2010年05月09日

【音楽】坂本龍一「タダになった音楽は再び『ライブ』へ回帰する」 音楽の未来を予言

1: @裸一貫で墜落φ ★ 2010/05/08(土) 18:28:49 ???0
音楽業界のエグゼクティブが、上から目線で「音楽はタダという間違った認識が蔓延している」と
発言したことが話題になり、坂本龍一さんが、「季刊 analog&Phile」のweb特別インタビュー
(2009年09月01日掲載)で語った内容が再び注目されている。既存の音楽ビジネスが世界的に
下降線をたどっているのは事実だが、音楽の消費や需要は増えている現状にあって、
これからの音楽の未来を予見するものとして重要な示唆を含んでいる。

レコードやCDというメディアを通して音楽を聴くスタイルは、レコード誕生以後の約100年くらいの
歴史しかない。メディアの誕生と共に現在の音楽ビジネスの仕組みが構築され、ミュージシャンと
その周辺の人たちの生活を支える一大産業となった。しかし、坂本さんは「この100年くらいで
コンテンツはどんどんゼロに近づいている」と指摘。

追い討ちをかけたのは、インターネットを通じた「音楽配信」。パッケージ化されていない音楽データ
のやり取りを経験したリスナーは、既存の音楽ビジネスが時代に追いついていないことを敏感に察知。
というのも、我々リスナーが音楽の対価として支払っていたものは、「実は製造や運搬という
パッケージのためのコスト」(エグゼクティブの人件費含む)だったことが、露わになったのだ。

「音楽はどんどんタダ化が進んで、プライスがゼロに近づく」と語る坂本さんが示す音楽の
次なるかたちは「ライブ」。現在の音楽ビジネスが誕生する以前は、音楽は目に見えないものだった。
「音楽が目に見えない、触れられないデータ化されたものになっている今、もう一度音楽の
おおもとのかたち − ライブへの欲求が強くなっている」。この傾向は非常に面白い変化だと、
坂本さんは語っている。

>>2以降に続く)

ソース:すごもり(05/08)
http://www.su-gomori.com/2010/05/post-492.html
http://www.su-gomori.com/archives/images/ryuichisakamoto_Phileweb.jpg

<関連スレッド>
【音楽】オリコン小池恒社長「音楽はタダという間違った認識が蔓延している」違法ダウンロードの激増で音楽配信市場の伸びにブレーキ★3
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1273290189/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【音楽】坂本龍一「タダになった音楽は再び『ライブ』へ回帰する」 音楽の未来を予言

【関連リンク】



▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 100(1001中) 】


2: @裸一貫で墜落φ ★ 2010/05/08(土) 18:29:06 ???0
>>1の続き)

ミュージシャンとリスナーを分断していた音楽業界そのものがなくなるということはあり得ないが、
音楽パッケージビジネスが縮小していくことは間違いない。その代わりに、アーティストとリスナーを
つなぐ場所としてインターネットの役割が重要性を増していくだろう。アーティストとリスナーが
一体となって作り上げるライブイベントや128bpsなどの低音質の音源の無料配信、
関連グッズのWeb販売など、やるべきことはまだまだたくさんある。


4:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 18:30:36 vAhL63zS0
音楽はライブがあるからいいが
映像とかマンガとかはどうなるのかね?

452:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 21:19:05 sh6M/vaoQ
>>4
映像は、テレビ放送やDVD化をせず、映画館などの上映のみにする。
つまり、興行収益だけに頼る。
本来の映画ビジネスに戻るだけ。

しかし、
漫画は、逃げ場がないよね。


517:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 22:08:42 9NJkow7s0
>>452
戦後すぐじゃあるまいし、映像コンテンツをDVD化もせず映画館以外はかけないなんて
現実的に無理だろ


530:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 22:17:16 sh6M/vaoQ
>>517
ベータ時代、映画のビデオ販売が始まる直前も、
それは映画産業の破壊に繋がるって言われてたんだよ。
時代によって、ビジネススタイルは変化するもんだ。


5:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 18:31:05 FIBuMXUD0
何を今更
2chですらそういう意見が主流じゃないか
感性サビつきまくってるなw

14:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 18:36:14 gNKZlnTR0
こういう立場の人が音楽はタダって言うのは大きい
商業主義の人は早く潰れてまともな人だけ残って欲しい

15:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 18:36:15 ZHDxy4aY0
>音楽はタダという間違った認識が蔓延している



確かに間違っているな
タダでもいらない音楽が存在している

37:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 18:43:36 A+xSifG90
タダで音楽ダウンロードされて損するっていうけど
逆に考えればタダで自分の音楽宣伝できてるようなもんだろ?

50:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 18:48:56 2MjVpFcw0
今の打ち込み多重録音の基礎を作ったYMOの教授が
生演奏へ回帰するなんて発言することが面白いじゃない。
これが本当になるなら音楽の基礎ができてない奴は今後食えないってことだね。
クチパク・当てぶりのパフォーマンスだけの奴らはよく考えろよと。

58:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 18:50:48 u9b0bChg0
俺の場合、YOUTUBEでチェックして宇多田、椎名林檎、
チャットモンチーとか本当に気に入ったものはDVDもCDも
買ってる。
ただそこまで行かないのが多いけどね。
YOUTUBEは本当に革命的だよね。
雑誌の評論とか一切読まなくなったw

86:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 18:59:57 ivI7jgTD0
>>58
そうそう以前は買うまでわからなかった
特に聴き始めのころ洋楽は音楽雑誌のレビューで買っちゃったことが多かったな
いまは本当に好きなものだけ買えるようになった
個人的にはCD買う枚数は減ってない


106:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 19:08:23 yUb57R5s0
ライブ中心で本人がCD手売りすればいいんじゃない
億万長者にはなれなくても人気が出れば十分生活できる
レコード業界wなんか通すから人件費が莫大なんだよ

113:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 19:10:46 YFt0jlZs0
>>1
天下の坂本龍一が今頃そんなことを言ってるとは

俺は何年も前から音楽家はライブをやってなんぼと言ってきた。
CDはライブの為の楽曲紹介であり、CDだけで儲けようとするのは
音楽家本来の姿ではないと俺は思ってる。

119:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 19:12:06 Qco1Q/7q0
>>113
あんた誰だよw


114:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 19:10:49 Zmye5CP80
でも、ライブ映像がヨウツベにアップ

132:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 19:16:31 Cl5GLR360
ライブやコンサートなんて照明ショーだし、音悪いし
今は音響機器がいいから、家で聴いたほうがいいや

136:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 19:17:26 3g6+aFDl0
>>1
さすが教授
次は教祖だな、もうそう呼ぶ人もいるだろうけど

153:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 19:22:10 4Rk3mFy30
ライブで稼ぐと言ってもそんなに客は増えないと思うけど。
低音質だろうと音楽がネットでタダで手に入れば、
それで満足しちゃう人が大多数じゃない?

157:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 19:23:32 vEJKep2U0
>>153
それどころか音楽ない方が静かでいいやって感じになるんじゃね。


158:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 19:23:33 xX6zzwIO0
坂本が言ってることは、実際に商売として音楽に関わってる人からしたら
相当難しいことは確か

現状でも、本当のいなかだと、相当メジャーなアーティストでさえ、自分
の街には来てくれないわけだし
大きな箱でやってる限り、一握りの良席とれた観客は例外として>>132
たいな思い抱えて、しらけて家帰るのが普通

それじゃあ>>114の言ってることが正解

でも、ちゃんとした小さな箱だとやっぱり東京と大阪くらいじゃないと大変

福岡くらいの街でも、ブルーノート福岡なんか即効で潰れたしな
かわりにこういう箱あるんだけど、やっぱクアトロや東京のブルーノート
と質・量露骨に劣るな・・・
http://www.gates7.com/schedule/index2.php?nen=2010&tuki=5

つか、洋楽入んないんだよな 福岡

164:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 19:27:09 4df84zTz0
>>158
坂本もそうだしレディヘやマドンナもそうだけど、音楽業界が破綻する以前に
スターシステムに上手く乗っかった人達なんだよね
そういう人達は勝ち逃げできる、音源タタで配ってライブで儲けも可能


169:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 19:28:04 0OFeeSIw0
>>158
音楽業界の規模を縮小すればいいってことだろ


187:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 19:35:37 t0zrWZO20
手売りの時代だよ。

太田裕美が伊勢正三と一緒にライブしているが、CDショップの店頭では売らずに
ライブ会場だけでCDを売っている。

ライブを見てもらい、さらにCDも買ってもらうと。
こうやって歌手の収入を増やしていく。
流通ルートに流したら、歌手としてはただ同然だからね。

Luna Sea からこういうやり方がはじまったと思う。
彼らは大きなイベントの前に、CDを発売して、会場の手売りを大きな収入源にしていた。

自宅で録音、勝手にプレスして、スタッフに手売りさせると。
これが一番。

JAがやっている野菜の直販みたいなもんだな。

211:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 19:41:58 9/zNvo+T0
たとえどんな仕組みになったとしても
音楽がタダになることもないし
ライブへの移行も完全に行われるわけではない

チェリビダッケが言ってた「演奏の一回性」と同じくらいの要は理想論だな。

216:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 19:43:52 2ItAab3P0
今は音楽やるにもマルチな才能が必要になってくるんだろうな。
歌や演奏さえ上手きゃいいってんじゃなくて、
色んな意味でセルフプロデュースできなきゃダメな時代になりそう。つーかもうなってる?
市場が縮小すれば中間搾取者も手を引いていくだろうし、
メジャーなアーティストでも、ライブで売るグッズやネットでの宣伝、
コンテンツ作りなんかの周辺作業も自分でやるスタイルになるのかな。
ミュージシャン自身の取り分が大きくなれば、売上げが小さくなっても利益は出しやすくなるだろうし。


219:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 19:44:58 A+xSifG90
>>216
昔からそうなんじゃねーの
歌がうまいだけ楽器がうまいだけなら音楽学校でもいきゃいくらでもいそうじゃん


257:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 19:54:56 vteKF57m0
もう既に世界規模でメジャーorインデーズの区別無く同じ土俵で
ミュージシャン自身がmyspace.comで楽曲を視聴出来る時代

レコード会社やプロモーターを介さなくても音楽活動は出来る。
例えば岡村靖幸のように

http://www.myspace.com/okamurayasuyuki

259:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 19:55:07 +AsFBJrz0
もう音楽アーティストが、ファンの玄関先までライブを出前、デリバリーするしかない時代だなw

265:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 19:58:40 YFxKUuY6P
>>259

いや、いっときのクラシック音楽っていうのはそういうものだったんだよ。
いわゆる室内楽とかがそうだな。王族・貴族のお城の居間(?)で演奏するために作られたもの。
一般大衆には全く関係ないの。


287:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 20:05:50 Ycb/f6ko0
>>1
カスラックを通さずアーティストに直接お金を渡す方法って無いの?
限りなく寄付に近い形でお金を払うようにしたら?
人によってはCD一曲分の2千円どころか数十万円一気にボンと渡す人とか出てきそうな気がする。

290:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 20:07:01 PbDB8WpW0
>>287
金額設定せずに配信して酷い目にあったロックミュージシャンがいたような


306:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 20:12:53 2c6rcehT0
絵画や彫刻とかの芸術作品って、投資目的でなかったら、自分の目で見て欲しいと思うから買い求めるよな。
音楽だって同じようにして何がわるいんだ。
それにCDや音楽配信ってある意味、贋作だろ。
本物の音楽聴きたいならライブに行くって考えは正しいと思う。

312:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 20:14:51 5ADnq0kR0
>>306
そうか 音楽家も画家や陶芸家などの芸術家なみの収入になるってことか


317:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 20:15:59 v3H8djLb0
>>306
>それにCDや音楽配信ってある意味、贋作だろ。
>本物の音楽聴きたいなら

ヲタが宇宙語喋ってるようにしか見えない


321:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 20:17:03 i4p64lDP0
>>306
スタジオレコーディングでないと表現できない音楽もある
ペットサウンズとかラブレスとか知らんだろお前


337:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 20:22:05 4df84zTz0
>>321
コクトーツインズとか、ライブで聞く意味ないよねえw


345:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 20:24:40 Q3k9sAyq0
>>337
コクトーツインズはライブで聴きたいよ
ギターの音とか


315:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 20:15:13 4mPYbF8Z0
>>1
> ライブへの欲求が強くなっている

なにをいまさらwww知ったかもいいとこだな坂本

マドンナなんかもうそれ実践してんだぜ?

ついでに教えてやると、今後は商業音楽は製品と抱き合わせ販売になってくんだぜ

この炊飯器を買ったら抱き合わせで、購入者本人だけ再生可能なウェブサイト上の再生ページに接続とか

この雑誌を買ったら、その各購入者のみが再生できる専用の再生機でしか再生不可能なCDが付属とかな。

344:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 20:24:16 4mPYbF8Z0
>>315のつづき

要するに音楽それ自体を売るんじゃなくて、
ミュージシャン各人にそれぞれ個人のスポンサーやパトロンがついて
この音楽の提供は○○製菓です、
とか、
今この車を買うと我が社のカーステのみで聴ける有名アーティスト○○の新曲CDが付きますとかな。


331:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 20:20:44 FikkU72A0
>メディアの誕生と共に現在の音楽ビジネスの仕組みが構築され

これで有名になりCMで稼ぎまくりの野郎がなに言ってんだか
昔から自己撞着しまくりだったな

333:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 20:21:37 IxvVAjjZ0
goo:
ネットとアーティストの関係は、難しいですね(笑)著作権とかも。

坂本龍一:
個人情報などに関しては、普通の個人の人にも係わる問題だから、アーティストとか関係ないですね。
それよりもネットと音楽の関係でいえば、大きな問題は、音楽のバリューがさ、値段が下がってきたっていうが問題だ、って言われてるよね。
でもこれは、ネットから始まったんじゃないんだよね、実は。っていうのが僕の持論で…、
例えば、ベートーヴェンの第九っていうのは、72分かかるでしょ。で、昔は、アナログ版は2枚か3枚するのよ。
そうすると、もし2枚なら、第九の値段は 4800円(アナログ版)だったのよ。
それが、CDが出てくると、第九の値段は3000円になるのよ。同じ第九が、4800円から3000円になっちゃうのよ。
で、ネットで誰かがリップしちゃえば…、タダになっちゃう。だから、メディアの容量が上がってくれば、音楽自体はどんどん安くなっちゃう(笑)
で、これは音楽の値段じゃなくて、そのモノとそのモノを作るコストを算出した値段なんだよ。
 だから、本当の音楽の値段なんてのは、わからないんだよ。わかる?フルオーケストラで72分の第九がいくらか、って?

