他の長編小説と全く違う、明確な敵と目標が出てる。
村上春樹ファンは、逆に嫌いな作品かもしれんが。

152:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 22:08:16 iQLK5cC80
>>150
一巻目だけは良かった。あとはグダグダ。
>>149
セックスがあったら基本純文学じゃ無い。
そもそもこれは本人が恋愛小説と言ってるだろ。

172:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 22:32:19 lzNx1/QR0
何千万冊も売れて、何十ヶ国語に翻訳されているということは、
なんだかんだいってかなり普遍性があるということは間違いない。

そうすると、ここでのネガキャンは書いている人の個人的事情により生み出されていると考えるのが妥当である。
ブックオフが好きな人と記憶力がない人が多いみたいだね。

176:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 22:38:27 bhaxokN30
>>172
じゃあ良さを解説してくれ
貶さないと誓うから

俺の理解力が乏しく感受性が鈍いのは自覚している


184:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 22:54:30 G9oQuybQ0
>>176
春樹の良さは隠喩の表現が巧みなところだとよく言われてる。
春樹の作品って世界観がけっこうめちゃくちゃなのが多くて隠喩を上手く楽しめない場合がおいけど、
ノルウェイの森の場合、隠喩の対象が比較的わかりやすいから受け入れられてると解釈してる。

まあでも内容は他の人も言ってるようにアレだから、良さなんて理解できなくても何の問題もない。






190:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 23:03:39 bhaxokN30
>>184
うーーーん、やっぱり分らん
純文学と言われる作家はちょっとは読んでるんだが
阿部公房とか三島、輝、龍とか
一回読んだだけじゃよく分らんが、いろいろ深い意味がそれぞれある、描写がきれいだったり
心情を示す表現が素敵だったり伏線だったり

春樹と大江は苦手、よくわからん


175:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 22:35:10 gNmptjVt0
>>1
>作家・丸谷才一さんのプッシュもあったが

この人、デビュー当時の筒井康隆も評価したし凄い眼力があるんだなぁ。

186:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 22:59:36 XkichEO4O
村上作品は確かに人を選ぶが…
ネガキャンしてるやつらは大体が普段小説読まないようなやつらだろ

193:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 23:11:28 G9oQuybQ0
>>190にはあわんかっただけだとおもう。

208:名無しさん@恐縮です 2009/07/30(木) 23:59:39 3QuLedB+0


村上春樹の書籍の印税だけの収入

2005年 2億825万
2006年 1億1219万
2007年 4億6490万
2008年 5億1003万

ちなみに2009年は既に10億越え確実

220:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 00:19:41 g1ChQZgi0
村上龍との区別がつかないw

222:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 00:25:28 p6mP96srO
222ならまもなく俺に仕事が見つかる

223:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 00:29:17 xCsP4/t/O
>>223なら>>222は無効
一生ニート

225:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 00:30:07 x8z4f9MZ0
ノルウェイの森の感想

一言で言うと「学生運動時代を経た日本の喪失」

突撃隊:昔の真面目な学生像。学生運動時代の学生には嘲笑の対象。
    主人公たちが和むのは、作者の昔の真面目な学生への肯定。
    突然いなくなるのは、学生運動時代を経て居なくなってしまった。ということ。
    
直子&キズキ:学生運動時代より前の理想的な男女。セックスできない→その精神は受け継がれない。
       自殺してしまう→学生運動時代&それ以降には生き残れない価値観。

永沢:現在(小説の中で)の日本。発展したが人間的に問題あり
ハツミ:学生運動時代以前の理想的な嫁さん像。自殺→そんなタイプはもう居ない。
    永沢と別れた→新しい日本は古い日本の価値観を捨てた

緑:学生運動時代&それ以降を生き抜くための指針であり希望。だから直子から緑に
  乗り換える。しかしラストで見失うのは、それが正解なのかと自問自答する作者。

レイコ&レズ少女:レズ少女→創価学会的なもの、左翼、マスコミなんか。
         自分の仲間や利用できるものにしたいが、拒否すると人格攻撃のような
         バッシング。

