2009年10月04日

【文芸】秋の夜長に読みたい国内ミステリー作家は?

1:ホピ族の洛セ▲φ ★ 2009/10/01(木) 00:24:44 ???0
「活字を読むのはニガテ」という人でも、一度ハマると抜け出せない本、それはミステリー小説。
最初は不安げに「読み通せるかな?」と短編作品を手に取った人が、数カ月後には
「もっと読み応えのあるものを!」と分厚い本を求めるようになっているケースも、珍しくありません。
折しも季節は読書の秋。20代ビジネスマンは、どの国内ミステリー作家の作品に注目しているのでしょうか?

Q、秋の夜長に読みたい国内ミステリー作家は?
1位 赤川次郎 23.1%
2位 宮部みゆき 14.3%
3位 東野圭吾 13.9%
4位 西村京太郎 10.2%
5位 江戸川乱歩 9.7%

■赤川次郎のミステリーが読みたい! その理由は……
・「ミステリーの大道だから」(25歳/自動車関連/設計)
・「現実離れしているようで、し過ぎてもいないストーリー」(28歳/ソフトウェア/エンジニア)
・「この人のものしか読んだことはないが、他の人のを読もうという気にもならない」(26歳/通信/SE)
■宮部みゆきのミステリーが読みたい! その理由は……
・「作品自体というよりも、好きなゲームや趣味が自分と似ている作家なので好感が持てる。
『名もなき毒』を読んでみたい」(25歳/メンテナンス/その他)
・「哀しいミステリーの話でも最後は希望を抱くような話が多い。久々に『火車』が読みたい」
(23歳/精密機器/営業)
・「高校の時から好き。先が読めなくてドキドキする」(24歳/ホテル/サービス)
■東野圭吾のミステリーが読みたい! その理由は……
・「東野圭吾はミステリーのみならず、その中で丁寧に心情も描いているから」(26歳/鉄鋼/マーケティング)
・「内容は難しいが、文章は読みやすい。オススメは『白馬山荘殺人事件』」(23歳/建築/営業事務)
■西村京太郎のミステリーが読みたい! その理由は……
・「電車が好きなので、この作家の作中によく出てくる時刻表の描写やトリックの感覚が好き」(28歳/小売/販売)
・「弱者への優しさが感じられるから」(26歳/電気/設計)
■江戸川乱歩のミステリーが読みたい! その理由は……
・「グロテスクなところがあるから」(25歳/金属/財務)
・「全体のストーリーが面白い」(28歳/繊維/企画開発)
http://news.ameba.jp/cobs/2009/09/46393.html


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【文芸】秋の夜長に読みたい国内ミステリー作家は?

【関連リンク】

Wikipedia 【 東野圭吾


▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 100(733中) 】


16:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 00:29:25 ij5UJwhA0
原ォっていまなにやってんだよ

20:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 00:30:29 AOUAYdL+0
>>16
それを言うな

信じて待つ。それだけだ


17:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 00:29:38 Z929/oJt0
クソばっかだから


エルロイ読んどけエルロイを

30:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 00:34:12 JAy7k/SW0
>>17

>>1 は国内ミステリーって書いてるだろ
   無視すんな

てか、エルロイのLAシリーズの続編(完結作?)はいつ出るんだ?


28:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 00:33:27 DkNqhGZs0
じゃあ、オマイらのおススメを聞こうか (´ー`)

34:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 00:35:32 K2yaStLN0
>>28
横山秀夫にハズレなし


43:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 00:36:53 t4UQcvjT0
>>28
湊かなえ


53:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 00:41:02 lkV4FjHC0
>>28
二階堂禿人


63:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 00:43:49 Yb1i1Um90
>>28
歌野晶午

あの読後感の悪さは尋常じゃない


115:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:12:20 EhYyvwY10
>>28
有栖川有栖のシリーズには、『学生アリス』ものと『作家アリス』ものとがあるが、
『学生アリス』ものはとりあえず読んで置け。

『月光ゲーム』⇒『孤島パズル』⇒『双頭の悪魔』⇒『女王国の城』の順番に読むのが基本だが、
このシリーズは完璧なロジックに学生サークルの青春小説という要素も濃いので、小説として面白い。