goo:
わからないです。

坂本龍一:
でしょ。僕もわかんないけど。でも、CDが3000円のときは、それは音楽の値段だと思って買ってたでしょ。
僕もそうだったよ。でも、今にしてみれば、あれは音楽の値段じゃなったんじゃないかって思うのよ。
で、コンテンツのバリューっていうのは、長いスパンで見ると、どんどんどんどんゼロに近づいていくわけよ。
だから、音楽の本当の値段って…どうする?(笑)

359:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 20:29:55 mPL4kjut0
海外の動員のあるアーティストは日本の自称アーティストをは比べ物にならない位
一年中全米をメインに世界中を回っているな。

欧米もCDが売れず音楽配信に移行し、それでも以前ほど売れないので、
ライヴ動員が多いアーティストだけが儲かってる。

口パクでもマドンナなんかはライヴやると入れ食いだもんな。
ライヴ動員増加の為にCDアルバムを雑誌の付録としてつけてるアーティストもいる。

日本では一発屋でも演歌歌手は全国のホールクラスを回れるから利益がでる。

371:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 20:34:44 QdKwX1Cu0
他の絵画や文学やらの芸術分野に比べれば
いままで音楽業界は恵まれすぎてたからな
金銭的にも話題性的にも

376:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 20:35:51 IxvVAjjZ0
>>371
本当にそう。
バブルやら好景気の旨みを吸い上げたのが音楽業界だった。
その異常な時代を基準にして「音楽終わった」と言われても誰も共感しないよ。


381:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 20:38:52 4mPYbF8Z0
第一CDでは良いのに、ライブがめちゃくちゃ下手なバンドはどーすんだよwww

446:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 21:16:47 cxtBuKAJ0
パトロンの話をしている人がいるが、
音楽に限らず漫画やアニメにも投資する体系を作るべきだと思う。
例えば、アニメ製作会社なんかはスポンサーが広告にばかり金をかけて、製作会社に投資をしないせいで
結局低品質のアニメしか作れない。もしもアニメ製作会社にスポンサー以外に投資できる仕組みを作れば、アニメの全体的な質も向上するだろうね。

例えばアニオタなんかは同じCDを一気に複数枚買う奴がいるけど、
そういうオタもある意味パトロンだと言えるよね。
「お前の作品が気に入った」「期待してるぞ」というファンから金を「恵んでもらう」のが理想的だね。

今や動画共有サイトで素人が簡単に自信の著作物をアップロード可能な時代。
そこに直接投資したり、グッズ販売広告を貼ったりといった手法を取り入れることは十分に可能なはずだ。

搾取して成り立つ芸術ではなく、
ファンと芸術家双方の信頼関係で成り立つ芸術に立ち返るべきだ。
「この音楽は高いんだ、金払わないなら聴くな!聴かせない!」では芸術は衰退するだけ。

仮に演奏を自由にすれば、「あの店のマスターの演奏は心に響く」という客が出現して、
安定的な経済効果も見込めたかもしれないのに、「ファンにただ聴きさせたくない」の一心で街中から可能性を消し去った、
何だっけ?カス、えーとそんなのいなかったっけ?

449:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 21:18:33 fEOsmEbb0
今晩放送。おもしろいぞこの番組。

スコラ 坂本龍一 音楽の学校「ジャズ編」(2)

チャンネル :教育/デジタル教育1
放送日 :2010年 5月 8日(土)
放送時間 :午後11:45〜 9日午前0:15(30分)

坂本龍一が講師を務める音楽の学校。今回は、ベニー・グッドマン、デュークエリントンらが活躍した
「スィング・ジャズ」にスポットをあて、ビッグバンドの魅力に迫る。

坂本龍一, 【ゲスト講師】山下洋輔, 大谷能生, 【演奏】田中邦和, ASA−CHANG, 高瀬裕,
国立音大ニュータイドジャズオーケストラ, 【語り】岩槻里子

「Crusin’ for a Bluesin」国立音大ニュータイドジャズオーケストラ、「One O’clock Jump」カウント・ベイシー、
「White Chritmas」ビング・クロスビー、「Blue Skies」ビング・クロスビー、「Bule Skies」ベニー・グッドマン楽団、
「A列車で行こう」デューク・エリントン楽団、「チャタヌガ・チュー・チュー」グレン・ミラー楽団、「“C”Jam Blues」デューク・エリントン楽団、
「シング・シング・シング」ベニー・グッドマン楽団、「I Got Rythm」ベニー・グッドマン・カルテット、
「I Got Rythm」坂本龍一、山下洋輔、田中邦和トリオ

http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2010-05-08&ch=31&eid=21008

464:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 21:24:05 TOnTTA900
>>449
要はそれって「タダになった音楽は再び『スタンダード』へ回帰する」 
って言いたいんだろうね


681:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 23:30:09 fEOsmEbb0
>>449
まもなく放送

実況スレ

スコラ 坂本龍一 音楽の学校「ジャズ編」(2)
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/liveetv/1273327693/


495:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 21:52:36 nUB5mpDn0
>>464
そこも違うんじゃないかな。

ジャズが死滅状態になったのは、スウィング以降の大衆に受けるような形、メロディをなくしてしまったからだし、
日本でジャズ・スタンダードをやり続けるのは、所詮、日本のジャズ界は、
アメリカのフェイクばかりやってきたからだしね。

日本の演歌や童謡、ポピュラーな歌謡曲をジャズ演奏としてやってくれとリクエストしても、
「日本の曲や演歌は演奏しない」って断るのが、日本のジャズ界、演奏家達。

欧米の曲なら、即興でジャズ演奏を聞かせるが、自国のポップスは拒否とか、日本のジャズ界が奇妙すぎなんだよ。






658:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 23:20:59 Zukz3OpA0
>>495
こういう聴き専にありがちな脳内ウンチク君の妄想ってホント面白いw
別に海外のジャズ屋だって自国のポップスや民族音楽やるやつはやるし、やらないやつはやらない。
日本も一緒。


670:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 23:25:36 nUB5mpDn0
>>658
ワロタw

>海外のジャズ屋だって自国のポップスや民族音楽やるやつはやるし、やらないやつはやらない。

そんなの基本的にいないよww
少なくとも、自国の歌謡曲、民謡を一切お断りなんて日本のジャズ屋だけだよ。


483:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 21:46:09 nUB5mpDn0
>>1
なんかな〜・・・・坂本でもこれほど情弱とはね〜。

ここ数年で、アメリカでもネットでのダウンロード販売が頭打ちで、CD販売を決して超えないと分かってきた。
CDでの購入を望むファンは絶えず、有名アーチストでも6〜7割がCDでの販売。

思ったほどのネットセールスにいかないので、アップルサイトでも値上げ、
他も追随って流れになってる。

向こうのメディアでも、結局、CDがメインのままだったって結論がさんざん報道されてて、
CBSやABCのニュースですら、普通に何度も解説してるのんだが。


>追い討ちをかけたのは、インターネットを通じた「音楽配信」。
パッケージ化されていない音楽データのやり取りを経験したリスナーは、
既存の音楽ビジネスが時代に追いついていないことを敏感に察知。
というのも、我々リスナーが音楽の対価として支払っていたものは、「実は製造や運搬という
パッケージのためのコスト」(エグゼクティブの人件費含む)だったことが、露わになったのだ。

>「音楽はどんどんタダ化が進んで、プライスがゼロに近づく」と語る坂本さんが示す音楽の
次なるかたちは「ライブ」。


↑ むしろ、多くの音楽ファンはCDという「形、物、詞、解説書同封」を望んでいたことが確認されたのが、
  ここ5年くらいの結論だってのに。

487:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 21:49:12 mdZoX/G30
>>483
はい?じゃあなんでCD全然売れてないの?


501:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 21:54:36 94C8RMDP0
この人の言ってることって結局ダンピングだからな。
価値をどんどん下げていけば資金力や知名度の無い大手・メジャー以外は数に埋もれて駆逐される。
若い芽の出てこなくなった焼け野原で老害がやりたい放題。
それが音楽不況の原因。

514:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 22:06:21 YvEdOC0g0
日本の大手レコード会社の中には、社員数が千人ちかい企業もある。
音楽をパッケージ化してミュージシャンからピンハネする商売で
これだけの人間が食えてきたこと自体が異常。

スポンサー企業の宣伝費をピンハネするD通の社員の給料が
スポンサー企業社員の給料よりもはるかに高いことが典型的だが
モノを作ったり、アイディアを生み出す人間よりも
そこに群がって、タカって、ピンハネする奴らのほうが儲かっている現状がおかしい。

ピンハネ業者が食えなくなる世の中になってほしい。

519:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 22:09:13 KS/AGwhf0
>>514
ビジネスベースで世の中が動いてる限り難しいね。
ピンハネのビジネスモデルもアイディアだし。
儲かる仕組みを考えた奴がピンはねをしないほうが不自然ではある。


529:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 22:16:47 cxtBuKAJ0
>>519
こいつみたいな考えの奴が衰退の元凶だと思う。
中間搾取の仕組みそれ自体が著作物だというなら、
芸術家のアイディアやファンの金に頼らずに
自分のピンハネビジネスモデルとやらで食っていけばいい。

お前、芸術家とファンを愚弄する気?