ワタナベ:登場人物をつなぐ車輪の軸。

キチガイになる→学生運動時代以降の世界になじめない。
死ぬ&消える:学生運動時代以降にはなくなってしまう


227:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 00:31:52 N4BxCe+R0
>>225
おお、綺麗にまとめたな
サンクス分りやすい


229:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 00:43:22 O0qZtycGO
>>225
わかりやすいありがとう


248:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 06:07:33 6OdFA9R+O
>>225
面白そう。読んでみたくなった


232:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 01:55:27 6p8zpOFM0

松本
「2ちゃんねる?NHKですか?・・・・あー、インターネットね・・・うん・・・
聞いてますよ。なんや俺も色々と書かれてるみたいね(笑)俺だけじゃなくて有名人は色々と書かれてるらしいね。
う〜〜ん、楽しいんでしょうね・・・というか、それしかないんでしょうね。ストレス発散というか。
結局、自分が不甲斐ない人生を送っているから、成功した奴、金を持っている奴、有名になった奴、才能のある奴を
叩くしかないんですよ。まー、お前らにはそれくらいしかできんわなぁ・・・と(笑)
腹立つ?・・・いや、むしろ哀れみを感じますね。そんなことしか出来へんのやもん、小動物やん(笑)
まー、そんな奴らのささやかな楽しみ、ストレス発散を引き受けてやるのも有名人の務めかもしれませんね。
かわいそうやから、せめてそれくらい引き受けたらんと。
こっちは、いい家に住んで、いい女を抱いて、いい車に乗って、いい物を食べて、大金を稼いでるわけですからね。
お前らはせいぜい悪口を書いて楽しんでなさい、と(笑)ただし寄生虫ということを自覚だけはしておきなさい、と(笑)」

松本
「僕ね、僕のことを中傷する書き込みをしている2ちゃんねらーに言いたいんですよ。
 『あ、そうですか。あなた、ほんじゃ俺より偉いんや』ってね。
 ほなら、あんたはなんで俺より収入も少なくて、俺より女にもモテへんで、
 俺よりいい家にも住んでなくて、俺よりいい車にも乗ってないんですかって。
 すべての面で俺より負けてるやん。
 それを自分の中で、どう整理してんの?っていうのを1回聞きたい。」

263:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 07:09:54 JVlHZK830
>>232
松本の映画なんて2chじゃなくたって誰も評価してないよ。
芸人って馬鹿の見世物だよ?プライベートと引き換えに道化やって金貰ってるんだから、それで偉いとか思ってるのは可笑しい。



234:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 02:01:26 GliBfOwwO
20年近く前にノルウェー読んだ。

全く感動もないし、頭に入ってこなかった。
自分の頭が悪いのかと思ったが、周りの友人も「わかるようなわからないような」と言っていた。

その後の村上作品も、イマイチ理解出来ないから読まなくなった。
どこがいいんだか、謎だな。

244:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 05:44:32 R7jCbfjLO
>>234
俺がいるな

みんなが「村上春樹は天才」とか「村上春樹の作品はすごい」とか言うから読んでみたものの、どこがいいのやらさっぱり
あいつらもどうせマスゴミとかの周りに煽られて言ってんだろなーって思った



239:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 04:59:40 CtYkazSc0
初めて村上春樹の顔知ったときこんな顔のおっさんがあんな小説書いてると知って衝撃だった

257:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 06:46:26 o8uMP++r0
風の歌を聴けでこの作品を全否定するような文があったな

260:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 06:53:04 Z1CWk6tN0
>>257
処女作で全否定したことを後で小説化したとな?


262:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 07:08:57 xCsP4/t/O
>>260
なんだかの小説は性描写が無いから良いという文章がある


264:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 07:15:44 Z1CWk6tN0
>>262
読んだの大昔だから思い出せんが
鼠か僕 のせりふじゃねえか?
小説家本人の主観じゃなく登場人物の主観

この人の小説で性描写ないやつの方が少ないだろ?w


273:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 07:53:42 CTeJp7BR0
>>1
キスギって誰だよ?
翼くんか?

282:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 09:26:44 Av++DhQU0
>>1
俺がオリジナルで
ノルウェーの山

っていうのを書いてみるよ(´・ω・`)

288:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 09:58:02 IJKmJDwe0
村上の作品数冊読んだけど
作中の不思議な出来事は、不思議な出来事のまま放置だった
全部すっきり解決する作品ってあるのか?

291:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 10:10:17 WL9txaGD0
「男流文学論」(ちくま文庫)より(上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子)

村上春樹「ノルウェイの森」について

上野「わたなべくんには能動的なアクションが全然ない。彼にとってアクションはすべてまわり
    から起こってくる。彼にとっての幸運は、周囲の人間が、それほどおせっかいにも彼に
    手を出してくれているということ。」

富岡「この子は何もしない。学校へ出たり、アルバイトしたり、図書館へ行って本を読んだり
   しているだけ」

小倉「こういう文章が気に食わないんですよ〈僕自身は知らない女の子と寝るのはそれほど
   好きではなかった〉正直に書けば〈僕自身は知らない女の子と寝るのはまったく嫌いという
   わけではなかった〉(笑)
   なんでこんなええかっこうして書くの?

上野「この文体ってテレビ的というか、漫画的なのかしら」
小倉「漫画の噴出しのせりふで」
上野「全体に、シナリオみたいな書き方でしょう」

小倉「私は、村上春樹がほんとうにまともに、どういう人生観をもってるか見えないですよ」

上野「ごく簡単よ。他人と関係を持ちたくない。他人との距離をつめたくない。僕はこういう
  人間なんだ。「やれやれ」といってるだけ」

上野「この半端さが彼の限界でありとりえであり、この気の利いたショートセンテンスと、ダイアローグ
   の組み合わせが初期からあり、もしモノローグだけ、ダイアローグだけならダイナミズム
   を生み出すのに、どちらも途絶するしかないというのが彼の小説作法です。
   何もおきないことのエクスキューズが気の利いたショートセンテンスです」

292:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 10:11:38 WL9txaGD0
「男流文学論」(ちくま文庫)より(上野千鶴子・小倉千加子・富岡多恵子)

村上春樹「ノルウェイの森」について

 小倉「この人は、いろんなことに関心がない、関心がないっていうのね。ところが、すぐ後の
    ページで、本当はめちゃくちゃ関心があることが暴露されてしまう(笑)」

    「このひと、他の人の言葉を借りて自分自身を褒めるのね。〈「この寮で少しでもまともな
    のは俺とお前だけだぞ。あとはみんな紙屑みたいなもんだ」/「どうしてそんなことがわか
    るんですか?」と僕はあきれて質問した。〉
    嘘付け。あきれてないじゃない。自分もそうおもってるくせに、厚顔無恥。」

上野「自分についての描写をみんな他人の口から言わせてる。「あなたってこうみたいな人ね」
    他人の口から言わせたことに対して、すべて肯定的なのよ。叙述の内容に責任をとらない
    というスタンスをいつも取っている」

富岡「全部翻訳文体なんだね〈午後が深まり〉、午後が深まりなんていうのも、翻訳文体ですね」

上野「やれやれ」というのは、その事態に対する距離と同時に。その事態を自分から変更する
   意思が何一つないことを示しています。村上の世界の恐るべき受動性を象徴しています。」
   
富岡「やたら人が死ぬ。簡単に。小説の書き手のほうからいうと、非常に安易なのね」

上野「失敗した私小説でしょう」

上野・小倉・富岡「つまらん」


334:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 20:28:15 9FoVy9590
>>292
>上野「自分についての描写をみんな他人の口から言わせてる。
じゃあ自分で言うのか?「ぼくはたろう。ちょっとおっちょこちょいで女好きで、でも根はまじめなんだ」とか
それは小説とは言わないだろW


335:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 20:29:53 WL9txaGD0
>>334


バカなの?
春樹もそうとう頭悪くて卑しいけどね


294:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 10:40:41 1VNZj5nQ0
この小説で初めてクンニナントカとか言う言葉を知った私‥‥
読み終わった感想は、これはポルノ小説?  どこがいいのかさっぱりわかりましぇ〜ん

296:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 11:43:35 WL9txaGD0
ドイツのテレビ番組「文学四重奏団」は、4人の文学評論家が、会場にいる聴衆とともに、
新刊の文学書を紹介・査定するものだそうです。
そこで、「太陽の西 国境の南」が取り上げられたとき、賛否両論が渦?を巻いたのですが、
どういう非難が表明されたかというと・・・・。

「村上の本は、この番組で取り上げる価値などない、文学的なファースト・フード、マクドナルドである」
「表現力を欠いた、覇気のない、つっかえがちなつぶやきにすぎない」

おおおおおっ。たしかにラジカル! 論争は、
この番組としてはいつになく過激で、やがて作品をそっちのけにした個人攻撃に発展したそうで。

そういうの、ディベート・インポの日本人の専売特許かと思っていたけれど、ドイツ人も、そうなんだ?
そして、新聞書評のほうは・・・・。

「会話のように流れるだけの底の浅い文体」
「内容は緊密に構成されているが、文章の質は映画の脚本の水準を出ていない」
「比喩や対比は、まるでわざと読者を挑発するかのような安っぽさ」

あのヨーロッパの知性ともいうべき「フランクフルターアルゲマイネ」紙に、
そんな批評をされてしまうと、ファンとしても、もう頓死するしかないですよねえ。

http://www.across.or.jp/necizen/essay/e2000/e00122901.html


>>新聞書評のほうは・・・・。

「会話のように流れるだけの底の浅い文体」
「内容は緊密に構成されているが、文章の質は映画の脚本の水準を出ていない」
「比喩や対比は、まるでわざと読者を挑発するかのような安っぽさ」


299:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 12:36:30 GDUPH9dl0
村上春樹は嫌いじゃないけど村上春樹を好きな女とは付き合いたくない

314:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 13:11:01 pZhp3tEXO
>>299
確かに。
一番好きな作家に村上春樹あげる男は嫌だ


313:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 13:08:18 manRG5rG0
村上春樹が人気なのは読みやすくて、誰でも書けそうな文章で
それでいて、小説をあまり読まない連中に、「文学を読んだ」、「難しい小説読んだ」って
勘違いさせちゃうような雰囲気を持ってるとこだろうな

354:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 20:57:10 +Ok2l3m40
>>313
こういうことを言う読書してることにアホみたいに重き置く奴とか、
読書一切しなくて読書を妙に高尚なものと勘違いして妬みかよくわからんこと言う奴は嫌いだ。

村上春樹は漫画読むのと同じ感覚で読めるからいいんだよ
俺としては需要としてそんなもん。てか小説ってそういうもんだろ。



407:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 21:58:52 oiYx3xocP
>>354
同感

村上春樹の作品が、なぜ面白いのか
それは小説とは何なのかを理解してるからだろう
小説は、間違っても高尚なもんじゃないからね




329:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 20:15:01 5MXKPIVF0
村上の小説読んでるやつって、今まで残されてきた名著をあらかた読んできた奴らなの?

331:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 20:19:32 JVlHZK830
>>329
そういう奴はすぐ投げるだろうと思う。
長い間村上の長編を評価してるやつは総じて本を読まないか、セカチューとか読み漁ってる。


496:名無しさん@恐縮です 2009/08/01(土) 06:06:04 pekRxC5q0
>>329

全然読んでない
いっぱい読んでるやつはみんな春樹をバカにしている


512:名無しさん@恐縮です 2009/08/01(土) 13:08:13 KqaXXwCu0
>>496
そう思う。
そういう連中が「春樹がノーベル賞とれる」と騒いでいるだけだよなw


333:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 20:25:04 En+KEWrxO
村上春樹自体どんなに批判されても反論も何もせずマイペースだからね

文才はどうこう言わないけど神経の図太さは正に大物

理論武装してあれこれ反論する人程実は繊細だからね

347:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 20:46:48 XqIPlU7a0
本が売れると比例してムラカミハルキのようなものが日本文学をダメにしたと言われるが?
春樹「僕の書くものに駆逐されるぐらいなら最初からその程度のものだったんじゃないの(笑)」

こういうニュアンスの発言はしている

366:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 21:18:29 KG8Y85It0
「村上春樹が面白くない」という人は、「私が村上春樹より面白いと思う小説はこれだ」と挙げてみてほしい
「この世のすべての事象」対「村上春樹」だったらそりゃ村上春樹が不利だよ
「誰々」対「村上春樹」で、村上春樹に勝てる小説家って誰?
誰も言えないでしょ、軽蔑されるのが怖いから
だから先に軽蔑するふりをする

368:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 21:21:27 byLQNH/U0
>>366
芥川龍之介 


379:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 21:30:43 Q2CNRR8r0
>>368
逃げてるなぁ
相当な名声を確立してるのを挙げると、
村上はそれには及ばないがそれに次ぐ能力だって認めてるようなものだよ


376:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 21:27:52 yOWcUJMJ0
ノルウェイ含めて、村上作品を手に取ることは取るんだが、
なぜか読むまでには至らない俺に、読む切欠を与えてくれ

398:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 21:51:59 HJrGvfi00
村上春樹はおもしろいよね
そこを否定する奴はセンスがないよ

401:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 21:55:31 RcTfF48l0
>>398
というか、「おもしろくなくて文学的価値もない」というふうに全面的に評価されない作品が
1000万部もいかないし、そういうものばかり書き続ける作家が30年も第一線にはいない。
いまでは40カ国以上に翻訳されてる。否定的な批評家はそうした現象をどう歪曲して
納得しているのかきいてみたいもんだ。あまりにも矛盾している。世界的な文豪を例に
だすのは大げさだがディケンズなりマークトゥエインが当時は子供むけだといって一部の
批評家に否定されたようなもんじゃないの


405:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 21:58:00 JVlHZK830
>>401
完結しない大人のハリポタですねわかります。だから幼女にこだわるんですね。


409:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 21:59:17 byLQNH/U0
>>405
ああ、ハリポタって無名の作家の小説ぱくって大儲けした作家さんの小説ですね、わかります


413:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 22:02:26 vi3RFlhEO
>>409
お前、随分暇そうだな


400:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 21:54:26 byLQNH/U0
多分この小説を読むことで私にとっては非常なるストレスになり怒りの余波から闘争心を司る男性ホルモンとかが
通常の10倍ぐらい発散されていると思う

411:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 22:00:36 XqIPlU7a0
>>400
そこまで心身に影響与えたなら作家も作家冥利に尽きるわ
そもそもあんたに快感を与えたくて書いたものでもないだろーし
てかおっさん(オバハン?)レスが幼稚なうえにしつこ過ぎるわ



408:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 21:59:01 Y/LWXoVIO
村上春樹、嫌いじゃないし何冊か読んだけど、なんでこんなに人気があるのか
未だに全くわからない。
万人に好まれる作風ではないと思う。


俺が万人から外れてる?・・・

420:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 22:10:44 iEgI4U490
何かココのやつらって
「一般人とは違う所にいる俺ってカッコいい」的なガキっぽい感性を感じる
面白いもつまらないも人それぞれ それ以上でもそれ以下でもないし
>>408みたいな意見もふーんあっそとしかいいようがないだろ