ここまで挙がっていない名前であれば、柄刀一(つかとう・はじめ)は本当にお薦め。
彼の作品に『OZの迷宮』という連作短編集があるのだが、何と、作中とんでもない理由で探偵が入れ替わったりする。
この作品のとんでもない=素晴らしいところは、文庫の『あとがき』までが作品の重要要素であるという点だ。
アマゾンで購入してでも、読んでみるといい。

島荘はなぁ…
作品の当たりハズレが激しいから…


136:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:23:05 xX7NjWP80
宮部の時代物は町人が主役ってのが面白い。
江戸時代の食文化とかすごく細かくて
下町の地理に詳しければもっと楽しめるかも。

>>115
>『女王国の城』 シリーズ新刊出てたんだ。見るよ!

岡嶋二人でてない。
99%誘拐面白いのに。昭和でこの小説書けるはすごい


71:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 00:46:34 NdsETKEH0
>>63
密室殺人ゲームや舞田ひとみはある意味爽快だったぞ
死体を買う男が一番好きだけど


38:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 00:36:17 eD7s22p2O
赤川とか西村とか、ミステリーとは呼ばないだろ。
ミステリーと言うからには魅力的な謎がないとね。
JRを乗り継いだだけのアリバイ(笑)俺でも書ける(笑)

70:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 00:46:20 fYKbQjFF0
文庫で海外ミステリーが売られてるのにわざわざ国内のものを読む理由がない

80:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 00:55:08 JUPWczJt0
20歳で赤川次郎読んでたら引きますか??
見た目は女っぽいですがw

81:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 00:55:21 wKYwqZKY0
原遼って、もうミステリー書いてないの?

83:28 2009/10/01(木) 00:55:57 DkNqhGZs0
>>34 横山秀夫 「ハズレなし」とな?
>>43 湊かなえ  最近、女流作家が頑張ってるな
>>53 二階堂禿人 名前が違う気がするが気にしない
>>63 歌野晶午  そういうの嫌いじゃないぜ

 φ(。。 )メモメモ 全部、読んだことない。
 ありがとよ。読まさせてもらうぜ

86:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 00:56:41 xX7NjWP80
ミステリーじゃないけど小野不由美はそろそろ12国記を完結させて欲しい。

伊坂幸太郎って読んだことないけどどう?

113:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:11:24 JUPWczJt0
かまいたちみたいに閉鎖されたお話のは
ないですか?
ちょっとコミカルで

117:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:13:55 lkV4FjHC0
>>113
ある閉ざされて雪の山荘で


118:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:14:23 vRyBWSbl0
東野圭吾の>>117


116:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:13:21 VoutwaLe0
綾辻行人みたいな”本格派”ってなにがいいんだかわからない

132:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:21:05 EhYyvwY10
>>116
綾辻とか法月とか我孫子とか、あの辺の京大ミステリー研究会出身の作家は、『新本格派』な。
ミステリー小説の歴史上、『本格派』といった場合、横溝正史や高木彬光とか昭和30年代後半から40年代前半で、
一度絶滅した流れだから。

松本清張が登場して、所謂『社会派』と呼ばれる一連の作品を次々と発表したので、探偵+トリック=『本格派』という流れが、
以前にも増して一段も二段も下に見られるようになってしまった。
『ゼロの焦点』の時刻表トリックなんて、本格のトリックなんだけどね。

で、70年代からコツコツと一人で『本格』の旗を掲げ続けた島田荘司が、上記の京大ミス研や
自分の家にアポ無しで小説の書き方を尋ねに来た歌野晶午らを講談社に紹介して続々とデビューさせたのが80年代。

有栖川有栖も時期的にはかぶるのだが、ルートが違うので俺としては『新本格』とは呼びたくないなぁ・・・


130:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:19:26 wDvZk5G80
北村薫は「秋の花」が好きだなあ。


139:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:23:29 VkN7Td7t0
>>130
覆面作家シリーズがなんか好きだった


133:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:22:29 JUPWczJt0
>>117
>>118
もう読んじゃったw
しかしあの主人公はどんなやつなのかな

143:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:24:46 lkV4FjHC0
>>133
人格転移の殺人とか


147:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:26:33 JUPWczJt0
>>143
ある閉ざされて雪の山荘での主人公ってハーフみたいでイケメン
なんでしょ?
でもほとんど主人公の描写が少なくて、最後に推理するのは寒気がする


156:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:30:03 lkV4FjHC0
>>147
まったく憶えてない


164:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:35:37 9JPeoIkS0
>>147
ハーフみたいなんて描写あったっけ?久我でしょ
どっちかってとイケメンってより何考えてるか分からないけど魅惑的なキャラだった記憶があるが


165:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:36:53 JUPWczJt0
>>164
女子二人の会話で
両方言われてる


183:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:51:17 r9ArT2wM0
中島らもさんもミステリーやってるから混ぜてくれ

401:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 23:12:42 QRshGJpF0
>>183
ガダラの豚が大好きです!読み返しても楽しめる


186:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:52:17 qRYMvT200
東野の本は展開が都合よすぎな印象があるんだけど

192:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:56:44 EhYyvwY10
>>186
それを言い出すと全てのミステリー小説が、ご都合主義の権化だからw
ベーカー街の住人にしても灰色の脳細胞にしても、皆、かなりご都合主義だろ?(´・ω・`)

もし、貴殿がご都合主義の要素を完全に取り払ったミステリーを読みたいのなら、
A.バークリーの『毒入りチョコレート事件』を読むことをお薦めする。

酷く単純な事件の真相を暴くという『解釈』論について、実に6つ(7つ?)の全く異なる解法を提示するという
メタ・ミステリー小説だから。
こんな小説がクリスティやクイーン、J.D.カーと同じ時代に書かれたのだから、とんでもないんだけどね…

閑話休題


203:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 02:02:51 0acsJfG00
>>192
ワセミス出身・50代とお見受けした


197:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 01:59:49 Oc3Y43DJO
島田荘司
>>1
知ってる名前をあげただけって感じだなw


206:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 02:04:13 EhYyvwY10
ちなみに、>>1で挙がっている作家の中では宮部みゆきさんは大好きな作家だけど、
彼女の時代劇ものと少年を主人公にした一連の作品は好きだが、
『理由』や『火車』は嫌いだ。

元々、俺の体質に社会派が合わないからなんだが…

そんな彼女の最高傑作は、『汝が隣人の犯罪』だと思う。
この短編集は全て傑作だが、中でも『サボテンの花』は30ページしかないにも拘らず、
完璧なミステリーだと思う。

207:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 02:05:16 wrgn9SI+O
そういえば、俺のミステリー小説デビューは、
コインランドリーに落ちてた>>1にも出てる宮部の『火車』なんだなー。
洗濯終わるまで暇で読んでたら…ハマるハマる!
不思議な出会いでしたw

もちろん落とし物なので、元に戻して即行中古買いに行きましたYO!

214:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 02:11:24 DYRlAk4j0
高村薫はもうミステリー書いてないし

222:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 02:15:54 o/30PQRq0
島田荘司って解決部分以外はスゲーおもしろいよなあ
「ねじ式ザゼツキー」とか「水晶のピラミッド」とか
物語は糞ツマランがトリックが超絶バカでおもしろかったのが「斜め屋敷」
「占星術」「異邦の騎士」「奇想」の3つは今の島荘を思うと奇跡

224:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 02:16:38 EhYyvwY10
存命の日本のミステリー作家で、質・量ともに当代最高だと思うのが京極夏彦だな。

妖怪シリーズって、本筋とは関係無い(ように見える)あの異常なまでの薀蓄が、俺の心を鷲づかみするぜ。
『鉄鼠の檻』を読んだ後なんて、それまで全く興味の無かった『禅』の関連書を読み漁ったくらいだしw

ただ、長い。
分厚い。
しかも、読み始めると確実に一気読みモードに入るから、結果として必ず身体を壊す…

桑原桑原

229:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 02:23:27 1TUFmziWO
>>224
京極は秋の夜長に読むものか?
暇作って、眉間に気合い注入しながら、立ち向かっていく本だろ


231:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 02:29:29 Qp1kl7TX0
京極夏彦って京極堂以外で面白いのあるの?

287:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 09:45:39 ypzJZmTxO
全くミステリーではないが時間があるなら
北方謙三、三国志は是非読むべき。

288:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 09:50:56 /Sk2n+R20
>>287
水滸伝はどうですか?



292:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 10:01:59 vIaPNCwu0
>>288
横レスだが、個人的には水滸伝のが面白かった
三国志は人物伝みたいになってて、ひとつの物語を読んだ感じがしない
最終巻読んだあと、しばらく完結したって気がつかないようなつくりだし。

それと、両方とも吉川栄治あたりの「王道」の作品を読んでないと
作品の面白さが分からないかと。特に水滸伝は、話しを完全に書き換えてるから


329:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 12:12:53 /Sk2n+R20
>>292
丁寧なレス、ありがとうございました。
平凡社の中国古典文学大系の水滸伝は読んでいるので
北方に手を出すか迷ってました。読む決意ができたので
順次文庫を仕入れてゆきます。


291:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 09:58:31 55cJJiXNO
初心者にも通にもオススメできる作品なら「大誘拐」、これ1本。
適度な長さと読みやすさ、内容、質、ほのぼの感と素晴らしい結末、文句なし。

軽いものなら黒川博行のクロマメシリーズもいいかも。

317:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 10:29:29 QlSrTbBNO
赤川次郎ってまだ書いてるの?
そもそもミステリーが手放しでもてはやされた時代は過ぎただろ

宮部みゆきは時代小説のほうが面白い印象だし、俺はね

322:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 10:32:59 I4r7rPwq0
>>317
時代物は江戸の町の描写がわかりやすくていいな



327:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 11:59:35 ohvoAvqQ0
井上夢人って最近どう? 岡嶋二人のころは好きだったんだけど。

344:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 13:05:20 OqlPxM37O
あれ、伊坂は?

345:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 13:08:12 ll2plRDc0
>>344
ミステリーじゃないんじゃない?


349:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 13:30:05 OqlPxM37O
>>345
このミステリーはすごい!ってので受賞してた気が


347:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 13:12:37 hlkTSHXt0
赤川次郎も初期は良作があるよね。マリオネットの罠とか三毛猫の最初のとか。
西村京太郎も名探偵シリーズとか殺しの双曲線とか。
内田康夫は・・・ドラマしか分からんw
山村美紗は意外に不可能犯罪ものが多くて俺は好き。

この4人はミステリー読み始めの頃に馬鹿にしがちだけど、埋もれた良作を見つけるのは楽しい。

>>344
伊坂や京極は(もしかすると森も)一般文芸として扱われることも多い。俺も伊坂はミステリーではないと思う。
広義のエンタメではあると思うけどね。あ、オーデュボンの祈りはミステリーとしても面白かった。


359:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 14:30:56 nQOVdetL0
青山剛昌
日本で一番売れているミステリー作家

388:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 22:39:00 jWq+sntWO
西澤保彦「七回死んだ男」
古処誠二の自衛隊のやつ、たしかUNKNOWNと未完成だっけ。
どっちも面白いと思う。
両者とも、最近の作品は読み切れてないけど…
古処は戦記ものじゃなくて、自衛隊の書いてくれないかなー。

402:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 23:25:39 LO69IvOR0
ガダラの豚は、ミステリーなのかな?
俺にはイマイチだったなあ。
中学、高校生ぐらいで読んでたら良かったかも。

403:名無しさん@恐縮です 2009/10/01(木) 23:28:03 H2OXzgc40
>>402
一巻は本格ミステリー
二巻は冒険小説
三巻はオカルトサスペンス


422:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 12:32:33 cuobl0SEO
山田も東野も変わらんだろ
京極に至ってはラノベだし

445:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 19:49:57 oVlmh17p0
国内だったら殊能将之にきまってんだろ。

453:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 21:01:30 f+PJRloZO
>>445
シュノたんは春から梅雨にかけてくらいに読みたい

秋は…西澤保彦あたりかなあ。麻耶もいいけど、
麻耶とか京極夏彦はやっぱり冬が本番

頼むからみんな新作書いてくれ


458:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 21:12:00 Jk9AR17B0
>>445
殊能って面白いけど邪道というかズルイ気がする
結局、綾辻とか有栖川の美味しいとこ取りというか茶化してるだけ
漫画で言えば幕張の作者みたいな感じだな

「美濃牛」「黒い仏」「鏡の中は日曜日」どれも面白かったけど本筋の部分がいまいち




473:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 21:56:35 I44FZDi7O
東野圭吾は、白夜行と幻夜しか読んでないんだけど他のオススメはなんですか?

