2009年10月23日

【音楽】加藤和彦さん、最後のインタビュー「89点から92、93点ぐらいの曲はすぐできる。でも、120点じゃないとまずい」

1:禿の月φ ★ 2009/10/20(火) 12:36:04
 17日、滞在先の軽井沢のホテルで自殺した加藤和彦さん(62)は、
9月28日、夕刊フジの取材を受けていた。
関係者によると、これが加藤さんの最後のインタビューになったという。

取材には、にこやかな笑顔でひょうひょうと答えていたというが、
一方で、音楽活動に対する葛藤の片鱗も見せていた。

作曲については「89点から92、93点ぐらいの曲はすぐできる。でも、120点じゃないとまずい」と自らを追い込み、
90年代以降、プロデュース業に専念してきた理由を、
「一番つらいのが自分のプロデュース。自分のソロっていうのは十何年、いや20年以上作っていない。
できれば(誰かに)お願いしたいなあと思っている。ただ、そういう人は現れてこないですけれど」と話した。

そのうえで、あるべきプロデューサー像について「精神科のドクターみたいなもの。
ポール・マッカートニーのような超大物でも、最近はみんなプロデューサーを付けているんです。
ミュージシャンでもエンジニアでも、(創作の際には)精神的サポートが必要なんですよ」と話していたという。(続きます)

ソース:MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/music/091020/msc0910201122000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/music/091020/msc0910201122000-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/music/091020/msc0910201122000-n3.htm
画像:笑顔で夕刊フジのインタビューを受ける加藤和彦さん=9月28日午後、東京・大手町
http://sankei.jp.msn.com/photos/entertainments/music/091020/msc0910201122000-p1.jpg
http://sankei.jp.msn.com/photos/entertainments/music/091020/msc0910201122000-p2.jpg
関連ニュース
【加藤和彦さん死亡】自分への厳しさから死を?・・・つのださんや高橋幸宏さんら多くの音楽関係者が参列ししめやかに密葬
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1255946424/-100
加藤和彦さん&坂崎幸之助さん-イムジン河@サマピつま恋,9/20/09
http://www.youtube.com/watch?v=5xukBipXcs8




スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【音楽】加藤和彦さん、最後のインタビュー「89点から92、93点ぐらいの曲はすぐできる。でも、120点じゃないとまずい」

【関連リンク】

Wikipedia 【 加藤和彦
Wikipedia 【 夕刊フジ


▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 100(788中) 】


2:禿の月φ ★ 2009/10/20(火) 12:36:22
>>1からの続きです)
以下は、19日発行の夕刊フジ「ぴいぷる」面に掲載された加藤さんのインタビュー。
「新聞や雑誌のインタビューを受ける時、どうしても理解できないことがあるんだ」
時代を代表する伝説的バンドを率い、いまも歌い継がれる数々の名曲を生み出した
ポップミュージックの大御所から、突然の苦言?

「写真を撮る時、どうして話している“画”を撮りたがるのかな」
どうやら、インタビュー中に撮影されるのが落ち着かないらしい。

取材場所にはマネジャーと2人、のんびり歩いてやってきた。偉ぶる様子はみじんもない。
写真撮影だけの時は、カメラマンのポーズ要求に気安く応じてくれていただけに、
真意を測りかねたが、次の言葉を聞いて合点がいった。

「音楽以外でアピールするのは違うと思うんです。やっぱり、音楽だけで主張するのがホントだろう、と」
冗舌なのは音楽だけで十分−。細やかなこだわりに、プロ意識が見えた。

故郷・京都で大学在学中にフォークバンド「ザ・フォーク・クルセダーズ」を結成。
1960年代のフォークブームの中、爆発的な人気を得たが、本人はプロになる気は毛頭なかった。
大ヒット曲「帰ってきたヨッパライ」も偶然の産物だ。

「バンドの解散記念にアルバムを自主製作することになった。
でも、曲数が足りなくてね。急遽作ったのがあの曲。
メンバーの北山(修)の家に行った時、英語練習用のテープがあって、
そのテープで遊んでいて早回しのアイデアを思いついたんだ」

当時は反戦フォークの全盛期。多くのバンドが反戦や平和など、政治的なメッセージを込めた曲を歌う中、
人を食った歌詞と実験的な楽曲は異彩を放った。

「米国にはベトナム戦争があった。でも日本で『安保反対』と歌っても説得力がない。そこに違和感を覚えた。
僕にとって、音楽は自分の体から出るアカみたいなもの。環境が変われば、音楽のスタイルも変わる。
だから政治的メッセージではなく普遍的なテーマを唄うべきと思ったんです」(続きます)