ただID:byLQNH/U0みたいなやつは精神異常者としか思えんが


434:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 22:23:31 byLQNH/U0
>>420
人それぞれって言うだけで自分の意見言わない奴は単に頭ん中からっぽで馬鹿なんだと思う


437:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 22:25:30 N4BxCe+R0
>>434
頭悪いわりに要領がいい、同僚に嫌われ上司に好かれるタイプに多い


462:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 23:00:59 iEgI4U490
>>434
精神異常者が偉そうなこというなって


463:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 23:02:56 N4BxCe+R0
>>462
なぜトリップ外したの?


464:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 23:04:39 byLQNH/U0
>>463
たぶん小心なんだろう


468:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 23:15:01 vi3RFlhEO
>>464
お前だって小心者だろう、口調に理由をつけて
自分の好きな作家を言わないでいるんだから




421:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 22:11:13 P/WqmXiP0
ハリーポッターが人気全盛の頃、爆笑の太田が
「ブームは嫌い。俺は読まない。こんなの読んでる連中はくだらない」
とか言ってたけど、一番軽薄なのはこういう奴だと思う。

ハリーポッターのクオリティは、また別の話ね。
やっぱり実際に読んでみないと良いも悪いも評価できないだろ。
それは、村上作品も同じだ。
流行っているものを否定すれば、自分が偉くなったように錯覚するからな。

で、村上作品はひと通り読んだけど、小説は面白くなかった。

457:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 22:53:08 Cl9qNc4O0
>>421
ジョン・アーヴィングだったり、ヴォネガットだったり

好きな作家は被ってるのにね、村上春樹と太田は。


439:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 22:28:28 P/WqmXiP0
学校のテストやセンター試験で
村上や吉本の作品が出題されたからといって、なにか問題あるの?

さすがに恋空や鬼ごっこなんは、日本語文法が破綻してるからテキストとしては不適切だと思うけど。

なにが駄目なのか説明よろしく。


446:名無しさん@恐縮です 2009/07/31(金) 22:35:49 AUMXcEah0
>>1
高校時代上巻読んで挫折。
大人になった今読み返したら違う読後感があるのだろうか?

490:名無しさん@恐縮です 2009/08/01(土) 02:48:28 QUuwyG4U0
村上はノルウェイ執筆前に
三浦哲郎の「忍ぶ川」が好きで、タイプは違うがきれいな恋愛小説を書きたい
と言っていた

558:名無しさん@恐縮です 2009/08/03(月) 08:11:14 ACUSfl0S0
なんかな 日本語を翻訳して日本語に戻したみたいな気持ち悪い文章だもんなw
片岡義男の体言止め会話よりも違和感あるし。


569:名無しさん@恐縮です 2009/08/03(月) 09:43:22 UVsXlTScO
日本の小説なのになんでノルウェイなの?コンプレックス?

580:名無しさん@恐縮です 2009/08/03(月) 15:26:34 fVL4A8G00
>>1
春樹オタだがノルウェーから入ったら他読まなかったと思う。
1Q84は傑作とは思わなかったけど
やっぱファンタジー系の話の方が面白いわ。

586:名無しさん@恐縮です 2009/08/03(月) 18:48:04 LNDBwm3SO
日本人は逆輸入で人気出ると弱いよね

598:名無しさん@恐縮です 2009/08/03(月) 21:34:42 fVL4A8G00
>>586
逆輸入から始まった人気じゃねーだろw
好きじゃネーけど
しったかにも程が過ぎるwww


posted by 2chダイジェスト at 02:04| Comment(1) | TrackBack(0) | バスケ/JBL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ノルウェイの森って村上春樹の中では1,2を争う駄作だと思う。

新聞の調査でも好き嫌いが半々にくっきり分かれてたし、それでいいんじゃね?
万人に普遍的なものである必要なんて無いんだし。
Posted by at 2009年08月04日 08:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセスランキング ブログパーツ