さまよえる刃は面白い?

478:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 22:01:03 xyuHThFH0

ネラーが選ぶマジで「やられた」と思ったミステリー小説 [2007/8/12暫定版]

【我孫子武丸】 「殺戮にいたる病」
【綾辻行人】  「十角館の殺人」
【泡坂妻夫】  「しあわせの書−迷探偵ヨギガンジーの心霊術」
【歌野晶午】   「葉桜の季節に君を想うということ」
【倉知淳】    「星降り山荘の殺人」
【小泉喜美子】 「弁護側の証人」 
【島田荘司】   「占星術殺人事件」
【殊能将之】   「鏡の中は日曜日」  「ハサミ男」 
【筒井康隆】   「ロートレック荘事件」
【中西智明】   「消失!」 
【麻耶雄嵩】  「螢」
【三津田信三】 「首無の如き祟るもの」



528:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 22:57:16 wAzBmUMT0
>>478
【筒井康隆】の「ロートレック荘事件」は本職のミステリー作家が同じもの書いたなら非難轟々だろうな。
俺も見事に騙されたけど。



493:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 22:09:22 l/sLSKP40
東野なら変身が面白いよ!
これも累計発行部数110万部というヒット作品だ
マジメな青年がキチガイに変わっていく様子が面白い
ドラマか映画でやってほしい

504:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 22:21:29 MX5Thiil0
作家として作品を出せるのは才能
寡作はそれだけで罪
いくら「ミステリ」作家を名乗っても、何年も休んだり
「ミステリ」的な形式や伝統を声高に叫んでみても
寡作の前にはファンは逃げていくよ
新本格を名乗るあの人やこの人や、思い当たるのがたくさんいるだろ

508:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 22:23:48 N2p94nIT0
>>1
なぜ京極が入っていない!

ミステリーとして認めないからか?

513:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 22:30:47 dOYM75ye0
>>508
上位陣は皆癖が無くてすごく平易な文章で書かれてるって
共通点があるな。本当に読み物として面白い作家はランク外…

京極夏彦とか文章だけはとっつきにくいけど、内容はかなり大衆向け
で面白いのにね。


514:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 22:31:07 gA4nh9kM0
>471
クラインの壺、おもしろかったけどなあ。

517:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 22:39:32 Q/a3T3ky0
>>514
クラインの壺は面白いけど
岡嶋らしさがあまりないと思うんだ。
もうほぼ井上夢人。

ただ、あんなゲームできたらすごくやりたいと思った。
20年も前に書かれたとは思えない。


527:名無しさん@恐縮です 2009/10/02(金) 22:56:07 TYGwsrlyO
>>514>>517
そんなあなたに高畑京一郎の「クリス・クロス」をオススメしたい
超マイナーな気がするけど…

537:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 00:02:08 FWplL/Wz0
赤川次郎をばかにして偉そうに他のミステリー作家読んでるって言うひとが恥ずかしい

570:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 01:57:53 rOkmAqiM0
高村薫、マークスの山読んだときはめちゃくちゃ面白くてすげーと思ったが
次に照柿を読んだときにすべてが崩れ去った。めちゃくちゃつまらない。
なんでベアリング工場の様子と不倫をぐちゃぐちゃと書き続ける必要があったのかまるでわからん。



572:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 02:09:55 n5qt3m2fO
新宿駅の地下通路が手長猿の形になってるのが
ポイントのミステリーがあったよな

584:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 08:50:39 TiWzhVb50
今どきの中学生の読書感想文は
有栖川とか二階堂とか(しかも短編)で書いてきやがる
中身はネタバレ込みのあらすじオンリーだったり


589:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 10:55:37 PWjciMs50
>>584
今ってか小中学生ってそんなもんじゃね?指定でもない限りは
自分も真面目な本を読むのが面倒だったときはラノベで読書感想文書いてたよ
漫画で書いてるヤツもいたな、突っ返されてたけど
ちなみに現在三十代


630:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 16:11:08 XW79RJxS0
>>584
読書感想文は、指定図書で「ドキドキしました」「ワクワクしました」「ビックリしました」「感動しました」「面白かったです」「○○みたいな人になりたいです」
みたいなニセ文章を全力で創作するもんだったなあ


637:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 16:21:30 u8goAlTj0
>>630
大嘘こきまくって教員に媚まくった読書感想文が
大賞とってからというもの、すべてアホらしくなったわ
あいつら、何もわかってねえ


616:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 13:43:48 p63TZxjo0
>>589
俺も、乱歩の短編の感想文を出したら、さすがに教師の目が点になってたな・・・・(^^;)


636:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 16:21:29 Br83ZUe+0
【レス抽出】
対象スレ:【文芸】秋の夜長に読みたい国内ミステリー作家は?
キーワード:辻真先



抽出レス数:0





おまえらにはがっかりだ

640:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 16:28:38 YJWulPenO
>>636
迷犬ルパンに用はねえ


642:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 16:31:10 Br83ZUe+0
>>640
おまえってやつは…


648:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 16:38:37 YJWulPenO
>>642
…本当は全部持ってる


666:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 17:51:36 ayu4FzMr0
寝る前にミステリーって気分悪くないか?

668:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 17:54:01 iuGiO0/J0
怖いミステリーなんて、そんなに無いでしょ。

679:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 21:11:31 wBKMqVzU0
日本のミステリーベスト10

1)乱れからくり
2)湖底のまつり
3)花嫁の叫び
4)喜劇非奇劇
5)迷蝶の島
6)11枚のとらんぷ
7)死者の輪舞
8)妖女のねむり
9)亜愛一郎の狼狽
10)天井のとらんぷ

異論は有り得ない。

680:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 21:21:27 fgBsPLQ40
>>679
奇術探偵曾我佳城全集


682:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 21:24:07 XW79RJxS0
>>679
そんな漫画みたいなのばっか読んでないでベルクソンやロラン・バルト読めよ
面白いぞ!


683:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 21:45:31 wBKMqVzU0
>>682
どっちがだよ


685:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 21:58:19 NmsDZZ4IO
>>682
なんかこういう白人コンプレックス野郎はムカつくんだよな。
海外に住んでたせいか?


686:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 22:00:25 wBKMqVzU0
>>685
まともに国内物読んだこと無いんだろ
そのくせ原書は全く読めないw


690:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 22:09:27 XW79RJxS0
>>686
読書を知らない馬鹿なID:wBKMqVzU0よ
オモチャみたいなしょうもないのばかり読んでないでもっとまじめになれ
国内?西田幾多郎とか和辻とか中沢とか有名どころいるだろ
アホかこいつは


699:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 22:39:32 wBKMqVzU0
>>690
「オモチャみたいなしょうもない」
この稚拙極まりない表現何回使うんだ?
どこがどうおもちゃなのか素晴らしい海外文学で鍛えた表現力で解説してくれよ


691:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 22:10:31 iyHcV6V60
>>1
これ秋も夜も関係ないだろw

697:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 22:15:41 Qo/HtGjs0
>>1
なぜみんな「王道」にふれない?

704:名無しさん@恐縮です 2009/10/03(土) 23:28:19 XW79RJxS0
>>699
呆れた、海外文学の話なんか誰もしていないのに・・・
智の深淵から目を背けるだけでは何も進歩はない
智は深くそして高い。エッセ・イス・ミステリ、どこまでもどこまでも続く智の巨塔を登る快感はミステリ(笑)には望めまい
空想的でありながら現実的、そして能動的な快楽主義の権化。悩むのが嬉しく、不毛なのが不安。
>>679はおもちゃだ
元々オモチャとして構築された玩具だ、それに気付かないフリをするのはやめろ、目を背けるな。




posted by 2chダイジェスト at 06:14| Comment(1) | TrackBack(0) | バスケ/JBL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

マキちゃんってマΦコの中でチΦコを奥にグ グ グって押し付けると
「ひぁぁぁんっ!!(゚д゚*;)」って叫びながらすーぐにいっちゃうんだよねwwwww

おもしろがって押しつけまくってたらイき過ぎておしっこもらしてたしwwwww
その後の恥 ず か し そ う な 表 情 がま た カ ワ イ イんだよなー!!(*´ー`*)ーЭ

http://x.vu/mumu
Posted by かわいいwww at 2009年10月04日 06:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセスランキング ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。