8:禿の月φ ★ 2009/10/20(火) 12:38:52
>>2以降からの続きです)
「反戦フォーク」の代表曲のようにいわれる「イムジン河」も特別な政治的意図があったわけではないという。

「単純にいい曲だと思って。北朝鮮の歌とは知らなかった。
もとは友人の松山(猛)君が中学時代に朝鮮学校で聴いてきた歌で、日本語詞は彼に書いてもらった。
舞台は朝鮮半島ですが、僕はそれだけがテーマじゃないと思っている。『イムジン河』はどこにでも流れている。
国と国、上司と部下、男と女。人と人の間にできる『溝』ととらえることができる」

「帰ってきたヨッパライ」に続くシングル第2弾として発売予定だった同曲だが、
発売前にラジオで同曲を流したところ、レコード会社が突然、発売中止を決めた。

「発売元の東芝に、朝鮮総連から作曲者の出身国名をクレジットするよう要請があったんです。
でも当時、北朝鮮は国際社会で正式に国として認められていなかった。
問題を避けるために発売を自粛したというのが、本当の理由です」

サディスティック・ミカ・バンド解散後、90年代はおもにソロやプロデューサーとして活躍。
裏方の仕事が多かったが、2006年に木村カエラを3代目ボーカルに迎えて同バンドを再結成。
07年にはアルフィーの坂崎幸之助とフォークユニット「和幸」を組むなど、ステージに立つ機会が多くなってきた。

来月5日には、昨年から参加している大腸がん検診の受診促進・早期発見を啓発する
「“BRAVE CIRCLE”大腸がん撲滅キャンペーン」の記念コンサートに出演を予定している。(続きます)



382:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 05:05:30 vIQ3Mv3y0
>>8
そうなんやー。一時「イムジン河」を書いた人ってことで嫌いになってた。。


3:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 12:36:42 pwfLXZ6v0
90点の曲も書けなかったくせに。

9:禿の月φ ★ 2009/10/20(火) 12:39:05
>>3以降からの続きです)
前妻の安井かずみさんを肺がんで亡くしている。
キャンペーン参加には特別な思いがあるのだろうと推量したが、柔和な表情を崩さず、
「ダラーッと40年、音楽をやってますが、あんまり社会貢献してない。少しでも役に立てれば、と思って」とだけ答えた。

「音楽家は音楽で語るだけ」。そんな無言のメッセージを受け取ったような気がした。
長身に細身のスーツ。着こなし同様、スマートな生き方を貫く人である。(おわり)

画像:http://sankei.jp.msn.com/photos/entertainments/music/091020/msc0910201122000-p3.j
http://sankei.jp.msn.com/photos/entertainments/music/091020/msc0910201122000-p4.j
http://sankei.jp.msn.com/photos/entertainments/music/091020/msc0910201122000-p5.j




529:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 18:03:38 fLE1CnCU0
>>9
思春期なら死にたくなるぐらい足短いな。


531:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 18:07:38 k/sJ7ell0
>>529
8頭身でも足短いのか
お前だルビッシュか


20:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 12:45:33 zOsbjuao0
62にもなって何で自殺なんだよ。それもホテルに迷惑かけて。
これだけで、70年代の反戦馬鹿青年ってことだろ。

32:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 12:54:36 e5XS0IArO
パクって120点じゃなぁ・・・
そもそも、帰ってきたヨッパライもチップマンクスだし

43:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 13:01:52 SE5NdxhS0


156:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 15:37:05 NoaQwsrrP
>>32
帰ってきたヨッパライとチップマンクスのどこが同じなん?
早回ししてることだけじゃん。

早回しは別に誰の発明でもないわけで。




55:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 13:09:22 kPeF0CB00
はしだのりひこ氏はどうした?

65:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 13:25:02 L2Sx8kwiO
なんかイムジン河とか戦争を知らないとかであーはいはい団塊だろって感じで
よく知らないのにイメージで叩きに来た叩きたがりやさんがいるけど
加藤和彦はそういうののど真ん中にいて全然そうじゃなく
全く別次元にいた稀有な人なんだよ

73:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 13:32:16 /PpBDrj/0
タイムマシンにお願いして生前の加藤に「あなたの音楽が必要な人はたくさんいるんすよ」と言いたい

77:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 13:34:26 gcKE+o0R0
結局
悲しくてやりきれないと白い花は恋人の色
の素人でも作れそうなフォークしかないような

この程度でロックのカリスマになれたの?
どこで音楽勉強したの?
ロックファンの人教えて

87:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 13:49:48 nZZOYUsG0
>85
当時のメディア状況も知らないくせにw

102:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 14:01:10 DQvNeDGS0
死ぬ前に一度ファンの前でライブすれば
考えも変わったかもしれんし、益々落ち込んだのかもしれんけど

105:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 14:03:41 6VfB03hE0
>>102
死んだから注目集めてるけど
そうじゃなきゃ加藤和彦のライブなんて客が集まらないだろ


111:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 14:09:31 qHHtfpOOO
>>1
え?

80点くらいの曲が二、三曲あるだけで他はガラクタじゃん

157:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 15:38:03 +tmG0Qzt0
>>1
見た目、ただのお爺ちゃんだ

162:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 15:48:15 eKUMwCFj0
つんみたいに下らん唄(ミニモニの♪美味しい牛乳飲むのだぴょ〜ん♪を唄わされたブラザートムは
怒り心頭だったと堂本兄弟で言ってたっけw)を発表しまくってる方が長生きすんだろ。

176:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 16:29:17 wRKm4z2l0
自殺じゃなくて他殺
犯人は坂崎幸之助
動機は
お前才能ねーなと言われカッとなってやった

189:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 16:57:30 HAGRSkcR0
だけど、振り返ってみると、この人の曲は時代を感じさせないというか、古さを感じないね。

帰ってきたヨッパライ、あの素晴らしい愛をもう一度、悲しくて悲しくて、イムジン川

ミカバンドのなんかも充分新しい

いかにも70年代、80年代っていうのがないんだよ。

201:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 17:05:27 /Vh8wKV7O
>>189
ドゥーユーリメンバーミーも入れて


297:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 21:45:00 so7ioUi+O
>>201
あな〜たに〜


197:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 17:02:32 hkdAEwW40
カッコイイおじさん
メチャクチャお洒落だし

200:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 17:05:05 PqLxCMLO0
>>197
一番の原因は、それをずーと維持するのができなくなっちゃったんだよな
金も尽きるし、周りもどうでもいいと思うし


208:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 17:12:58 hkdAEwW40
>>200
自意識が強かったのかな?
あの年でジーパンが似合う人ってあんまり居ないと思ってた


210:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 17:17:40 PqLxCMLO0
>>208
自意識が強くて、ねらーみたいに、絶えず誰かに同調してもらえないと荒れるって感じじゃないのかな。

サザンやドリカムみたいのがどんどん出てきて、儲かってるレコード会社の中の人から、
無言の不要宣言されて、それでもイメージ崩さないようにやってくのは無理じゃないかと。

才能あるといったって、実際のところは洋楽コピーを自分名義にしちゃうわけだし、
今の洋楽はついていけないだろうし。


206:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 17:11:58 PH6e7sKWO
問題はカエラがこの件に関してスルーな点だな

222:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 18:23:03 GnhHU7KhP
作曲家としてのヒット曲めちゃくちゃ多いな
竹内まりやのセプテンバーもだし
印税だけで永遠に食って行ける状態
金銭的に恵まれ過ぎてやる気を失ったんだろうな

235:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 19:34:08 VGRJB1+j0
最近のインタビューで「アルバムを出したいけど、プロデュースを頼みたい人がいない。
海外ではポールマッカートニーみたいな大御所でも、プロデューサーをつけてる。
それはアーチストにとって、精神科医みたいな存在なんだ」
と語っていたが、加藤のプロデユースは確かに難しいと思った。
売るということとの兼ね合い。方向付けしかり、
うまく本人の納得いくように付き合わなければならないというのもあるし。

267:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 20:52:35 zm6IsUE8O
>>235
坂本龍一も同じこと言ってるよ。
坂本もソロは基本的にセルフプロデュースだけど、やっぱり自分で自分の殻を
破るのって難しいんだと。
第三者の冷静な目も必要なんで、プロデュースを人に任せたいとも思ったりしたらしい。
だから未来派野郎の時にトレバーホーンにプロデュース頼もうとしたり、
ネオジオの時にビルラズウェルに一部プロデュース任せたりした。
でも、完全に信頼できるプロデューサーに巡り合えないんだろうな。
自分の中だけで新しいことに取り組み続けるのって苦しいことだと思うよ。
完璧主義者だと、それこそ第三者プロデューサーとの相性が難しいだろうしね。
加藤和彦の言っていることはよくわかる。


259:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 20:27:21 Si2X9yyF0
>>1
まあ読んでると鬱になって自殺する理由もなんとなくわかるわ

260:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 20:32:09 3Mym+pc/0
毎日のように納豆を食い
ご飯に卵をぶっかけ、
味噌汁をかきこむ。

昼飯にはコンビニ弁当をくい、
夕飯には、スーパーで買ったとんかつとぶつぎりキャベツで
たらふく食う。

そして、嫁とげらげら 笑いながら、伸助の番組をみる。
夜は毎日のように獣のようなまぐあい性交。

そんな連中に 加藤和彦やYMO の世界がわかるわけねーだろ。

所詮は 明治 中央大学が上限の連中だ。

284:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 21:20:42 2zO3ukCqO
ウイングスのロックショーって歌タイムマシンにお願いのパクリだよな
ポールマッカートニーにパクられたのはマジに凄いと思う

308:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 22:15:29 3Mym+pc/0
音楽は
レンタルで 使い捨ての時代だよね。

レコードかってすりきれるほど聴くという感じじゃない。

何枚かCD借りてきて、どんどん曲をとばして、
さっさとすぐ返す。

ituneも試聴して 150円で ダウンロードして、
2回ほどきいて飽きておしまい。

作るほうも聴くほうもなげやりだ。

丁寧に作ったアルバムが本当に少ない。

310:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 22:26:14 mCfRHW6S0
>>308
聴く「道具」の問題もあるんだと思うんだよな

心揺らすような歌と曲であってもだ、
ケータイで聞いたら動く心も動かないよ

但し一番の問題は、これはJASRAC。
街から音楽が消えたよ。本当に。

だから浸透する歌、共有する歌が減ったし、
自然となじめば良さがわかってくる歌や
大したことなくても生活の場面に入ってくる歌も
そこまで届いて来ない。



320:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 23:18:32 lZaHYeZuO
>>310
昔はラジカセでテープで聴いてたけどね
絶対に今の携帯以下の音源で聴いてた人沢山いますから
ホコリとか綺麗にとらないとバチバチ音したりとかしてたし
メタルテープとか高い高いw



329:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 23:36:26 s88xj4Vc0
>>320
ラジカセは皆で聴けるし、流しっぱなしにできるけど
携帯の音を皆で聴いたり、流しっぱなしにしたりする人は
あまりいないんじゃないか


342:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 01:36:20 t5H0oVCeO
>>329
今の子供の方が昔の子供達より時と場所を選ばずに音楽聴いてると思いますよ
携帯で音楽聴いた事無くて頭で想像して言ってるでしょ?



315:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 22:56:26 JZGbl4vSO
>>1
その93点の曲とやらを、島谷ひとみに提供して上げて欲しかったなあ…。

332:名無しさん@恐縮です 2009/10/20(火) 23:45:36 8ww+P2n00
河原乞食の分際で何言ってるの?ww
このオッサンはwww

お前の作ったものなど、何の価値も無いんだよwwwww


353:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 02:16:36 ekWKoX7C0
パフィーもミカバンドのパクリだよね

375:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 03:37:45 0oIo7sFoO
この人が立川直樹(ミック笑)とブルータスで邦楽のレビューやっていたな。
すごい傲慢だったわ。
立川は評論家だが、この人は現役ミュージシャンなのにね。
で、「80点の出来が多いかな。ま、いかにもそこが日本的」とか言ってた。
それは、自分ならいくらでも作れる、発表に値しない凡作ということだったのか。

377:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 03:59:13 AXb+xYD/O
加藤は凡才。
時代と背景とタイミングに恵まれて世に出た後は、パッケージングの上手さで持て囃されていただけだが、本人は才能があると錯覚してしまったのでしょう。


哀れと言う言葉しか浮かびません。

460:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 10:28:19 usuww4dR0
>>377  パッケージングの上手さで持て囃されていただけだが、本人は才能があると錯覚してしまったのでしょう。
     ---哀れと言う言葉しか浮かびません。

自分がパッケージされて売れたんじゃなくて、吉田拓郎や泉谷しげる等自分以外のアーティストをパッケージして売る力があるから、受けての中より音楽業界の中で大物だったんじゃないでしょうか。
もちろん、それだけでなく白い色は恋人の色など作曲も、癖が無くて美しいメロディーだと思います。それやミカバンドの革新性やいろいろで評価されてるんじゃないの?


409:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 08:08:52 NyZUrmML0
異常な白人コンプレックス
異常な洋楽至上主義
異常なジョン・レノン信仰
異常な女好き
異常な見栄張り


423:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 08:35:20 60PSHnIFO
この人の代表作は何だろう。
今でも歌われてる曲は何だろう。


425:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 08:39:21 ZsUsz9Lc0
スノビズムのなれの果ての「終焉」だね。
音楽のスタイルに食にファッションに自らの人生に最新・最先端のものを追い求め、
しかし、体も心も老いさらばえて、「移りゆく時代」と齟齬を感じ始めたら
虚無がやって来るワナ。
本当のアーティストなら「それ」を作品化出来ないと・・・・。
病気だからしょうがないと言われたらそれまでだけど。

加藤さんのコアには「おしゃれ」なものはあったけど
伝えるべきメッセージというか、思想というか、魂というか、
アーティストにとって一番大切な「それ」が希薄っていうか、
欠落していたように思う。

少なくても、俺は、どんなにつらくても、どんなことがあっても
犬をおいて自殺なんかしない。

六本木の地下のスタジオは何度か行かせてもらったけど
ビジネスライクなスタジオと違って、アットホームな雰囲気で、楽しかった。
加藤さん、あんたはアイデアはいつも抜群なんだけど
そこにいつも「魂」を入れ忘れるんだよ。
格好だけ・・・・・。
生きたくても生きられなかったキヨシローさんを思うと
「何、格好つけてんだよ〜baby」だぜ。

みなさん、亡くなった方のへの暴言は本当は差し控えるべきかと想いますが、
どうぞ、裁量にて、お許しください。
テレビのコメンテーターたちがあまりにも美辞麗句をならべるもので。

439:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 09:18:44 0+iG4MDz0
>>425
その「スノビズム」こそが加藤和彦の良さだと思うけどな



467:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 11:17:10 8zkSSd7g0
くやしいが>>425は的確だな。


552:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 21:04:10 QM/SW731O
>>425
魂?
愛がテーマの曲、多いじゃんww


440:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 09:24:52 vNbSCgLp0
たとえ金銭的なことで問題があったとしても売れればいいわけで
ではどういう音楽を作れば売れるのか、ということを考えると世の中と
自分の作る音楽との乖離とか考えちゃったのかもしれん。

441:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 09:28:16 q4QvNFmN0
>>440
作りたくてしょうがないという若い人、才能と野心と勝負する場が揃った人がつくればいいわけで、
趣味的にたのしくやることも、納得するクオリティを実現することもできなければ、引退するのが
正しいんじゃないの。音楽人として生きれないなら人間として生きてて意味がないという人なら、それが
自殺という形になるんだろうけど。
作品に苦悩して自殺するというのは、文学畑には多そうだし、真面目すぎるとそうなるのかね。


448:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 09:58:17 B4HTraua0
一部でこの人を神格化してる人がいるけど
貼られてる楽曲とか聴いても
アニソンとか声優なんかに楽曲を提供してる職業作家で
この程度ならゴロゴロいそうな気がする



472:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 11:30:00 TlMDqei50
むしろ 音楽を歌詞ばかりでとらえようとする、
そこに直接的な感情や本人の自分語りばかりを渇望する「音楽ファン」
に絶望したのでは。音楽は思想でもないし自意識の発表の道具でもない
はず。もっと原始的な、言語以前のつまりやっぱり音でしかないはず
なのに。>>425やそれをほめる>>467のような「音楽不在」の
状況にこそ加藤さんは絶望したのでは。


476:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 11:40:43 t5H0oVCeO
>>472
マニアックな趣味を万人に求めるのは難しいと思います
ほとんどの人は衣食住の方が優先順位が上で
ミュージシャン本人ですら衣食住が満足していないと
音楽なんてやれなくなったりするものなんですから



478:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 11:43:12 TlMDqei50
>>476
マニアック? そんな話はしてないんだけど。
音楽は自分の自意識的あがきをのべることが それが良いんだ
魂だ、メッセージだなんて そんな偏狭な価値観あるわけないだろってこと
つーかこんなの当たり前の話だろ


502:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 13:15:47 3IW5Rb+e0
音楽にはいろいろなアプローチがあるじゃない。
魂を込める清志郎のような音楽もあれば、
加藤和彦みたいな軽妙洒脱なサウンド重視のもある。
彼の音楽やファション、創るものに一貫してあるのは”軽さ”。
飄々としていて、あの微笑みと、長身の彼から見た世界は、
あんな風にそよそよと風が吹いていてたのかもしれない。
魂云々を出して、彼の音楽を批判するのは、ナンセンス。
そういうのとは対極でしょ。
そして、ミカバンドはぶっ飛んでて最高にカッコ良かったよ。

511:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 15:15:11 dTyyaxME0
>>502
どんな良い曲書いても歌が良くなければ心に響かないのですよ
この方の音楽は常にボーカル力を無視していた気がするな。
良い楽曲も歌唱力が伴ってはじめて評価されると思う。
宇多田とかみてもわかるじゃん。作曲の才能はあるけど
あの歌だとまったく欧米で売れるはずもなくと。
そこの歌のもつ力みたいなのを評価しなかったのが時代とずれていたんじゃないかな
カエラが人気あるというよりカエラがまだましだったからでしょ
ブライアン・フェアリーみたいな下手ウマ目指していたのかもしれないけど
時代は欧米はオーディション全盛時代で歌の上手い人優勢な時代でしょ
そこがずれたんじゃない


504:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 13:59:55 PazHJ5XT0
>>9
> (>>3以降からの続きです)
> 前妻の安井かずみさんを肺がんで亡くしている。
> キャンペーン参加には特別な思いがあるのだろうと推量したが、柔和な表情を崩さず、
> 「ダラーッと40年、音楽をやってますが、あんまり社会貢献してない。
> 少しでも役に立てれば、と思って」とだけ答えた。

総合プロデューサ死んじゃって、中止だって。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/music/091021/msc0910211332001-n1.htm

507:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 14:35:31 CIym9cg1O
なんか 村上春樹 アップダイク と かぶる。 高踏遊民。加藤にとって 死ぬことが 甘美だったんだろう。 加藤の海外録音三部作は みとめるけど こういうまく引き はみとめない。

509:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 14:51:19 xKUFW/Wj0
とくダネに土屋昌巳がビデオ出演していたけど、一生懸命音楽作っても、CDって売れなくなったね
と、加藤は言っていたらしい。
VITAMIN-Qが売れなかったのが精神的にこたえたのかなぁ。
その前のミカエラ・バンドが反響大きかったのは、結局カエラ人気だったのか・・とか。

539:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 18:52:51 KdIQ481K0
60歳にもなって20歳の若者が喜びそうなPOPSを
やろうとしてること自体間違い。

歳相応な音楽をやろうとしても、
発売すらさせてもらえないのが現実だが。

545:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 20:02:16 BqL5g4M00
>>539
20歳の若者が喜びそうなPOPSって
エグザイルみたいなヤツなんか?
人を喜ばせるって大変だな。


549:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 20:39:10 KTJJmYP50
>>545
カラオケで歌えて彼氏彼女を泣かせてゲットしたい
ってな感じの曲かなと思う


541:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 19:28:33 4XwDfuLc0
菊地ナルタン言うところの
石田純一のテーマ音楽。
スノッブが好まれていた時代には売れたんだろうな。

546:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 20:10:16 JWzu1iZx0
愛とか平和とか杓子定規なテーマにとらわれすぎたんじゃないかな。
愛や平和で幸せになれるなら、彼はウツにもならなかったし、
自殺もしなかったろう。
ラブ&ピースなんて一時しのぎに過ぎないなんて、もう誰でも知ってる。
いっそ今のその苦しい心を歌にすればよかったし、
その苦しさが「現代」を表現できたかもしれないのに

563:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 23:23:52 QyHd/rYT0
平沢は10年ぐらい前にアニソンやって客がアニヲタだらけになった
去年あたりからニコ厨がわらわら沸いてますますひどい客層になった

564:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 23:28:18 1/sgqmzFP
平沢なら美術館で見かけた。

566:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 23:37:46 H6h+7Rzi0
>>564
ありがとうw
>>563
加藤さんが、自分のアニソンで、ニコ動で人気になっていたとしても、
その客層を「ひどい客層」とは評しなかったと思うよ。
ファンはアーチストにとって、一番のビタミン剤であり、
最良の精神サポーターだから。

569:名無しさん@恐縮です 2009/10/21(水) 23:43:10 oNBFdsllO
>>566
平沢スレに帰ろう、なっ!

