2009年10月03日

【映画】スタジオジブリの次回作は、高畑勲監督の「竹取物語」を題材とした鳥獣戯画タッチの長編アニメ!

1: @銀河φ ★ 2009/10/01(木) 11:41:01 ???0
スタジオジブリの次回作は、高畑勲監督の「竹取物語」的映画

[eiga.com 映画ニュース]

 スタジオジブリの次回作として、「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」の高畑勲監督が
「竹取物語」を題材とした鳥獣戯画タッチの長編アニメを現在製作中であることが分かった。
アジア映画専門ニュースサイトAsian Movie Pulseなどが報じたもので、2010年公開の見込み。

 「竹取物語」といえば、かぐや姫を主人公とした日本人なら誰もが知っている名作童話。
かつて、市川崑監督による三船敏郎&沢口靖子主演の実写版「竹取物語」(87)も製作されている。

 「アルプスの少女ハイジ」「フランダースの犬」「母をたずねて三千里」といった海外児童文学の
アニメ作品を手がけてきた高畑監督が、99年の「ホーホケキョ となりの山田くん」以来
11年ぶりに手がける新作で、ディズニーが「白雪姫」や「シンデレラ」を映画化したように、
日本の古来の童話にジブリ風アニメではなく鳥獣戯画の画風で挑む。

 このニュースについては、TOKYO FMのラジオ番組「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」で、
鈴木プロデューサーが『竹取物語』を製作中だと発言したことがあり、熱狂的なジブリファンには周知の事実。
しかし、スタジオジブリからの公式発表はまだ行われていない。

高畑監督は、今年8月のスイス・ロカルノ国際映画祭で名誉豹賞を受賞している。

■ソース:eiga.com 10月1日 更新 11:20
http://eiga.com/buzz/20091001/2

■スタジオジブリ - STUDIO GHIBLI
http://www.ghibli.jp/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【映画】スタジオジブリの次回作は、高畑勲監督の「竹取物語」を題材とした鳥獣戯画タッチの長編アニメ!

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 スタジオジブリの次回作は、高畑勲監督の「竹取物語」的映画



▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 100(729中) 】


14:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 11:45:24 XFJJzvKq0
>次回作は、高畑勲監督の「竹取物語」的映画

まだやるんか、山田くんの大コケで幕引いたのかと思った
小さくやるのかな

88:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:04:31 yIjy+XrQO
楽しみだ。鳥獣戯画風ってことで、かぐや姫はウサギの擬人化だな。

98:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:07:36 mT18qD+T0
こないだジブリ美術館行ってきた
高畑監督の「ほたるの墓」と「おもいでぽろぽろ」と「たぬき合戦ぽんぽこ」と「山田くん」が完全に無視されててワロタw
(全く何も展示されてなかった 全部宮崎駿の作品だった)
あれはジブリ作品じゃないのか?

108:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:13:25 h7OcEESj0

かっぱっぱ〜〜〜

るんっぱっぱぁ〜〜〜〜

見たいな作風になるのか???????



559:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 21:59:39 SKdIpQnF0
>>108 何ィ!
ついに高畑が「ヒゲとボイン」をアニメ大作に!
 


109:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:13:35 KWhWnFW/O
また赤字出すのかな?
山田くんは制作費をかけまくって、20億以上使ったのに、
興行収入は7億円の大赤字だった。

そもそも題材からして、60億円を目標にして、大金を注ぎ込んだのが間違いなんだけど。

またパヤオの貯金を吐き出すのかな

149:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:25:34 OGzVyW7F0
>>109
あんな絵に20億もかけたのかw
DVDも千尋のおまけだしな。
BGMとかにいらん金捨てたんじゃないの。


112:エラ通信@現在火病発動中 2009/10/01(木) 12:15:24 3lmtvqkU0
鳥獣戯画の擬人化・竹取物語って、
ジブリにこのレベルが超えられるのか?