525:キノコが笑う・・・不気味に ( ̄ー ̄)ニヤリ 2010/05/08(土) 22:14:29 xpu6DF+Y0
そういえばラジオヘッドがIn Rainbows(2・3年前のアルバム)を発表した時に
DLしたオーディエンスに値段を一任するって商法やってたな
(ネットからDLした人が上限無しでに金払って良い若しくは無価値だと思ったら0jで構わないって売り方。
通常通りレコード屋さんで購入した人は勿論定額)

まぁあれは話題づくりの意図もあったのかもしれないけどね( ̄ー ̄)

589:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 22:45:50 xr4rbRqI0
>>525
そういうのの追跡記事が読みたいなあ。
一人1円でも1億人から集まれば、1億円だし。


543:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 22:22:10 cw8HZkB/0
>>1
>次なるかたちは「ライブ」

それって海外(イギリス)とかでは5、6年前から唱えられてた説だよね。
ある程度の知名度や自己資金のあるアーティスト/バンドには有効だけど、という意見が多数を占めた。

557:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 22:30:39 WWD6P6CtO
そういえば、坂本龍一のCDはCHASM以降買っていないなあ…。
勿論才能のある素晴らしいアーティストだとは思うけれど、何故か食指が動かなくなってしまった。
>>1はまっとうな意見だと思う。でもその一方で、教授には通俗的なJ-POPのフィールドでそこそこ売れる音楽を作ってもらいたいという願望もある。
それこそPerfumeとか、やくしまるえつことかプロデュースしたっていいんじゃないか。


594:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 22:49:42 PHFfKOmo0
>>1
坂本龍一って、いつもアメリカの音楽業界紙の受け売りばっかりだな。
いかにも自分が考えたように話すけれど。


600:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 22:52:39 ICpyxSzE0
なんか新鮮だよなぁ、、っていうのはDLでダメダメというばかりのなか
すごい前向きだよね 
たしかにライブ回帰が良いかもしれん。
実力がなおさら問われそうだが本物志向になっていいかと

683:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 23:31:34 /w2F/XCj0
坂本は無責任だなぁ
こいつ音楽で十分に稼いだからこんな事言えるんだよな
ライブに回帰って音に価値を感じるからこそライブにも足を運ぶわけだろ
音楽の安売りで価値そのものがデフレ化したらライブの客も減るだろうが
頭悪いおっさんだな

700:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 23:37:09 v/QVKnvA0
>>683
音楽の安売りって?
購入額と音楽の価値はまったく関係ないでしょう。
アルバム3000円でもダウンロード100円でも、
どっちにしろその音楽が気に入ればライブに客が来るだろ。
一枚3000円でなかなか手が出ないようにして、聴けないように音楽を囲い込むことが音楽の価値を守ることなのか?
それは違うと思うぞ。


691:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 23:33:56 B+shxbqd0
>>495>>670

恥ずかしいから引っ込んでた方がいいよ↓

ふるさと / 本田竹広
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%B5%E3%82%8B%E3%81%95%E3%81%A8-My-Mind-%E6%9C%AC%E7%94%B0%E7%AB%B9%E5%BA%83/dp/B000657KWA

赤とんぼ / 大石 学(p)
http://blog.livedoor.jp/threeviews/archives/51118667.html


他にも腐るほど知ってるけど、ま、いいや

740:名無しさん@恐縮です 2010/05/08(土) 23:59:51 bNQKsLKd0
不況だし平和でないし若くないし音楽聴いてる場合でなくなった
音楽なんてなくっても生きていけるし
no music no lifeなんて業界のスローガンにいつまで騙されるんだ

749:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 00:03:51 Q33a7to50
>>740
ほんとノーミュージックノーライフなんて大嘘だよね。


753:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 00:05:28 xcVYsvtI0
>>749
たぶん音楽は人間の本能にかなり密接に関係しているからなくなりはしないよ。
例えば犬は音程を理解できない。
ソースは思い出せないがな。


783:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 00:28:23 qJQMnKJnO
>>753
それとは違うがこんな研究もある。
嗜好品かもしれないが、人間の本能だから無くならないことは間違いない。

このスレで、自分には本能が欠けてるとか審美眼が無いとか逆に胸を張ってる恥ずかしい人は自分の言っていることに気づけよ。

新生児もビートがわかる:「音楽」は人間独自の能力?
http://wiredvision.jp/news/20/20.html


808:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 00:44:53 RRJuO8L30
>>783
凄い危険思想だなぁ。
本能って言葉が別に何かを説明するわけではないし、
本能って進化の途上でたまたまあったから有利になったので残っている性質にすぎないので、
人間が種として進化していく過程で、不要になっていくこともある。別に絶対普遍の価値観なんかではない。
俺は音楽が好きだが、音楽なんて必要ないって人が優れているとも劣っているとも思わないし、
今の脳科学は音を聞かせたら脳のこの部分が光るなぁ。なんか関係あんのかな。ぐらいまでしか説明できないのに、
その実験を持ってして、審美眼がないなんてとても言えないね。
ゲームやってるとα波(だっけ?)が出ています、したがってゲームは人間をバカにします。って説明ぐらい論理が飛躍しすぎてて危険。


814:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 00:48:18 qJQMnKJnO
>>808
音楽はいらないって方が危険思想だろ

古来から本能を否定する思想は宗教や政治において、それを社会に無理矢理適用して大量殺戮を繰り返してきた。

本能は数万年単位では無くならないよ。

人により濃淡はあるが、音楽は人にとってなくてはならないのが確実。


816:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 00:49:59 tvRKBCip0
>>814
誰も音楽禁止なんて言ってないだろ
音楽はいらないってのは趣味の問題であって、
絵画に興味ない人もいるし本を読まない人もいるだろ?
お前は音楽が好きで聞く。聞かない人もいる。
何が問題なんだ?


759:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 00:08:47 qJQMnKJnO
>>749
音楽好きじゃないなら、こんなスレ開かなきゃいいだけだろ
意味がわからん

オレは確実にノーミュージック・ノーライフだぞ


782:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 00:27:51 kXfmUnEa0
「プロの音楽家は、俺たちだけでいい。
若い人は、音楽はあくまで趣味でやりなさい」

ってことじゃね

804:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 00:43:46 P8E4gcf00
こういうのは、アニメ業界も言ってることだが、AVはあんまり言わないね?

たんに、日蔭者を自負していて、メディアに愚痴が乗ってこないだけなのかな?

「タダになったAVは再び『ライブ』へ回帰する」
って、そりゃただの性風俗店だしなぁ

AVは「月額×××円で見放題」っていう仕組みが普及しているけど、音楽は、な
んかそういうのが失敗して、今月末で終了しちゃうんだっけ?

817:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 00:51:36 yWFCQhuf0
人気ラーメン店のカップ麺=CD
人気ラーメン店のラーメン=ライブ
……って思うと、当たり前な気もするが、
日本では難しそうだよなぁ。
生活と音楽が剥離しすぎだったんだよ。

818:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 00:51:58 xcVYsvtI0
>>804
AVも前にP2Pで共有されて売り上げがた落ちだって言ってたぞ。
そのときは音楽の話以上に納得した。

>>808
無くなるか無くならないか、ってことだからな。
あと無くらない「音楽」って人は鼻歌を歌うとか、歌の上手いやつは下手なやつよりモテるとか、
人類の琴線に触れる共通のメロがあるんじゃないかとか、そういうレベルの話で、
たぶんタワレコの売り文句もそうだろう。
無くなる説を取るやつの「音楽」ってJPOPとかそういう話じゃないかな。
そういうただの形態はシステムが無くなれば簡単に滅びるだろうな。

830:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 00:59:24 RRJuO8L30
>>818
いやだからさ、歌の上手い下手だって価値基準がいっぱいあるのよ。
西洋音階に沿って歌えるのが上手いというのなら、
沖縄民謡の達人はみんな音痴だが、誰もそうは思わない。
(絶対音感の持ち主は別、それは彼らの耳が優れてるからではなくて、西洋音階しか気持ちいいと思えないように訓練されているから)

J-POPは俺だってくだらないと思うけど、素晴らしいと思って聴いている人もいるし、
音楽の価値基準に科学的根拠は今のとこないわけ。
文化的な価値基準ならあるけど。絶対音感みたいな。
で、文化っていつ消滅してもおかしくない物なので、音楽がなくならない。とは絶対に言えない。
別に俺はなくなれとか、絶対なくなるとは言ってないので、勘違いしないでね。


826:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 00:57:32 89/AOHYl0
ライブは赤字プロモーションと割り切ってCDで利益出してきた音楽業界が
今更変われるかね?
利益率低すぎてミュージシャンの収入フリーター並になるぞ。


834:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 01:00:45 9g7e+Fp60
>>826
すでに音楽業界はライブによる収益にシフトしているよ
現状調べてから書きこめよ


828:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 00:58:01 bNv4fqiX0
コンサート会場での私的録音を完全自由化していつも盛況だった
グレイトフルデッドというバンドもいる事はいるが
ああいうのは例外だと思ったほうがいいだろうな

882:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 01:27:28 nupVVsJZ0
けどさ、一万人くらい集めても、箱代・人件費でライブは儲からないって言うじゃん?
そりゃ簡素なステージでギター一本でやれば儲かるだろうが、今はそうもいかない
ライブで儲かるのが前提の書き方だよね

901:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 01:36:49 WVzG8HJt0
>>882
ライブを商品にするから儲からなくなる。

ここでの回帰っていうのは、ライブという行為じゃなく、アーティストとリスナが直接結びつく様になるって事。
音楽を食い物にする余計な贅肉部分が切り捨てられないと意味無い。
贅肉たっぷりのままライブやって儲かる訳がない。


885:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 01:28:15 xcVYsvtI0
今気づいたが、結局すべてのすれ違いの原因は「音楽≠商品」だってことだな。
JPOPは商品なんだよ。あれは音楽の一種だけど、商品だ。
音楽は皆の物だが、それを加工した商品は売り手と買い手の間の物だ。
今蔓延してる問題は、音楽じゃなく商品を只で手に入れようとする輩がたくさんいることだ。

903:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 01:38:37 qrMqMbgM0
>>885
音楽の中で「商品」である音楽の価値が
商品じゃない音楽に対して、相対的に低下している
という事が、今蔓延している状況という考え方も出来ると思います。



922:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 01:47:44 xcVYsvtI0
>>903
結局商品とは何かというと、「良質な音楽を消費者に届けて対価をもらうシステム」なんだな。
あれが良質?という突っ込みは無しで。
じゃあそのシステムの顔として、ライブってのはどうなんだという話になってくるのかな。
このへんはコンサルの人でないとわからんな。


899:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 01:35:05 iBwrVYmB0
先ほどNHKのスコラ観てて思ったんだが、
プロミュージシャンの稼ぎ方としては
ライブ生演奏の他に「ワークショップ」というのは有効な手法かな、と。
ファンがめいめい楽器持ち寄って、参加費払って、ミュージシャンのワークショップを受ける。
最後にワンマンライブが付いてくる。
主催するミュージシャンの眼鏡に適うファン=アマチュアにはデビューのチャンスが巡ってきて、
ニューアルバムで大御所が若手新人を起用、みたいな所からスタート。
ビデオ教則本よりやっぱ直接指導だしょ?
違法にアップロードされたとしてもワークショップが無価値になる訳でも無い。

数こなさなきゃ無理か。ダメかorz

925:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 01:49:33 bm7Y4bO70
くだらない音楽って誰が判断するんだよ。
売れるのがいい音楽って話か?それじゃ逆みたいだがな。

926:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 01:50:20 D2uz8iwq0
>>925
俺がくだらないと思えばくだらない音楽


941:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 01:58:22 iBwrVYmB0
>>925
取り敢えず何か一つ楽器を弄ってみればいいんじゃまいか?
、演奏技術にしろ作・編曲の発想にしろ「これは…侮れん!」という音楽は下らなくは無いだろ。


947:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 02:03:00 qrMqMbgM0
>>922
> >>903
> あれが良質?という突っ込みは無しで。

相対的な価値の低下の話をふったつもりなので、質の話は無しに出来ないですよ。
ライブだって、CDだって何でも良いけど、
友達とカラオケ行ってワイワイ楽しむ音楽体験が、飲食とかを抜けば、
一人300円で出来るとして、それに対してCDを買う事がどの程度の価値があるのか、
ライブに行く事がどの程度の価値があるのかって考え方でどうなるか。

マクドナルドのライバルは、ロッテリアとかではなくて、
セブンイレブンの弁当というような考え方をしないと、
顧客の価値判断の本質をつかめないらしいですよ。



964:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 02:10:39 RMIFwAzo0
ミュージシャンはこれから今以上に好きじゃなきゃやってられない職になるから
音楽の質は上がるんだろうな

アマは聴く音楽だけじゃなくてやる音楽にも興味もっていければ暗い未来でもなさそうだ


970:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 02:16:06 MDovQ0WH0
>>964
専業ミュージシャンが一握りで兼業ミュージシャンがメインになるほど儲からなくなったら質は落ちるしベタな曲が増えるよ。
素人やセミプロが作ってる初音ミクとかでも評価されてるのはベタな曲ばかり、やりたい曲を作れるのは何でも買ってくれる固定ファンが居る人だけ。


987:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 02:27:21 RMIFwAzo0
>>970
素人の音楽を買えとか言ってんじゃなくて
大昔みたいに音楽を純粋に演奏なり作る楽しみ方ができればいいって意味



973:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 02:18:15 bm7Y4bO70
新しい楽器を作る改良するのはずっと昔から続けられてきたことじゃないのか。
それによって音楽も変化するが、今はそれが停滞してるのかもな。

979:名無しさん@恐縮です 2010/05/09(日) 02:23:19 mu+wHQNJ0
民謡や純邦楽・音頭が洗練されなかった時点で崩壊するのは自明だろ。
日本人がジャズとか欧米の音楽を下地にしてるという根本が
偽物であり方向が間違ってるので。

大体音楽聞く文化なんかねえんだよ、日本にはもともと。
坊さんの説教といい、語り芸を聞くのがメインの文化なんだよ。
音楽なんてそのおまけ、引き立て役。

日本人が音楽だけをメインに聞くなんて、明治維新のときからの
「欧米かっこいい」をずっと引きずってるだけ。
本当に好きではなく、見栄で聞き始めただけ。



posted by 2chダイジェスト at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケ/JBL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アクセスランキング ブログパーツ