平沢のファンっていつの間にかこんな痛い奴ばかりになったな
トノバンも平沢も侮辱してるようにしか思えない


580:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 01:10:23 7Y5lvbs40
おいら、Anzaが死ぬほど好きだからVITAMIN-Qすげーうれしかった。

590:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 01:27:41 H+GszYqs0
>>580
AnzaってセラミューのAnzaだよな。
ぐぐって確認した。
全く知らなかった。
今度買って聞いてみるよ。


581:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 01:12:39 D8b+8MkJ0
槇原敬之がNo.1って曲を歌わないらしいよ。
チャート一位になったヒット曲だが、歌詞が今の心情としっくり来ないらしい。
とトリビアの泉で放送してたな。

若い頃の曲を歌うのは気恥ずかしいってのはよくある話だ。
毎回飽きもせずにサティスファクション歌っていられるミックジャガーは偉大だよ。
加藤和彦の曲も今歌っても恥ずかしい物ではないし
のんびりとやってくれればよかったんだがなぁ。
ポールマッカートニーだって10代の頃の曲歌う時めちゃ楽しそうだし、
深く考えずに楽しんで活動してほしかったね



592:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 01:30:03 VlSPVofV0
>>581
まぁ、今じゃナンバーワンよりオンリーワンと歌う人だからなぁ


593:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 01:30:10 4pbEZXVBi
AXも普段はスタンディングなのに、椅子入れてキャパ小さくしても埋まらなかったんだろう
和幸も全然チケット売れてなかったんだろうね


599:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 01:49:21 uYrYXBRo0
俺は昔、デモテープを六本木、赤坂あたりにかなり持って行った。
加藤和彦の自宅にももっていったが、10曲いりのCDを聴いてくれて、
次の日に感想を電話で聞かせてくれた。

だから俺は少しショックだわ。

岡崎由紀のDO YOU REMEMBER ME? が好きでこの人に興味をもったんだが、
この曲の朴り元を聴いて、この人の才能はこんなものかと思った。

人間的にはやさしい本当に「いい人」だと思う。

ただ同年代の矢沢永吉と比べると、弱い部分もあるのだろう。

やはり男は死ぬまで戦い続けてなんぼだな。






600:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 01:52:24 INpqmN1T0
>>599
いい機会だ。感想教えれ。



609:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 02:21:25 BiNmbLdwO
>>599
広島の田舎で生まれて、親に捨てられたような貧相な人生を
上京とロケンローで成り上がろうとした矢沢と
ボンボン育ちで団塊なのにギター弾いて面白おかしく大学出て
そのまま音楽業界で生活してきちゃった人とは
そりゃ違うだろ


610:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 02:25:59 lggm/PS50
>>609 文章で読んだだけでも、後者より前者を
だんぜん、応援したくなっちゃうな


635:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 07:13:06 INpqmN1T0
>>609
坂本龍一はどちらとも一緒にやったことあるな。
矢沢は人を使うのがうまいと言っていた。
リハーサルで対話して自分の世界に引き寄せて、
自分の音楽をやらせるのがうまいと。



601:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 01:55:51 ozWl761P0
パクりが悪いとは思わんな
大瀧詠一みたいにパクり元指摘したら「それだけしかわかんないの?」というのもすごいw

605:599 2009/10/22(木) 02:07:24 uYrYXBRo0
>>600

感想は
「よく作りこんでいるけど、僕の知り合いに紹介するには
もうひとつ何かが必要」
とのことだった。

>>601
朴リというのは、一曲作るのに一曲から朴るのはダメなのよ。

一曲作るのに3曲以上から朴るのが日本版「才能」のような気がする。

その点松任谷正隆とか小室哲哉は天才だと思う。



620:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 03:04:59 hX+MtPGfO
竹内まりやさんの初期曲が、この作曲家のパクリのせいで今の世に出せない
って話は本当なのですか?どの曲?

624:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 03:26:38 lggm/PS50
>>620 ピーチパイかな。
そういえば、このころ、歌謡曲には宇崎、阿木夫妻がヒットをとばしてた。
安井が加藤に、もっと売れるようなスタンスで音楽ができるはずなのにと、
怒ったことが著作にあり、加藤はそれに対し、
なぜ怒られるのか、ピンと来ないという記述があった。
でも、加藤は、実は安井の言いたいことはわかっていたんじゃないかと思う。
売れるところに行くべきだ。でも、自分にはもう時代に追いつく脚力はない。
悩ましい傾斜がはじまっていたのではと思う。


636:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 08:39:03 GQT9WPJiO
週刊文春 に特集記事 あった。おいつめられての自殺じゃないね。仕事もそれなりだったみたい。今の音楽業界にたいする抗議もあったみたい。三島由紀夫と同じで 死場所をさがした感じ。うつもあるけど ヘミングウェイのように死にたかったらしい。

657:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 14:01:40 ihVEyhG50
加藤にいちばんダメージ与えたのは井上陽水がやってるコラーゲンのCMじゃないかなぁ?

あれこそ加藤が欲する至高の世界だし、
「どうしてアレが俺じゃないんだ?」という問いが自らの全否定へ至るのは
まったく自然なことのように思えてしかたがない。

673:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 15:34:00 1wp8rrZz0

ここまで読んでいちばん納得したのが>>657

 


704:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 19:59:53 pAH1vpwD0
>>702
矢沢はバンドと違う音楽を違う環境でやるために解散したけど、
忌野が解散したのはギャラを等分に分けるのが惜しくなっただけw

712:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 20:45:29 PlcfZb220
>>704
矢沢信者痛いな
やってること演歌なのにw
ラメの着流し着て歌ってろw


717:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 21:05:23 pAH1vpwD0
>>712
忌野のソロで売れた曲、ひとつでいいから教えて?


720:名無しさん@恐縮です 2009/10/22(木) 21:47:33 PlcfZb220
>>717
勝手に忌野ファンにされても困るw

バンドの解散なんて音楽性がどうのこうのということより大抵金か女なんだけどな
キャロルだけは別ですね、わかりますwwww
中2以下だな
昔からエイちゃんかっこいいかっこいいと言われてごり押しされたこともあるけど
何がいいのかちっともわからん
ファンはDQNで頭が悪いし、音楽は泥臭いし、生き様は演歌だし
それを理解したうえでファンやってるならいいけど、大抵理解してないからなw


734:名無しさん@恐縮です 2009/10/23(金) 01:26:07 Xdzaf3Sj0
>733
似たようなスタンスのYMOの三人の個人活動がある時点で、一流面するのは無理がありすぎ。
ミカバンドで一番下っ端の幸宏ですら、楽器の腕でも一本独鈷で食えるレベル。加藤にはそれがない。

作曲家として生きるなら小林亜星くらい貪欲に、仕事を選ばず、
プロデューサーとして生きるなら、細野春臣くらい大胆に、
流行を追うなら、小室哲哉くらい節操なくやれば良かった。

加藤和彦もオマージュは節操は無かったけど、
無駄なプライドが邪魔してたのが中途半端。

天才・秀才・鬼才と呼ばれる人ですら、皆、必死に一つ所に齧り付いて生きてる訳で、
年齢食った時に大御所面して生きたかったら、一つ所に踏みとどまらないとダメだよ。

738:名無しさん@恐縮です 2009/10/23(金) 02:11:59 5O811Xls0
「帰って来たヨッパライ」
「あの素晴らしい愛をもう一度」
「タイムマシンにお願い」

この三曲だけで十分、この人は偉大なミュージシャンであり天才である
と言って差し支えありません。はい。

739:名無しさん@恐縮です 2009/10/23(金) 02:15:36 sjTAxTBKO
>>738

秀才レベル。

天才ならそのレベルを30曲以上書かないと。

天才のバーゲンセールになっちまう


751:名無しさん@恐縮です 2009/10/23(金) 02:43:47 5O811Xls0
>>739
ただ、私は特に傑出してると思う曲を三曲挙げてみただけで、彼にはまだまだいい曲は沢山ありますよ。
そう思うでしょ?



771:名無しさん@恐縮です 2009/10/23(金) 06:17:17 qzJgvqyoO
何故こんなに厳しく叩かれてるんだろうか
悪趣味なおっさん達の巣窟ですね



posted by 2chダイジェスト at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケ/JBL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセスランキング ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。