【東方】ってゐ!〜えいえんてゐVer〜PV風【完成版】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5597644
【東方電気笛7】月まで届け、不死の煙【妹紅】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3245874



117:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:16:33 94NsSWI70
すまんが今は日本のベスト3劇場アニメは
エヴァンゲリヲン・破だと自分は思う。
構成、脚本、展開がジブリを超えた。
劇場でみてこそ映える映画。
他の二作品はジブリ映画のどれかでいいわ。

異論は認めない。

121:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:18:09 79x3608z0
>>117

エ「ヴァ」ンゲリ「ヲン」

この時点でなんか臭くて見る気が起きない


143:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:22:55 4qoucClZ0
>>121
言ってる事がよくわからんが
今上映中のはヱヴァンゲリヲンだよ。


122:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:18:11 n0OAm3d6O
>>117
エバヲタウゼー


130:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:19:16 ymiVVLBQ0
>>117
人の意見を認める認めないとか言えた人間かお前が。


131:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:19:17 BzoJ244c0
>>117
5年くらい経って冷静になったらまた書き込みしてねw


132:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:20:00 94NsSWI70
>>131
君の劇場アニメベスト3を挙げてからいってもらうか。


129:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:19:08 86RI3WjI0
ジブリってこの3人がぬけたらどうなるの?
宮崎 駿  1941年 1月 5日(68歳)
高畑 勲  1935年10月29日(73歳)
鈴木敏夫 1948年 8月19日(61歳)

310:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 14:23:08 ck7KnY3f0
>>129
鈴木はむしろいない方が良い
こいつが糸井に声優やらせた
ハヤオ息子に映画撮らせた
諸悪の根源は鈴木


138:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:22:05 AJ9xzz6m0
東映動画の長編アニメ映画路線か
それにしても
>「アルプスの少女ハイジ」「フランダースの犬」「母をたずねて三千里」といった海外児童文学の
アニメ作品を手がけてきた
こんな回りくどい表現しなくてもいいだろうに

159:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:31:01 0BoTzns70
まあ、鳥獣戯画くらいなら高畑に任せても作れるだろ。

高畑なんかより、ヤマカンとか新しい世代の監督にやらせたほうがいいと思うが。

161:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:32:22 9PIeedZd0
高畑勲監督ってタイトルに必ず「ほ」が入るって言って山田くんに「ほーほけきょ」を付け足したんじゃなかったか?
竹取物語の何処に「ほ」を入れるんだ?

165:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:34:08 0BoTzns70
>>161
ほんとうにあった竹取物語


162:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:32:57 pw1qc0L5O
鈴木Pの戦略
高畑で大赤字→経営が傾く→パヤオが映画作らざるをえなくなる

171:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:36:52 htBaKlns0
>>162
それを信じたくなるくらい高畑のビジネス感覚の無さは異常



176:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:38:24 QqGx3k5DO
NHK教育テレビで鳥獣戯画を取り上げる番組をやった時、
やはりと言うべきか、ゲストは高畑勲だった。
ただし、この作品に限ってはジブリでなく、水墨画アニメで驚愕のクオリティを見せた上海美術映画にやらせるべきと言いたい。

178:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:39:53 HDeKqBIlO
ハヤオじゃないのにスポンサー付くの?

205:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:59:39 FjEDlizK0
>>178
日テレの氏家が高畑オタでGOサイン出してるから大丈夫
死ぬ前にもう一度高畑新作を観たいと…・w


184:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:41:34 MPhTu5AE0
糞なアニメを排出するジブリがゴミなのか

そのアニメを面白いといって見る国民がゴミなのか

202:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:52:34 25Xg32i70
ゴローは新作つくらないのか


>>日本の古来の童話にジブリ風アニメではなく鳥獣戯画の画風で挑む。
山田くんの二の舞にならなきゃいいが

208:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 13:03:13 FjEDlizK0
>>202
 『定家と長明(仮)』 準備中 2011年公開予定
   監督:宮崎吾郎
   アニメーション制作:スタジオジブリ
   ※堀田善衞氏原作の「方丈記私記」と「定家明月記私抄」を題材に
   ※堀田善衞展のイメージボードに武重洋二氏、田中直哉氏等参加
   ttp://www.ghibliworld.com/images/teika_to_chomei_ten_1s.j
   ttp://www.ghibliworld.com/images/teika_to_chomei_ten_2s.j


216:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 13:08:06 YFHsyV2b0
>>208
絵だけで充分凄いから
誰が監督だろうとそれなりの内容になるっていうのはずるいよな

吾郎は深夜の低予算アニメから出直せ


209:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 13:03:42 SFnReViM0
高畑監督オンリーだと高村和宏監督以下の駄作で終わるだろ・・・

227:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 13:13:29 u6eG1APx0
でも駿さんも、ポニョなんてわけわからんの作ったりして、誰も止められなくなってるから仕方ないのかもね
主題歌だけ大勝利だったけど

230:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 13:15:35 adnZICxh0
鳥獣戯画タッチってのが引っ掛かるなー
水彩調でやった「となりの山田くん」の大コケ再びとかなんなきゃいいが

232:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 13:17:06 hQkEU9t90
高畑好きなんだけど俺もそこが不安>>230


231:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 13:17:01 FjEDlizK0
 『   』(作品名未発表) 準備中
   監督:高畑 勲
   アニメーション制作:スタジオジブリ
   ※竹取物語を原作
   ※メインスタッフに田辺 修
   ※セル風アニメではなく鳥獣戯画の様な表現を模索中
   ※「竹取物語を原作にし、筋は同じようにたどりながら
      受け取る内容は全く違う、という作品を目指しています」
      2009年ロカルノ映画祭のインタビューにて

293:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 14:13:33 5WWUnesS0
>>231
おいおい、田辺修メインってマジかよ。この人はガチの天才だぜ。
絶対観るわ。


576:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 22:26:20 0vEYy9Ui0
お前ら、高畑=コケるとか好き勝手言ってるが、
明らかにこけたのは、「山田くん」だけだ。
「おもひでぽろぽろ」も「ぽんぽこ」もその年の邦画で興行成績1位とってるぞ。


>>293
「山田くん」も日常パートは田辺修がメインだよ。
発表会で1カットを初めて観た宮崎駿が急遽コメントを求めて絶賛してた。


241:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 13:27:11 +z16chbY0
>「竹取物語」を題材とした
これは原作としては地雷だろう。
実写映画でも巨匠大村昆が挑んで見事に大失敗してたもの。

252:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 13:32:33 pVSuwIMh0
>>1
沢口版
あのUFOが迎えに来るラストはたまげたなぁ。
何も聞かされてなかったから

255:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 13:33:33 c+OIwFfI0
良かった

あとは完成までに高畑さんが亡くならない事と
パヤオが強権で中止に追い込まない事だけだな

261:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 13:36:08 FjEDlizK0
>>255
パヤは現在パクさんがどんな作品作るか観て見たいと言ってる


267:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 13:42:05 DxL2l9eh0
むしろ「超獣ギーガー」をジブリで映画化汁

269:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 13:43:11 hQkEU9t90
>>267
画太郎て世が世ならジブリでアニメーターとして働くはずたんだっけ?
画太郎漫画をアニメ化できるとしたらジブリだよなあ。


282:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 13:59:13 rII1pJuE0
「『竹取物語』を題材とした鳥獣戯画タッチの長編アニメ」
これきいただけで観る気がなくなるのは何でだろ。
良質なアニメつくっても、このプロットじゃ人は集まらないと思う。

287:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 14:09:00 V1TYMHDNO
鳥獣戯画タッチってどういうことだ
JYAKUCHU的な感じだと思っとけばおk?

292:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 14:13:26 u+w8t3ap0
>>287 >JYAKUCHU的な感じだと
なんでまた最近その人は大人気なの?
色々テレビで取り上げられたり、美術館で催しやってたりもするようだけど
人気がこんなに出てきたのは何故?
どこか漫画タッチなところがあるのが受けてるの?




318:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 14:29:24 fu7FCdMJ0
竹取物語ってロシアからの漂流船に乗ってたロシア人女性の話をモデルにしてるんだろ?
回りから、その女はどうした?って聞かれて外国から来たって言えないので
竹から生まれたって方便言って
それでも白人金髪女性だから男どもはみんなメロメロで求婚しまくって
でも救助の船が来て連れて行かれたって。
どうもつじつまがあうような気がするんだけどな〜


397:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 15:52:22 ZqasAbl40
>>318
竹取物語が成立したのは9〜10世紀頃と考えられている。
ロシア人がシベリア以東に進出したのは17世紀以降。
お前リアルでアホだろ


418:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 16:17:27 Q+s/mEWiO
>>318
私は川で戯れる宣教師が
河童の起源だと言ってはばかりません!!


340:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 15:01:02 qKNTxzSs0
「おれは青春の全てをパクさん(高畑)にささげた」
パヤオは酒席でこう漏らし号泣したそうだよ

ソースは鈴木敏夫「ジブリ汗まみれ」

353:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 15:10:54 RiIfTR7C0
>>340 >「おれは青春の全てをパクさん(高畑)にささげた」
>パヤオは酒席でこう漏らし号泣したそうだよ

それで報いられなかったってこと?
それとも現在直接口も利かないような状況になってるとかで、そのような反応となったの?



366:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 15:19:11 Q3zRkHon0
>>353
断片的な、しかも売名野郎の鈴木の言葉でそこまで推測できるのか
すごいな


358:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 15:16:25 7Q4Zc4mn0
高畑を担ぎ出さないといけないくらい
他に優秀なのがいないんだろうな
パヤが死んだら痔ぶりも崩壊だよ

360:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 15:17:08 XUWGbhIJ0
近藤さんはマジで惜しい人だったな。
宮崎や高畑に「ジブリの未来が死んでどんな気持ち?ねえどんな気持ち?」って
ハッハッしながら聞いてみたい。

宮崎は息子が世に出られたから喜んでるかも知れんがw

406:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 16:09:25 5P+HAdft0
しかし、山田君はなぜ作ったの?なぜなんだ

408:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 16:11:33 7j7v8P1z0
>>406
鈴木がいしいひさいちのファン
あといしい映画の当たった実績もあったし


411:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 16:14:21 Q+s/mEWiO
絶対綺麗だよな
平安調の雅やかなジブリって
ありそうでなかったな

千と千尋の神隠しは下品だし

414:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 16:16:07 5P+HAdft0
>>411
どうせなら平家物語とかも作ってほしい。
今の子供たちにちゃんとした古典の知識を植え付けるチャンスだと思う。
日本文化を読み解く上で平家物語はかなり重要だから。


423:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 16:21:45 Q+s/mEWiO
たぶん、中国の水墨画アニメみたいなタッチになるんだと思われ。

なにげにその方面は中国ばかに出来ない。

ずっと前のcctvの京劇の梅蘭芳っぽい人が
舞うアニメがスゲー綺麗だった

432:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 16:26:54 ttCcOU7h0
>>423
1960年代の水墨画アニメの技術は壊滅したらしい…。


431:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 16:26:44 CiUwxNP80
>>318
でも時代的にその頃ロシアって存在しなさそうじゃね?
江戸時代に描かれたお釜の船に乗ってやって来た、
あれならロシアって思えるけど。

>>418はさすがに膝を叩かざるを得ない。

433:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 16:27:01 7KZLWmpX0
これは超楽しみ

どうせならジブリに大神をアニメ化して欲しい
あとハヤオに銀河鉄道の夜を久石の曲とのタッグで美麗映像化して欲しい
既出の猫が主人公の奴は微妙

444:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 16:33:08 TaHaayg80
↓竹取物語と聞いて調子にのる東方厨

464:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 16:48:16 vhFVXJE90
ハヤオの書く悲劇は物凄く「泣ける」んだけど
何度も見たいと思ってしまう
高畑の書く悲劇は救いがない+生々しい+欝展開の
三拍子揃ってて一度見たら二度と見たくないと思ってしまうw
蛍の墓なんて一度見たらゲップ出る

470:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 17:11:05 3lmtvqkU0
火蛍の墓は、アメリカでは、罰ゲームの素材として使われているそうだ。

たいていのアメリカンは一回通してみるとトラウマになるという証言が。
歴代欝映画の六位に入賞していたはず。


482:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 17:33:31 FgkFptvAO
>>470
それがまともな感性だよ

何回も見て泣いて自分に浸るカスはたいてい宗教狂い


486:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 17:39:33 gcIYaw5F0


もういいかげん変えろよ
毎回毎回高畑のターンでスベってんじゃねえか


若手いるだろよ!
え?鈴木!!



487:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 17:44:17 IS802VUH0
NHKの「鳥獣人物戯画の不思議ワールド」に高畑がアニメの原点だと出ていたが
そういうことだったんか。

ま、退屈な作品だろうね。
自民やアメリカの風刺画をこれでもかと入れてあるんだろうけど、もう政権交代しちゃったしな。
左翼が左翼政権の自己批判できるならいいけどね。

494:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 17:49:33 ck7KnY3f0
>>487
何年か前にも伴大納言物語絵巻の特集に出てたよね
絵巻物はアニメーションだっつってた


500:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 18:08:18 NqtiY0Jv0
晩年のパヤオ見るぐらいなら高畑の方が期待できるな

501:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 18:09:43 3sBaIHcp0
>>500
高畑も晩年だぞ


523:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 19:25:17 7zZgqozyO
ハヤオ作品以外は光ったものがないね。
後継者はいないのか?

529:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 19:42:49 Da9yjNLB0
高畑監督は
三千里&赤毛のアンの監督ってだけで名監督に違いないけれどな。
あのアニメを見たらこの人をバカにする気にはなれなくなる。
ただやっぱりキャラデザと原作は大事だよ・・・。
そりゃ世界名作劇場関係のムック本でも、日本の文学をやりたいって語っていたが。

532:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 19:53:58 Da9yjNLB0
「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」
これら高畑監督の作品を「超えた」って断言できるアニメって
30年以上経った今でも無いだろw 今でも全く色褪せていない。

553:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 21:25:54 rBJ1btbr0
>>532みたいな名作アニメって今もやってるの?
再放送でもいいから流してほしいな
子どもができたら見せたい


555:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 21:31:58 ocSBjGzq0
>>553
CSの定番コンテンツだよ


557:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 21:41:00 rBJ1btbr0
>>555,556
ありがとう、CSなのか
昔見たいにテレビつけたら普通にやってるって時代じゃもうないんだな
時期がきたら契約してみる


567:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 22:11:50 gDS4YNKAO
「大神」をアニメ化してくれ…って2時間じゃ無理か。

592:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 23:48:24 /KkyXxGl0
ある
今度同監督、ますむらネコでグスコーブドリの伝記やる

596:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 00:13:28 dqREu7/B0
>>1
フランダースの犬の監督は黒田昌郎だろ

597:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 00:31:30 Huh2sFaX0
アニメーション監督というのもやはり一代限りの才能なんだろうな、宮崎・高畑、所属違うけど富野・出崎・・皆
後継者と呼べる監督が生まれてないように思えるのは俺だけだろうか?

602:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 00:53:38 5T4ZACtP0
>>597
いっそ、実写の監督で才能あるやつがやったらどうかな。
高畑さんだって、絵は書けないわけだし。
鈴木さんみたいな人がサポートすればできるんじゃねーの。


600:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 00:46:15 BqrY7qG/0
安寿と厨子王もやってほしいな。昔
東映がやってたの面白かった。

625:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 04:12:06 ICZjQsBdO
>>600
その話大好きだ!
確かに映画にしたら良いもん作れそう


606:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 01:51:50 gNfydhhjO
もうナウシカやラピュタみたいなのは期待したら駄目なのね

610:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 02:07:19 BS7oACOV0
>>606
もう作れないよ。
年齢的に。
あんな作品を作り上げるのは高い張り詰めたテンションを維持する気力が
全てだと思うが、気力とは体力そのものだからね。


648:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 07:15:12 bWcMETut0
駿好きな人は「ハイジ」や「三千里」「アン」は駿が関わってるから駿の功績だと思っているのかな?
あれは監督の演出が優れていたからこその名作だと思うんだけれどな。
あと現地の背景や生活習慣に徹底的にこだわる高畑の姿勢とか。

ジブリなんかから足を洗っていいから
今再開している名作劇場をもう一度でいいから手がけて欲しいな。


651:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 08:04:39 3v+f/OSA0
>>648
ならなんで一人でやった作品が糞なの?
大事な部分を駿がやったおかげで名作になったんじゃないの


693:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 20:53:30 zjq7u1aE0
>>648
一般層に受けるいいTVアニメってのがほぼ絶滅状態だもんねぇ。
近頃、演出はどの実写、アニメでも恐ろしくダメになってるし。名作劇場の時代は確かに恋しい。


679:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 19:22:17 bWcMETut0
高畑監督は別にキャラデザイナーや脚本家ではないと思うが・・・
>>651みたいに1人でこなす云々を持ち出す人は
監督手腕が素晴らしいだけではダメで、駿みたいに一人でやらなければ評価しないというスタンスなのか

ハイジ・三千里・アンは高畑監督の力があればこその名作に違いないと思う
でも同時に監督1人のスタンドプレーじゃなくて
作画もキャラデザインも美術も脚本も音楽も素晴らしいスタッフが揃ったからだとも思う
だからといって監督の評価が下がるとは思わないけれどなあ


685:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 20:03:57 9n+kcI+2P
>>651
高畑は演出家、プロデューサーとしてはトップクラス
ただ脚本書くと説教臭くなるw

高畑がプロデューサーで
ハヤオをコントロールするのが一番いい


661:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 10:22:58 9n+kcI+2P
>>648

今「アン」の続編(幼少期だから前編?)やってるが
いかに高畑が優れていたかが分かる。
分析力は凄い、ただ創造性はまったくないw


653:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 09:13:29 iCuenFLm0
> 日本の古来の童話にジブリ風アニメではなく鳥獣戯画の画風で挑む。

誰が見るんだよ

691:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 20:46:38 UES0cywc0
となりの山田くんのどこにそんなにカネがかかったか不思議
以来の作品か

694:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 21:07:49 wumIMs5t0
>>691
もっかい観直してみるといいよ。作画がとんでもない事になってるから。
フリーの凄腕アニメーター長期間拘束しまくったんだろう。


696:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 04:18:26 5u2rTwZo0
>>691
高畑監督の意向で、この映画はフルデジタル処理でありながら、水彩画のような手描き調の画面となっている。
これを実現するために、実に通常の3倍もの作画(1コマにつき、実線、塗り、マスク処理用の線の合計3枚が必要となる)17万枚が動員され、
製作途中の画風模索もあり制作費が膨れ上がったとされる。


698:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 05:17:07 UsRJbhM+O
>>691
山田くんは
ジブリの中で一番好きだ。
泣いちゃったし。
って言ったらスゲー馬鹿にされて酒場で大喧嘩になった感慨深い作品だ。


702:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 05:42:58 9DKpCDDs0
>>691みたいなのって、あからさまに誰でもわかる
激しい動きをしているとか、派手な色使いをしてないと
絵に手間がかかってるってことが分からないのな。
そんな連中が山田君たたきまくってたんだろうけど。
微妙な感じの4コマ漫画から、あそこまで見られる
1本に仕上げてきてる高畑は素直にすごいと思うが



727:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 08:44:28 NkCXhuJ90
> 鳥獣戯画タッチの長編アニメ

すっげー色の少ない映像しか頭に浮かんでこない・・・



posted by 2chダイジェスト at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケ/JBL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセスランキング ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。